« 調子が出てきたAudi TT Quattro | トップページ | アクセス地域ランキング1位を続ける徳島県 »

2020年12月16日 (水)

摂氏より華氏の方が人間の感覚中心

Img_1490
 
 群馬県高崎市も今朝の気温は氷点下となり、ご覧のように、築山の小さな沼に入れる水と、雨水を溜めておいた防火用水が完全に凍ってます。それにしても、気温を示す摂氏とは氷点を0度とし、平地で水か沸騰する温度を100度としてる点は自然の気温を明確に示してます。
 
 一方、華氏は自然より、人間の感覚を中心とした測り方で、こちらは、私たち人間が生活するのに耐えられる最低の気温を0度とし、生活するのに耐えられない最高の暑さを100度しています。
 
 私はどちらかと言うと、華氏の方が私たちの生活に適していると思います。これは丁度テストの点のように最高は100点で、最低は0点であるのと同じで、平均点70点ほどが最も暮らしやすと感じます。
 
 In Takasaki City, Japan, the temperature this morning was below freezing point, therefore as you can see, the water in the small swamp of the artificial hill and the water for fire prevention that stored rainwater are completely frozen. Even so, the freezing point is 0 degrees Celsius and water's boiling on flat ground is 100 degrees Celsius, so that it clearly indicates the natural temperature.
 
 On the other hand, Fahrenheit is a measurement method that focuses on human's sense rather than nature. And we set the lowest temperature that we humans can tolerate is 0 degrees and the highest heat that we can not tolerate is 100 degrees.
 
 I think Fahrenheit is more suitable for our lives. This is Just like the test points, the highest is 100 points, the lowest is 0 points, and the average score of 70 points is the most comfortable for us to live.
 
Img_1491
 

|

« 調子が出てきたAudi TT Quattro | トップページ | アクセス地域ランキング1位を続ける徳島県 »

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調子が出てきたAudi TT Quattro | トップページ | アクセス地域ランキング1位を続ける徳島県 »