« 時にはタイヤを磨くと全体像が変わる | トップページ | ChristmasをXmasと書く表現 »

2020年12月24日 (木)

植え木の型を整え、庭を整然に

Img_1518
 
  「桜切るバカ、梅切らぬバカ」は昔から言い伝えられてます。昨日は大きな「白梅しだれ」の余分な枝を切り落としました。梅は切ると、養分が他の枝に行き渡り、よく花が咲きよく実がなるようです。開花まであと1ヶ月余り。
 
 一方、庭には亡父が半世紀前に植えた八重桜があり、色彩がとてもきれいです。開花時季は一般の桜が終わってからで4月中旬です。
 
 運動不足解消を兼ね、今日も庭仕事に精を出します。概して現在の庭は殺風景ですが、日本シャクナゲなど多くの植物の蕾は日に日に膨らみ、これを見ると希望が湧いてきます。今年もあと1週間。
 
 "A fool cuts cherry, a fool doesn't cut plum" has been one of the legends since long time ago. Yesterday I cut off an extra branch of a big "Weeping white plum". When cutting plum, the nutrients spread to other branches, and the flowers bloom well and bear fruit. After about a month, it will bloom.
 
 On the other hand, in the garden, there is a double cherry tree that my late father planted half a century ago, and the colors are very beautiful. The flowering season is mid-April after the general cherry blossoms are over.
 
 I will continue to work hard in the garden today to solve my lack of exercise. In general, the current garden is bleak, but the buds of many plants such as Japanese rhododendrons swell day by day, so this gives me hope. It became a week only this year.
 

|

« 時にはタイヤを磨くと全体像が変わる | トップページ | ChristmasをXmasと書く表現 »

健康的な冬の過ごし方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時にはタイヤを磨くと全体像が変わる | トップページ | ChristmasをXmasと書く表現 »