« 「ふたご座流星群」は月明かりがなくチャンス | トップページ | 金柑が豊作・・・果たして食べきるか »

2020年12月12日 (土)

季節は小春日和から、次第に冬型に変わる

Img_1473
 
 写真は私の家の窓から見た日の出です。午前6時45分頃です。今まで度々あった比較的温かな小春日和はそろそろ終わりです。ご存じの通り、江戸時代までは10月の異称は「小春」といわれました。
  
  その旧暦10月は太陽暦で12月14日で終わります。その後は旧暦の11月になるので、概して気圧配置は西高東低になり、冬の寒い季節風が吹き始め、いよいよ本格的な冬がやってきます。
 
 私の家では太陽暦の12月15日には屋敷祭りを行います。今年一年の健康に感謝し、併せて来年も健康で、特に認知症を未然に防ぐ手立てを継続できますように私は祈ります。その一つは、英単語やピアノなどいろいろ記憶できるようになりたいです。
 
 The photo shows the sunrise seen from the window of my house. It's about 6:45 am. The relatively warm, what we call, Indian summer that has often been seen so far is about to end. As you know, until the Edo period, the nickname for October was "Koharu" that literally means small spring.
  
 The lunar calendar October ends on December 14th in the solar calendar. After that, it is November of the lunar calendar, so generally the atmospheric pressure distribution will turn to high in the west and low in the east, and it changes to the cold monsoon of winter.
  
 At my house, the premises festival will be held on December 15th in the solar calendar. I thank the shrine for my health this year, and I pray that I will be healthy next year as well and continue to take steps to prevent dementia in advance. Two of them are that I consider to be able to memorize various things such as English vocabulary and piano music.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 「ふたご座流星群」は月明かりがなくチャンス | トップページ | 金柑が豊作・・・果たして食べきるか »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ふたご座流星群」は月明かりがなくチャンス | トップページ | 金柑が豊作・・・果たして食べきるか »