« どっしり構える「三波石」 | トップページ | 早朝に見た「ふたご座流星群」・・・流星は瞬間 »

2020年12月13日 (日)

今宵から明日の未明にかけて「ふたご座流星群」

Img_1480
 
 写真は、今日の早朝に撮った東の空の下弦の月と金星です。「ふたご座流星群」は今宵13日の遅い時間から明日14日の未明が観測のチャンスです。15日が新月のため月明かりの影響がなく、流星観測には好条件です。1分に1回ほど出現する確率です。空の暗い場所で観測すれば、流星が見られるでしょう。
 
 ふたご座は「冬のダイアモンド」左側にあります。ほぼ南の頭上近くです。この現象は公転してる私たちの地球が、ある一定の宇宙空間に差し掛かるとき、地球の大気圏に突入する隕石です。流星と「ふたご座」は本質的に無関係です。方向が「ふたご座」方面ということです。毎年この時季に起こります。
 
 The picture is the waning moon and Venus in the eastern sky taken by me early this morning. We will have a chance to observe "Gemini meteor shower"from late tonight on the 13th to early morning on the 14th before sunrise. Fortunately, since the 15th is a new moon, so it is not affected by the moonlight and is a good opportunity for meteor observation. It is the probability that it will appear about once a minute. If you observe it in a dark place in the sky, you will see meteors.
  
 Gemini is on the left side of the "Winter Diamond". It's almost south overhead. This phenomenon is a meteorite that plunges into earth's atmosphere when our revolving earth approaches a certain space. Meteors and "Gemini" are essentially unrelated. The direction is toward "Gemini". It happens every year at this season.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« どっしり構える「三波石」 | トップページ | 早朝に見た「ふたご座流星群」・・・流星は瞬間 »

天体ショー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どっしり構える「三波石」 | トップページ | 早朝に見た「ふたご座流星群」・・・流星は瞬間 »