« 日の入り時刻は今日が最も早い(群馬県) | トップページ | 日々寒くても、健康とは創り上げる意識で »

2020年12月 9日 (水)

寒さに弱い「金の生る木」・・・NYダウに肖りたい

Img_1461
 
 二十四節気の「大雪」となり、群馬県も大分寒くなってきました。このため、今まで外に出しておいた「金の生る木」を室内に入れました。果たしてこの樹木が本来の仕事をしてくれるでしょうか。
 
 それにしても、アメリカ大統領選では、当初、トランプ氏が有利で、経済が良くなると思われましたが、彼は政策や外交についてあまり得意でない(曰く・ボルトン氏)ようです。
 
 バイデン氏が大統領になることが決まったら、途端に、ニューヨークダウが史上初めて3万ドルを超えました。「金の生る木」も米国ダウに肖り、この冬の寒さとコロナ禍に打ち勝てば来年は新芽が吹き出し、文字通り、日本経済をよくしてくれるでしょうか。
 
 It has become "Taisetsu"that literally means heavy snow in 24 solar calendar, and Gumma Prefecture, Japan has become very cold. For this reason, I put the "Money-bearing tree" in the room. It was in the garden so far. Will this tree do its own job?
 
 Even so, in the US presidential election, Mr. Trump was initially thought to have an advantage and the economy would improve, but he seems not to be very good at policy and diplomacy (Mr. Bolton).
  
 As soon as Mr. Biden was decided to become president of US, the Dow Jones Industrial Average exceeded $ 30,000 for the first time in history. Will the "Money-bearing tree" in my home follow the example of Dow Jones Industrial Average. And if we overcome the cold of this winter and the Covid19, will this tree sprout next year and literally improve the Japanese economy?
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 日の入り時刻は今日が最も早い(群馬県) | トップページ | 日々寒くても、健康とは創り上げる意識で »

樹勢よくする方法」カテゴリの記事

コメント

「金の成る木」は縁起物として我が家にもありますが、名の由来が分かりませんでした。
本日、茎の頂端にできている芽に5円玉が載っているのを見ました。愚妻がどこからか聞いてきて載せたらしい。5円玉が入るうちは何枚でもいいそうです。
芽が成長して若枝になると5円玉硬貨が成っているように見えます。穴のあいている硬貨なら何でもいいようです。園芸業者が販売方法として考えたアイデアらしいですね。


投稿: 金閣寺 | 2020年12月12日 (土) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日の入り時刻は今日が最も早い(群馬県) | トップページ | 日々寒くても、健康とは創り上げる意識で »