« 人間には心の解放が必要・・・何故か今宵は飲みたかった | トップページ | 季節は小春日和から、次第に冬型に変わる »

2020年12月11日 (金)

「ふたご座流星群」は月明かりがなくチャンス

Photo_20201211085901
【拡大してご覧ください。】
 
 今年の「ふたご座流星群」は、12月13日夜から14日明け方が観測のチャンスです。15日が新月のため月明かりの影響がなく、流星観測には好条件です。空の暗い場所で観測すれば、流星が見られると予想されます。ふたご座は「冬のダイアモンド」左側にあります。「冬のダイアモンド」は、日本列島を覆うように頭上にあり、巨大です。
  
 この現象は公転してる私たちの地球が、ある一定の宇宙空間を通過するとき、地球の大気圏に突入する隕石です。流星と「ふたご座」は本質的に無関係です。方向が「ふたご座」方面ということです。
 
 なお、毎日日没後、西南の空に並んでる木星と土星は、今まで以上に接近します。私の推測ではクリスマスイヴの頃です。
 
 Regarding this year's "Gemini meteor shower", we have a chance to observe from the night of December 13th to the dawn of 14th. Since the 15th is the new moon, it is not affected by the moonlight so that it is a one in the million chance for the meteor observation. If you observe it in a dark place in the sky, you can expect to see meteors. Gemini is on the left side of the "Winter Diamond" that are huge enough to cover the Japanese archipelago.

 
 This phenomenon is that the meteorite enters the Earth's atmosphere when our earth passes through a certain space through revolving. Meteors and "Gemini" are essentially unrelated. The direction is toward "Gemini".
 
 In addition, after sunset every night, Jupiter and Saturn lining up in the southwestern sky will be closer than ever. I guess the day will be around Christmas Eve.
 
上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 
 

|

« 人間には心の解放が必要・・・何故か今宵は飲みたかった | トップページ | 季節は小春日和から、次第に冬型に変わる »

流星群」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間には心の解放が必要・・・何故か今宵は飲みたかった | トップページ | 季節は小春日和から、次第に冬型に変わる »