« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる

Img_1631
Img_1604_20210131071001
 
 今の庭は比較的殺風景ですが、それでも色彩的には、ご覧の通り、梅は紅梅であり、黄色い金柑の実が鈴なりです。金柑については食後に2つずつ食べてます。風邪予防です。他の4本の花梅の蕾もかなり大きくなってるので立春には咲き出しそうです。五感を研ぎ澄ませるには今の季節はよい機会です。
 
 お近くの方は観梅にいらしてください。お茶をお入れします。また、拙い演奏でよければ、ピアノで「早春賦」等をお弾き致します。いっしょに早春を満喫しましょう。一方、今日は春の陽射しと予報されてます。健康を目指して外で大いに身体を動かしたいです。
 
 The current garden is relatively bleak, but as for the natural color, as you can see, the plum fowers are red, and yellow kumquat fruits are bearing. As for the kumquat, I eat two after one meal. It will be a cold prevention I guess. The buds of the other four plums became considerably large, so they are likely to bloom at "Risshun"that is the first day of spring. I am of the opinion that in this season, we have an Ideal opportunity to sharpen our five senses.

 
 If you are near, please come to appreciate plum flowers. I'll make tea. Also, if you want to listen to piano music, I will play "Sohshunfu" that means early spring etc for you. Let's enjoy early spring together. On the other hand, it is forecast that it will be vernal sunlight today. For good health, let's move body a lot outside.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年1月30日 (土)

今の下弦の月が小さくなり、消えると旧暦の正月

Img_1635
 
 今宵、群馬県から見た午後9時の月です。右上が少し欠けてます。写真を拡大すると月面の山岳の凸凹が分かります。ところで、月面から現在の地球を見ると太陽の近くにあり、眩しくて見えないと推測します。月齢は17です。
 
 今後、月の満ち欠けは小さくなり、明け方に東の空で日に日に細くなります。そして、ついに月が見えなくなる新月は2月12日で、この日は旧暦の元日です。中国やアジア諸国では現代でも、この日を新年として盛大に祝うようです。
 
 日本でも明治5年までは、この日がお正月で梅もたくさん咲き始め、お正月が新春と言われました。太陽暦の1月1日は春とはかけ離れてます。
 
 This photo is the moon taken at 9 pm tonight seen from Gumma prefecture, Japan. The upper right is a little missing. If you enlarge the photo, you can see the unevenness of the mountains on the moon surface. By the way, if you look at the present earth from the moon surface, it is near the sun so that you can't see it because of dazzling. The phase of the moon is 17.
 
 From now on, the moon will become smaller day by day, and will gradually become thinner in the eastern sky before daybreak. And finally, the new moon when the moon disappears is February 12, which is the New Year of the lunar calendar. It seems that China and other Asian nations will celebrate grandly even the present day.
 
 Even in Japan, until the 5th year of the Meiji era 1872 year, this day was the New Year's day. Therefore many plums began to bloom, and it was said that the New Year was spring. Nowadays, January 1st of the solar calendar is far from spring.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

もうすぐ立春、温かな陽射しを感じてウォーキング

Img_1564_20210130090501
【画像を拡大すると臨場感が出て歩きたくなるでしょう。】
  
 今日、群馬県南部はよく晴れてます。10時頃になれば少し温かくなるでしょう。そしたら、暫くぶりに烏川と鏑川が合流する土手の上をウォーキングします。ついでに、江戸時代の先祖が建設したと伝えられる「長命稲荷」に詣で、その近くにシベリアから飛来してる白鳥の様子を見ます。果たして何羽が羽を休めているでしょうか。
 
 ところで、人間とは健康のときは何も感じません。しかし、先日のように、一たび腰を痛めると本当に辛いものです。今日はある程度のスピード感を持って前進し、健康で歩ける喜びをかみしめたい。
 
 The southern area in Gumma prefecture is sunny today. It will become a little warmer after 10 o'clock am. Then, after a long interval, I will walk on the bank as you see in the photo below where the Karasu and Kabra rivers meet. In addition, I will visit "Longevity Shrine" which is allegedly said to have been built by my ancestors around 1800 year during Edo period. Then I will see the swans flying from Siberia near the shrine. How many swans are resting today?
  
 By the way, when I am healthy, I don't feel anything, but once I suffer from lumbago it's really painful. Today I want to feel the joy of walking forward with a certain sense of speed.
   
 ※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年1月29日 (金)

春は確実に近づいてる

P1020332
【日照時間の長さを感知し、春を先取りしてる水仙の芽】
 
 最近は地球の公転により、日の出、日の入り時刻にかなりの変化が見られます。私の群馬県高崎市では今日の日の出は6:47、日の入りは17:07予定で、昼の長さは10時間20分になりました。冬至では昼の長さが9時間41分でしたから、すでに約40分も伸びてます。
 
 因みに根室では今日の昼の長さは9時間48分で、那覇では10時間55分です。同じ日本でも南と北では昼の長さが1時間以上も異なります。未だ未だ寒いですが、自然は順調に春に向かってます。温かい時間帯になったら筋肉をいろいろ動かし血流をよくしましょう。
 
  Due to the revolution of the earth, recently, considerable changes have been seen in sunrise and sunset times. In my city of Takasaki, Gumma Prefecture, today's sunrise will be 6:47 and sunset is scheduled for 17:07, therefore the length of the day is 10 hours and 20 minutes. For the reference, at the winter solstice, the length of the day was 9 hours and 41 minutes, so it has already increased by about 40 minutes.
 
 By the way, the length of daytime at Nemuro in Hokkaido is 9 hours and 48 minutes today, and at Naha in Okinawa it is 10 hours and 55 minutes today. Even in the same Japan, the length of daytime differs by more than an hour. It's still cold, but the nature is surely heading towards spring. When it's warm time zone, let's move our muscles to improve blood circulation.
 

| | コメント (2)

今の時代、200円は安い

Img_1145
 
 昨日の日中もあまりにも寒かったので私は吉井ドリームセンターのお風呂で温まってきました。還暦を過ぎると高崎市民は200円です。その後は、仕方なくよそ行きの温かいセーターを着てます。どちらかと言えば私は冬より夏が好きです。しかし、本当に好きなのは春です。
 
 今春は埼玉県花園に行って、大きめの西洋シャクナゲを手に入れる予定です。果たして見てて飽きない色彩に出合うでしょうか。植物も人との出会いに似てます。
 
 いよいよ立春まであと5日。皆さん、寒さとコロナに負けず頑張りましょう。
 
 It was very cold during the daytime yesterday so that I warmed up in the artificial spar at the Yoshii Dream Center. The fee is 200 yen for more than 60's. After that, reluctantly I am wearing a warm sweater. I much prefer summer to winter. But of course, I really like spring.
  
 This spring, I plan to go to Hanazono, Saitama Prefecture to get a large western rhododendron. Can I come across my favorite color that I will never get tired of seeing? Getting a plant is like meeting a person.
   
 By the way, at last it's 5 days until the beginning of spring named "Risshun. Everyone, let's do our best to survive against the cold and Covid-19.
 
Img_1629
 
 一方、最近は昔の朝ドラを見て楽しんでいます。現在、BS・NHK103で朝7時15分から「澪つくし」が再放送され、これは昭和初期の話で漁師に嫁いだ女性の波乱万丈の人生を描いてます。
 
 まず、ドラマに使われてる音楽に哀愁があってとても惹かれます。また、俳優に主演の沢口靖子や、その姉・桜田淳子などがとても素晴らしい演技をします。
  
 On the other hand, recently, I enjoy watching old TV morning drama. Currently, "Miotsukushi" is being rebroadcast on BS NHK103 from 7:15 in the morning, and it feels more interesting to me than "Ochoyan". This is a story of the early Showa period and depicts the turbulent life of a woman married to a fisherman.
 
 First of all, the music used in the drama is sorrowful and very attractive. In addition, both Yasuko Sawaguchi who is the leading role and her sister, Junko Sakurada, perform very wonderfully.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
  
 

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

人生は旅のようなもの

Img_1574

 年々、誰でも年を重ねます。すると必然的に身体のあちこちに不具合が出て来ます。私自身も今までに施行した手術は白内障、翼状扁を3回、蓄膿症でした。でも、それによって健康が蘇り、今まで以上に外出する気持ちが増すものです。現在は、コロナ感染症の蔓延で人口の多い都会へ行くのは躊躇しますが、自然豊かな地方や山間部で、人混みでなければリスクは低いと考えます。

 コロナ対策として現在はどうしても家に閉じこもり、運動不足がちです。しかし、食事は通常通りなので、これでは体調が鈍ります。家の中でも筋トレ器具を用意し、意識してトレーニングする心掛けが大切です。筋肉は「伸ばすこと」と「縮めること」の相反する動作を繰り返すことで維持増強ができます。

 これと同じように、物事には表と裏があり、つまり、二面性があります。私の場合、16年間一人暮らしを続けてる状況は家族と話す機会が皆無であり、事実、精神の寂しさは隠せません。反面、妻に頼ることや、独立してる娘たちに頼ることができないので、必然的に三度の食事を自ら作らなくてはならず、自ら毎日スーパーに行かなくてはなりません。このためレジの女性たちと必ず言葉を交わします。この習慣で食卓を変化させる創意工夫が生まれます。

 創意工夫とは、人に頼らず、つまり「人に何かしてもらわず」、あれこれ考え抜く実践の日々です。ここに「脳を錆つかせない状況」が生じます。厚労省によると、2025年には65才以上の5人に1人が認知症になると予想されてます。高齢になると、一緒に遊べる友達がだんだん減ってきます。私の場合も、若き日から親友と呼べる人がすでに三人この世を去ってます。

 現実の人生とはこんなものです。ですから、若いときから、つまり早いうちから、一人で遊べる習慣を身につけておいた方がいいと思います。旅行するにも、昨今は添乗員付きの団体旅行が増えてます。添乗員が付いていないと旅行ができない高齢者が増えてます。

 グループで行くのもいいですが、「所詮、人生は旅です」から、一人で旅ができないのは象徴的な意味でも合致しません。Suicaがなければ、切符を買うことから時刻表調べまで、また、途中の乗り換えも人任せにできず、自ら確認しなければなりません。

 それでも、私は一人旅の体験を若いときに結構してたので今でに役立ってます。50才を前に一週間ほど一人で内モンゴルの大草原に行ったことがあり、この体験を通して自信がつきました。北京駅での日本と異なる切符の買い方に始まり、言葉はすべて中国語のみという状況でも、若さゆえ、当って砕けろのこのときの一人旅は、20代にカルカッタ市に滞在してた体験が生きていたと思います。

 これに比較すれば、日本はどこへ行っても日本語が通じるし、水を飲んでも腹を壊さないし、コンビニはあるし、夜は飲み屋さんで楽しく過ごし、いろいろ訊けるし、困っても必ず「解決の手立てがあり」ですから、気力があれば心配はいらない時代です。ただ、年と共に下降の傾向がある体力に対し、日々鍛練しておくべきでしょう。

 認知症を未然に防ぐべき年令に達し、「健全な精神は健全な肉体に宿る」は若者への諺でなく、今では寧ろ高齢者のための戒めです。一人旅は知恵を働かせないといけないし、緊張してなければならないので惚け防止に役立ちます。楽しかった朝ドラ「エール」に影響を受けた私は暖かくなったら福島県の「古関裕而記念館」に行くことにしています。

 

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

人生には浮き沈みがある

Img_1627
  
 昔は高崎市の群馬音楽センターにおいて11年間で100曲ほど吹奏楽を指揮をしたり、2年間のインド生活をしたりで、何と花のある人生だったのだろう。それに対して、現在は一人暮らしで寂れた日々である。
 
 しかし、これにへこたれず、今の環境で自分の出来る限りの前進を目指そう。長い人生には浮き沈みがあるもの。
 
 「冬来たりなば春遠からじ」である。あと1週間で立春。愛と音楽そして英作文に希望を持って生きたい。
 
 It used to be a life with flowers, conducting a wind orchestra about 100 music in 11 years at the Gumma Music Center in Takasaki-city and have been in India during two years. On the other hand, What a lonely life now due to living alone!
 
 However, I am not afraid of this situation and I will aim at the best progress as possible as I can in my current environment. There are ups and downs in a long life.
  
 Shelly's valuable saying "If winter comes, can spring be far behind?. The spring in the lunar calendar will come just one week later. I live with hope of affection, music and English composition.
   

| | コメント (2)

人も車も足元をきれいに・・・タイヤを磨く

Img_1510
【タイヤサイズは245-35-19】
 
 エンジンの調子維持には、時々、車を動かさないと良くないので昨日は暫くぶりに「榛東温泉」まで走りました。お湯が薄い焦げ茶色ですから、水沢山を挟んだ北側の伊香保温泉の湯に似てます。寒さゆえ、風邪を引くと困るので露天風呂はやめました。やはり、温泉成分のためでしょう。とても温まります。
 
 ところで、途中、イオンモール前を通過し、車の調子はよく、一人で乗ってるのはもったいない感じです。帰路は高前バイパス経由でスイスイです。帰宅してからタイヤを磨きました。車は人間と同じで、顔と共に常に足元をきれいにしたいです。
 
 It needs to keep the engine in good condition, so yesterday I went to "Shinto Spar" after a long interval by the turbo blue car. The color of hot water is light dark brown, so it resembles the hot water of Ikaho Spar which is very famous nationwide. Ikaho Spar is situated on the north side of Mt. Mizusawa. I don't want to catch a cold because it's cold in this season, so I didn't bathe the open-air bath. After all, it warmed up very much, due to the ingredients of spar.
  
 On the way, I passed through in front of AEON MALL, the car was in good condition, and it was a waste to ride alone. The return trip was lightly without traffic jam via wide Takamae Bypass. After I got home, I polished the tires. Car is the same as humans because the feet are seen by people, together with face.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 
 

| | コメント (0)

2021年1月26日 (火)

見てて飽きない群馬の西方の山々

Img_1612
 
 先日は群馬県の中央部に聳える榛名山について書きましたが、写真はそれより西に連なる山々です。左の雪に覆われてる高い山が活火山・浅間山【標高2568m】で、最も右が浅間隠山です。どちらも山頂からは富士山がより巨大に見え、北アルプスの長い連なりが見えます。
 
 中央右寄りの烏帽子のような山が急峻な角落山で、その左が鼻曲山です。若き日、この四つの山に登りました。共通するのは山頂からの景色が素晴らしくパノラマです。実はこの光景は私の家の三階から見えます。見ては若き日を思い出します。
 
 60年ほど前、浅間山が中規模噴火したとき50K離れた倉賀野まで噴煙が来てザーザーと音を立て、火山灰が降りました。
 
 The other day I wrote about Mt. Haruna which rises in the center of Gumma prefecture, but this time, the photo shows the mountains to the west. The high mountain covered with snow on the left is the active volcano Mt. Asama [altitude 2568m], and the far right is Mt. Asama Kakushi. At the both summit, Mt. Fuji was looked bigger beyond expectation, and you can see a long chain of the Northern Japan Alps.
 
 Mt. Tsunouchi is steep like a ceremonial hat on the right side of the center, and Mt. Hanamagari is on the left. I climbed these four mountains when I was young, of course, I am still young in heart. What they have in common is a panoramic view from the summit. Actually, this scene can be seen from the third floor of my house. This scenery reminds me of my youth.
  
 About 60 years ago, when Mt. Asama erupted on a medium scale, the volcanic ash came to Kuragano where is 50km far from it and fell with making a noise.
 

| | コメント (2)

2021年1月25日 (月)

天明三年・浅間山大噴火による大飢饉を救った池

Img_1625

【倉賀野駅北に広がる鯉池】・・・今朝、撮影。拡大してご覧ください。

 私が子供の頃の故郷・倉賀野には、これと言って見るべきものはありませんでしたが、この広い鯉池では鯉がたくさん養殖されており、日曜日などに遊びに来た思い出があります。当時は小池と思ってましたが、鯉池だったのです。

 現在では、埋立てにより当時より狭くなり、鯉の養殖はされず、農業用水として、この界隈の田への供給が主たる目的で一年中、満水を維持し、冬季にはシベリアからと推定される鴨など水鳥のサンチャリーとなり、長閑な光景が通る人を和ませています。この鯉池は電車からも見えます。

 明治29年生まれの父から、私はこの鯉池の成り立ちについて教わったことはなく、ただ農業用灌漑のためとは思っていました。ですから、その目的は当たってます。しかし、最近になってこの池についての説明書きが池の渕に立った看板で示され、それは思いも寄らぬ江戸時代の実情によるものでした。

 それは江戸時代中期の倉賀野の農民の窮状が伝わる内容で、私はこの事実を目の当りにし、この鯉池は238年前の農民の苦難の歴史を今に伝えてることが分かり、建設機械のない時代、倉賀野の先人が農業再生のため、この大きな池を人海戦術で建設した想いが蘇り、胸に迫りました。以下は立て看板が伝える内容です。

 タイトル・・・新堤【通称鯉池】・・・

 倉賀野町には「古堤」と「新堤」と呼ばれる二つの灌漑用溜池があります。新堤がこの溜池で、天明三年(1783年)に着工し、足かけ4年の歳月をかけ、天明六年に完成したものです。

 新堤の工事が行われた天明年間は、史上まれにみる多難な時代で、天明3年7月には浅間山が大噴火し、倉賀野近辺でも、火山灰が2~3センチも降り積もり、田畑は壊滅的な被害を受けています。その後も天候不順で大凶作となり、いわゆる天明の大飢饉が発生しました。

 このような困難を乗り越えて造られた新堤は、その後、倉賀野町の東部・東南部の田畑を潤してきました。現在、建設当時より若干狭くなりましたが、今なお、用水地として機能し、また、四季を通じて独特の水辺の風景を演出しています。

 ・・・立て看板による説明書きは以上の通りです。・・・

 浅間山から50Kも離れた倉賀野町には、今でも天明三年の浅間山大噴火の形跡を示すものがこれ以外にも残ってます。それは田畑に降り積もった火山灰を集めた「灰塚」なるものです。

 実は57年前に亡父が農家から購入した私の土地の周囲は元々田んぼでしたが、私の土地だけ地盤が高かったです。このため今でも地面を掘ると浅間砂が出て来ます。つまり、灰塚だったのです。火山灰【別名・浅間砂】は米作りに都合悪くても、庭木の成長に欠かせない水はけの良さがあり、とても都合が良いです。このため、毎年、春になると紅梅や花桃など、よく咲きます。今後も、いろいろ散策し、故郷・倉賀野の歴史的事実を捜したい。 

  

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

春になったら健脚を期して群馬の中低山に登る

Img_1609
【拡大してご覧ください。】
 
 今年は一日早く春が来ます。立春が2月3日だからです。明日、1月25日は低気圧が去り、群馬県は天気が回復し、温かくなると予報されてます。
 
 写真は群馬県の中央部に聳える榛名山です。今まで私はこの山のたくさんある峰々の殆どを登りました。見かけ上最も高い中央右寄りの相馬岳【標高1411m】には3回登り、関東平野が一望できる景色の良さに感銘です。特に、富士山がよく見え驚きました。また、カルデラ榛名湖一周【6km】もウォーキングして楽しいコースです。
 
 これからも健脚と景色を堪能することを目標に群馬の山々に登りたいと思います。しかし、今まで、ご同行して戴いた友人の偉大な登山家は二人とも天に召されました。これからはハイキング程度で危険のないコースを登ります。
 
   
 Spring will come one day earlier than usual this year. This is because the "Risshun" beginning of spring is February 3rd. It is predicted that the low atmospheric pressure will be gone tomorrow January 25, and the weather will recover and warm up in Gumma prefecture.
 
 The photo shows Mt. Haruna towering in the central area in Gumma prefecture. Until now I have ever climbed most of the each peaks. I climbed Mt. Sohmadake three times on the right side of the center which is the highest in appearance, and I was impressed by the breath-taking scenery overlooking the Kanto plain. In particular, I was surprised to see the famous Mt. Fuji well. It is also pleasant to walk around the caldera Lake Haruna [6km].
 
  From now on, I would like to continue climbing the mountains in Gumma aiming at enjoying the scenery and healthy legs. However, both of the great mountaineers of my friends who have accompanied me so far in heaven. From now on, I will climb non-hazardous courses just like hiking.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

倉賀野で越冬してる鴨たち

Img_1622
 
 私が住んでる倉賀野町には今の季節に多くの渡り鳥が飛来してます。倉賀野駅近くのここ通称「鯉池」には、シベリア方面から推定300羽ほどの鴨が平和な佇まいの中に羽を休めており、私が岸辺に行って口笛を吹くと近寄って来ました。かなり人に慣れてるように見受けられます。
 
 燕の習性と異なり、鴨たちは日本で子育てせず、昨年、大陸で生まれた雛と共にこちらで越冬します。日本海を越えて来る渡りの飛翔距離は想像を超えるもので数千キロでしょう。
 
 私たち人間にとって日本は寒い日々でも、鴨たちにとっては温暖な日本であり、この池は天敵も少なく安全な聖域でしょう。未来永劫、倉賀野に飛来してほしい。
 
 In this season, many migratory birds come flying to Kuragano-town where I live. An estimated 300 ducks from Siberian area are resting in a peaceful atmosphere at so-called "Koiike" near Kuragano Station. When I went to the shore and whistled, they approached. It seems to be quite accustomed to humans.
   
 Unlike swallows, ducks do not raise their children in Japan, but overwinter here with their chicks born on the continent last year. The flight distance over the Sea of Japan may be several thousand kilometers beyond our imagination.
 
 Even though Japan is cold for humans, it is warm for ducks, and this pond is a safe sanctuary with few natural enemies. I want them to come to Kuragano eternally.
  
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
  

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

午前中、珍しく孫娘を預かる

Img_0160_20210123172501
 
 高崎市では今日は昨日と打って変わって、冷たい雨が降っています。気候は次第に三寒四温を繰り返しつつ、寒さから遠ざかっていくでしょう。
 
 午前中、次女の次女を預かり、面倒を看ていました。1時間もすると飽きてしまい、ついに「ママの所へ行きたいよ。」と言い出し、車に乗せて出発したら娘が帰ってきました。
 
 昔なら、三世帯同居でしたが、現在は核家族となり、高齢者はこれからどうするのでしょう。しかし、私はそんな環境にもめげず、夢に向かって日々いろいろ挑戦しています。それにしても夕食にお酒があるので、人生を悩んだりすることはありません。お酒は有難い。
 
 Unlike yesterday, it's raining cold today in Takasaki-City, Gumma, Japan. The climate will gradually move away from the cold, repeating three cold days and four warm days.
 
 In the morning, I took care of my second daughter's second daughter. After an hour, she got bored, and she finally said, "I want to go to mommy." So, as soon as I took her in my car, my daughter returned my home.
 
 In the past, three households lived together, but now they are nuclear families each other. What will the elderly do in the future? However, I am not disappointed in such a lonely environment, and I am challenging every day toward my dreams including increasing family. Even so, I have liquor for dinner, so I don't have to worry about my future. Thank you for drinking.
 
 

| | コメント (0)

腰痛が治り、故郷・倉賀野を4Kウォーキング

Img_1624
 
 昨日は比較的、気温が高かったことから故郷・倉賀野をいつもと違うコースを歩いてみました。最近、倉賀野駅の北口付近に広い道が開通したので、その道を歩きました。
 
 ところで、今年になって腰を痛め、今では運良く治り、それを確認するためにも歩きましたが、腰痛は起こりませんでした。歩くことは全身の筋肉を動かすので本当に身体によいと実感します。
 
 それは脈拍が100を越え、血液循環が速くなるからです。血流を心臓だけに負担させず、第二の心臓と言われる脹脛も血流に作用します。脹脛は太めで硬いと下半身の血液を上半身まで押し上げます。
  
  写真は途中で見かけた幕末から明治にかけて積まれたと推定できる五貫掘りの石垣です。整然と積まれてる遺産です。
 
 The temperature was relatively high yesterday, so I walked through a different course in my hometown of Kuragano. Recently, a wide road was opened near the north exit of Kuragano station, so I walked along that road.
  
 By the way, I was suffering from lumbago at the beginning of this year, but it was fortunately recovered and walked to confirm it, I didn't feel any pain. By the way, I realize that walking is really healthy from the bottom of my heart, due to moving the whole mustles .
 
 That's because the pulse exceeds 100 per minute and blood circulation is faster. The calf which is called the second heart, also acts for the blood flow without burdening only by the heart. I am of the opinion that the calf is thick and stiff, by means of this, the calf pushes blood from the lower body to the upper body.
   
 The photo shows a stone wall of Gokanbori that can be estimated to have been piled up from the end of the Edo period to the Meiji era. It is a heritage piled up orderly.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年1月22日 (金)

登下校指導と近所の高齢者のゴミ出しを手伝う

Img_1611
 
 庭の多くの樹木は落葉樹のため、現在、緑がなく殺風景です。それでも、実は5本ある花梅の蕾が膨らんできました。写真では分かりませんが、紅梅が咲き出してます。大寒であっても日照時間はすでに30分も伸びてることを植物は察知してるのでしょう。水仙の芽ももうすぐ出ます。
 
 私たち人間はコロナに生活を限定されても、精神面では植物のように春を先取りしたい。それにしても米国バイデン大統領の指導力に大いに期待したい。彼は背筋が伸び、立ち姿は年令に見えない。年令は私より先輩であり、今日から私も精神生活をより充実させ、身近なボランティア活動をしっかりやりたい。
 
 Many of the plants in the garden are deciduous, so currently there is no greenery and the scenery is bleak. However, in fact, five flower plum buds have swelled. It is hard to see in the photo, but the red plum is blooming. Plants may be aware that the hour of sunshine these days have extended by 30 minutes even in the cold. Narcissus sprouts will start to appear soon.
 
 Even if we humans are limited to Covid-19, we want to anticipate spring like plants from the viewpoint of spirit. Even so, I would like to expect the leadership of President Biden of the United States. He has a stretched back and his standing does not look old. I am younger than him. I will enrich my spiritual life through volunteer activities of neighbourhood from today.
  

| | コメント (2)

2021年1月21日 (木)

読書が減り、漢字を書かなくなり、言葉が貧困に

Img_1607

【今日の浅間山】

 21世紀になり、20年が経過して生活のいろんな場面において、今までに体験しない大きな変化が起きつつあります。その一つに、現金をあまり使わなくなりました。給料や年金は銀行振り込みであり、毎日の買物はスーパーからコンビニ、ホームセンター、駅での切符、そしてガソリンスタンドでもキャッシュレスとなり、カードやスマホで決済することが当たり前で、現金を持ち歩きません。強いて言うならば、私の場合、現金での支払いは飲み屋さん位です。

 キャッシュレスでは店員との言葉のやり取りが殆ど不要となり、黙って処理をするだけです。現金を使ったとしても機械が対応し、客は黙っておつりを受け取る方式で決済が終了します。

 言葉を交わす人間的なやり取りがなくなり、うすら寒い社会になりつつあります。余談ですが、私はスーパーでも必ずレジの人に何らかの言葉をかけるように心掛けてます。例えば、今日は何時までお仕事ですか。頑張って下さいなどです。するとにこにこして応じてくれます。

 一方、家庭内でもテレビを見て過ごす時間が多く、自ら思考する必要はなく、与えられる番組をそのまま見聞するのみです。実は、テレビ番組の多くはテレビ局が事前に録画したものの再生がほとんどであり、国民は一斉に同じ録画を見て一喜一憂しても、実はそれは機械に支配されてるのです。

 子供は成長すると自分の部屋を持ち、閉じこもりがちになり、少子化も加わり、家庭内の会話は昔に比べて減ってる傾向です。

 このような生活を毎日繰り返してると、人間にとって大切な思考力や創造性、独創性が鈍ってしまい、更に、人間の喜びは本来、自ら新たに考え出したり、工夫したり、創作したりすることにありましたが、それは必要なくなり、与えられる取り敢えずの面白さに浸るのみになりがちです。

P1020132

【君子蘭の蕾が膨らむ】

 同様に、以前に比較し、普段の生活において文字を書くことがなくなりつつあります。手紙の代わりにメールとなり、字は書くものから打つものへと変化しました。家に届く郵便物も、すべては印刷されたもので手書きはありません。

 今年も美しい年賀状を戴きましたが、毛筆のみが一通で、殆どはきれいに挨拶文が印刷された中に、一筆が書き加えられてます。私はそのような技術を持ち合わせず、すべて手書きであり、その代わり、近況報告や今年の抱負など内容を多く書くようにしてます。

 このように現代では文字を書くことが甚だ少なくなり、今後は読めても書けない漢字が多くなるのではないでしょうか。もしかして、一日に一度も漢字を書かない日が起こり得ます。漢字は書かないでいると、日本人でありながら、日本文が書けなくなる日が近づいてくるようで恐ろしさを感じます。

 このために私たちは心して、日々漢字を手書きする生活を心掛けたいものです。時には手書きの手紙を友人に送っても喜ばれるのではないでしょうか。若き日に心ときめきながら書いたはラブレターは手書きでした。漢字は毛筆でなくても筆を止めたり、跳ねたりして趣があります。字を書く場合、それに付随する上手い下手があったりしても、活字と異なり、書き手の個性が滲み出て、書き手の顔にダブります。

 そういう私も、漢字を書くことがめっきり減ってます。それでも、たまたま英語が好きなことから単語帳には、訳を日本語で書く機会があり、なるべく漢字を丁寧に書くようにしてます。これからも意識して漢字を書くチャンスを多く作ります。

 一つ心配な点があります。IT化に伴い、近未来は小学生に一人一台パソコンのような端末を配布するとのことです。こうなると漢字は書くよりキーボードを叩く方が増えて来るのではないでしょうか。もちろん、世界に立ち遅れないため大切なことです。しかし、日本の文化の要である漢字を小学生のうちからしっかり手書きで身に付けてこそ、世界に羽ばたく未来の日本人と言えます。

 

| | コメント (2)

2021年1月20日 (水)

今日は大寒です。

350pxcapricornus_constellation_mapsvg
【やぎ座と太陽の位置・・・右が大寒、左が立春】
 
 二十四節気は太陽の周りを公転してる私たちの地球の位置で決まります。一周は360°ですから24で割ると一つの節気で地球は15°移動します。結果的に、反時計回りに公転してる地球から見ると、太陽は一つの節気(約2週間)で15°東へ移動します。
 
 太陽の位置を示す太陽黄径は「魚座」の近くにある春分点を0°として計り、今日の大寒では、太陽黄径は丁度300°に達しました。ここは天の位置を示す赤経で20hです。
 
 今日の太陽は「やぎ座」のすぐ西(右)に達しました。次の立春になると、太陽は地球から見て「やぎ座」の中に入ります。あと2週間で太陽高度は現在より天の赤道に近くなるので、北半球では少しは春らしくなるでしょう。
 
 Twenty-four solar calendar are determined by the position of our earth which is revolving around the sun. Since one round is 360 °, if we divide it by 24, the earth will move 15 ° by one solar calendar. As a result, when viewed from our earth revolving counterclockwise, the position of the sun moves 15 ° east in one solar calendar (about 2 weeks).
 
 The sun's ecliptic longitude which indicates the position of the sun, is measured from the vernal equinox point near "Pisces" as 0 °, and in today's "Daikan" which is great cold, the sun's ecliptic longitude has just reached 300 °. This is the Right Ascension which indicates the longitude of the heavens, and is 20 hours.
  
 Today's sun has reached just to the right of "Capricorn". The sun will enter Capricorn next spring. In the next two weeks, the sun will be closer to the celestial equator than it is now, so I think it will be a little more like spring in the Northern Hemisphere.
 
Img_1605
【拡大してご覧ください。】
  
 ところで、今朝6時に東の空を見ましたら、雲もなく「明けの明星」である金星が地平線ぎりぎりに輝いていました。もうすぐ太陽の後方に行ってしまい、見えなくなることから最後の力を振り絞って輝いてるように私には見えました。この次、金星が見えるのは5月上旬で夕方、西の空に「宵の明星」として出ます。
 
 By the way, when I looked at the eastern sky at 6 o'clock this morning, Venus, the "morning star", was shining just before the horizon without clouds. It will soon arrive behind the sun and disappeares, so it seems to me that it is shining with the last force. Next time, Venus will be visible in early May, and will appear in the western sky as "Evening Star" in the evening.
 
 

| | コメント (2)

2021年1月19日 (火)

放射冷却・・・人も植物も寒さ対策を充分に

Img_1604
 
 年間で最も寒い季節となり、特に明日から大寒です。一方、立春は2週間後ですから春はすぐそこまで来ています。自然界はそれを示すかの如く、柑橘類の実は黄色くなって食べ頃であり、日本シャクナゲは日に日に蕾が大きくなりつつあります。
 
 シャクナゲはあまりの低温に葉が幾分か垂れ下がってます。日の出直前に気温が最も下がります。特に晴れてる夜間には放射冷却が起こります。
  
 私たち人間も季節の変わり目は体調を崩しやすいので、人混みを避けるなどコロナ対策はもちろん、寒さ対策、血圧対策を施し、最も寒い今の季節を乗り越え、お互いに健康を維持しましょう。
 
Img_1601
 
 It has become the coldest season in a year, especially from tomorrow. On the other hand, the beginning of spring will come two weeks later, so spring is just around the corner. As if the natural world shows in the photos, citrus fruit turns yellow and are ready to eat, and Japanese rhododendron buds are getting bigger day by day.
 
 The leaves of rhododendron hang down due to excessively low temperature. The radiation cool tends to happen when it fine during night time. Therefore the temperature drops the most just before sunrise.
  
 We humans are also apt to get sick at the change of the season, so let's take measures against Covid19 by avoiding crowds as well as measures against cold and hypertension. We should overcome the coldest season and maintain good health each other.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年1月18日 (月)

大きくすることを考えず、今のまま地道に継続

Img_1602

【今朝の紅梅】

 何事も幅を広げ過ぎて、結果として失敗することはよくあることです。特に経済については、これが言えます。今後一年の成り行き、つまり近未来の経済動向についてはアマチュアはもちろん、銀行や証券会社のいわゆるプロフェッショナルにも本来は分からぬことです。

 ところで、世はインターネット時代であり、日夜刻々と変動する日米為替レート、及び米国株価について、日本人が就寝中に上下に動くという日米の時間差があります。この点では経済のプロも、アマチュアもその動向を知るにはどちらが早いも遅いもありません。ネットはどこでも同時です。

 概して、プロは会社に着いてから米国の結果を知ることが多く、実際に投資をしてるアマチュアは真剣ゆえ、夜中にネットでリアルタイムに情勢を知るチャンスがあり、あるいは為替レートと米国株価結果を知るのは投資家の方が早いとも言えます。

 現在は、コロナ禍の真っ最中にあり、収束の気配は見えず、むしろ、日に日に拡大してる傾向さえ見受けられます。これはウィルスが寒さに強く、冬季の方が人から人へ感染するリスクが高いからとも考えられ、冬季は人と人が蜜になる公算も多いからでしょう。

 このような過酷な社会環境では、需要が減り、経済活動が停滞し、特に非正規の若い方々を中心に経済状況は逼迫し、今ほど経済格差が広がってることはないといわれてます。どちらかと言えば、一般的には年金に支えられてる高齢者の方が、多少ゆとりがある状況と考えられます。

 ところで、昔は預金に利子が付きましたが、現在は金利0%時代であり、小泉元首相時代には「貯蓄から投資へ」が叫ばれ、高齢者の中には投資をしてる人が増加してます。

 もちろん、これにも落とし穴があり、12年前に起こったリーマンショックのような極端な世界的株価下落や、その後のヨーロッパ周辺国の危機があったように、近未来はいつ経済危機が起こるとも限りません。これを考えると、よいと思って行った投資は、結果的にそれだけ損失が起こりうることを常に頭に入れておかねばなりません。

 ただ、健康面から高齢者は若い人のように仕事をして給料をもらうことは不可能であり、ある程度の安定収入を考えるとき、少量の投資に頼らざるをえないこともあります。

 ですから賢明な方法を考慮する場合、当面は良好でも、過剰な投資により、後に後悔することは起こり得ることであり、利子は付かなくても元本が減らない貯蓄も大いに意味あることです。

 この貯蓄と投資の塩梅を見極めるのは、これから高齢化社会を生きる上で大切な要素です。近過ぎず、離れ過ぎずは経済面のみならず、広い人間社会を生きる上での知恵であり、現状把握と未来を展望できる判断力こそ、私たちにとって、いつまでも研ぎ澄ませなくてはならない生き方と考えます。

 

| | コメント (0)

「昼の時間」は21分も長くなってる

Photo_20210118065201
【写真は友人・富所三郎さんが水沢山で撮ったもの】
 
 今日、1月18日の日の出時刻は6時53分【群馬県】です。日の出が最も遅かったのは1月8日の6時56分でしたから、日の出はすでに3分早くなってます。
 
 日の入り時刻については、今日は16時55分の予定なので、最も早かった12月8日の16時28分に比較してすでに28分も遅くなってます。因みに冬至の昼の長さは9時間41分でしたが、今日の昼の長さは10時間02分です。
 
 私たちは二度とない今日という一日を有効に使いたいものです。
 
 The sunrise time on January 18th today is 6:53 [at Gumma Prefecture]. The latest sunrise was at 6:56 on January 8th, so the sunrise is already 3 minutes earlier.
  
 As regards the sunset time, it will be 16:55 today, so it is already 28 minutes later than the earliest 16:28 on December 8. By the way, the length of the daytime at the winter solstice was 9 hours and 41 minutes, but today's daytime will be 10 hours and 02 minutes.
 
 We should make effective use of today for myself and society. Today will never come again.  
 

| | コメント (2)

2021年1月17日 (日)

今夜です。サクソフォーン協奏曲の演奏

Photo_20210117192101
 
 先日、お知らせしました通り、今夜17日【日】NHK・Eテレで午後9時00分~11時00分に「クラシック音楽館」があります。この番組の中でラーション作曲サクソフォーン協奏曲の演奏があります。ぜひ、お聴きください。演奏者は須川展也氏です。
 
 あまりクラシック・サックスの演奏を聴くチャンスはありませんので、この機会にどうぞサックス本来の音色と技術を味わって下さい。
 
 As I noticed the other day, there will be a "Classic Music Hall" from 9:00 pm to 11:00 pm on NHK E-TV on the 17th (Sun) tonight. There will be a performance of Larsson's saxophone concerto in this program. Please listen to it. The performer is Mr. Nobuya Sugawa.
  
 we don't have much chance to listen to classical saxophone performances, so please take this opportunity to listen to the true tone and technique of saxophone.
 

| | コメント (0)

「明けの明星」はもうすぐ見えなくなる

Img_1597

【画像を拡大して下さい。】

 今の時期の早朝に、東の空に地平線ぎりぎりに出てる【明けの明星】の金星はもうすぐ見えなくなります。金星は地球より内側の軌道を反時計回りに周ってるので、次第に太陽の後方に近づいてます。

 このため、現在、地球から金星までの距離はAU1 +AU0.72=AU1.72であり、約2億5千8百万㎞と推定できます。今後しばらくの期間、金星は太陽の近くになり、日中に出るので見えません。そして次回、金星が見えるのは「宵の明星」として西の空に5月上旬から12月まで見えると推定できます。

 During this season, Venus which appears on the eastern horizon in the early morning just before sunrise, will soon disappear. Venus which orbits counterclockwise is inside the Earth orbit, so it is gradually approaching the rear of the Sun.

 Therefore, the distance from the earth to Venus is currently AU1 + AU0.72 = AU1.72 which can be estimated to be about 258 million km. For a while, Venus will be near the Sun and will be invisible as it shines during the daytime. And next time, it can be estimated that Venus will be visible in the western sky from early May to December as "Evening Star".

 

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

令和3年になり、初めて梅が咲く

Img_1598
 
 寒中の今日、庭の梅が一輪咲き始めました。正に「寒梅」です。品種名は「鹿児島」です。他の蕾も大きくなってるので、もうすぐたくさん咲くでしょう。
 
 確か、日本酒にも「寒梅」という銘柄があるので、これからはこれで行きましょう。本当の春はもうすぐそこまで来ています。私にも春が来るか。
 
 Though today is in the coldest in a year, a plum flower in my garden has bloomed. It is exactly "Plum in the cold". This variety name is "Kagoshima". The other buds are also getting bigger, so many flowers will bloom soon.
  
 Certainly, there is a brand called "Kanbai" in Japanese liquor, so I will drink this kind of sake from now on. Open to the public means you are welcome unexpectedly. Even so, a person who can avoid "Three Cs" in the vicinity. The true spring will come soon I guess. Will spring of life come to me too?
 

| | コメント (2)

ラーション作曲「サクソフォーン協奏曲」

Photo_20210116030201
 
 明日1月17日【日】NHK・Eテレで午後9時00分~11時00分の「クラシック音楽館」があります。この番組の中でラーション作曲サクソフォーン協奏曲の演奏があります。ぜひ、お聴きください。
 
 演奏者は須川展也氏です。以前に、高崎で彼の演奏会があり、私は聴きに行ったことがあります。
 
 Tomorrow, January 17th (Sun), there will be the "Classic Music Hall" from 9:00 pm to 11:00 pm on NHK E-TV.
 
 There is a performance of Larsson's saxophone concerto in this program. Please listen to it. The performer is Nobuya Sugawa. I have ever listened to his concert in Takasaki-city before.
 
 

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

いくら足が長くても、今後は無理しません。

Img_1405
【暫くぶりにAudi TTに乗る】
 
 お陰さまで腰痛はかなり改善してきました。医師に処方してもらった痛み止めを飲んでます。回復のお祝いに、今日は今年初めて「榛東温泉」に行ってきました。温泉成分が有る方がよいと考えました。
  
 これからは年令を考え、また、いくら足が長いとは言え、高崎駅の階段を一段おきに登るようなことはしません。
 
 それにしても、腰痛は本当に辛かったです。足を一歩前に出しても激痛です。このまま人生が終わるかと思いました。しかし、どうやら、そんなこともなく、再度、暫く第2の人生を進みます。
 
P1020380
【榛東温泉の後方に聳える榛名山系・水沢山】
 
 Thanks to you, my lumbago has recovered considerably. I'm taking the pain killing drug prescribed by my doctor. To celebrate the recovery, today I went to "Shinto Spa" for the first time this year. I thought it would be better to have hot spring ingredients.
 
 From now on, I will consider my age and "No matter how long my legs are, I will not climb the stairs by every other step at Takasaki Station.
 
 Even so, lumbago is really painful. I felt severe pain even if I put my foot forward. I wondered if my life would end as it is. However, somehow or other, I will go on to my second life again for a while.
 

| | コメント (2)

大昔~未来へ輝き続ける「冬のダイヤモンド」

P1020328
 
 殊のほか冷える真冬の季節の中、午後9時頃から午前0時頃まで天を見上げて下さい。巨大な「冬のダイヤモンド」が恰も日本列島を包み込むかの如く輝いてます。
 
 最も北に位置するカペラは赤緯45°なので北海道の最北端・稚内市の真上を通過します。一方、最も南のシリウスは赤緯-16°なのでオーストラリア北部の真上を通過します。このダイヤモンドの中には有名なオリオン座も含まれます。
 
 なお、オリオン座のベルトの位置にある三つ星の最も右の星は「ミンタカ」といわれ、赤道の真上を通過します。ですからミンタカは常に真東から登り、真西に沈みます。写真のピンクの線は地球から見て太陽が7月に通過する黄道です。
 
 Especially during the cold midwinter season, look up at the heavens from 9 pm to midnight. You can notice that a huge "Winter Diamond" shines as if it surrounds the Japanese archipelago.
 
 The northernmost Capella situates at the declination of 45 °, so it passes directly above Wakkanai City, the northernmost place of Hokkaido, Japan. On the other hand, the southernmost Sirius situates at the declination of -16 °, so it passes directly above northern Australia. This diamond also includes the famous Orion.
 
 The rightmost of the three stars in the waist of Orion is called "Mintaka" which passes directly above the equator. Therefore, Mintaka always rises from the due east and sets to the due west. The pink line in the photo is the ecliptic where the sun passes in July seeing from the earth.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.

| | コメント (2)

2021年1月14日 (木)

60年前、今宵の倉賀野は祭りで活気に満ちてた

P1030913

 昭和30年代までの倉賀野では、今日1月14日の晩は各地区【上町、仲町、下町、南町、田屋町(大門ともいう)、田小屋町、正六】から山車が出て、町内は山車の行列で、町民がたくさん繰り出し、誠に賑やかでした。太鼓の音、笛の音、鉦の音が入り乱れ、その雰囲気は殺気に満ちてました。

 というのは、倉賀野町は今では高崎市に属し、敢て言うならば文化的行事が殆どなくなりましたが、昭和33年頃までの当時は町長や多数の町会議員が存在し、その他、各地区にそれぞれ指導的な人や有力者がいて、我が町内こそ最も勢力があるかの如く振舞い、それを他の地区に見せつけるように町内別にそれぞれが強い仲間意識と対抗意識ありました。

 1月14日の晩とは、翌朝に烏川の河川敷で、各町内ごとに正月飾りの門松などを集めて焼却する「道祖神」で、通称「どんど焼き」の風習があり、その前夜祭です。「どんど焼き」では町民は総出で各自が餅や枯れ枝に刺した繭玉を持ち寄って、燃えてる道祖神の火でそれを炙り、食べたものです。近くでは山車が道祖神のための独特のリズムを叩いています。

 ですから、1月14日の晩と15日の朝は町中がお祭り騒ぎとなり、今では考えられない程、それは賑やかな倉賀野町の一大イベントでした。前夜祭の最後では、つまり午後8時から10時頃までは、各町内の山車が倉賀野の中心地である駅前の四ッ角【通称・重田屋付近・現中町信号】付近に集まり、互いに四方八方から向い合い、大きな音で、太鼓や鉦、笛で奏でます。この殺気だった雰囲気はもう町内対抗戦を呈しています。

 各地区の太鼓の叩き方や笛の節は微妙に異なり、他の町内の勢いに負けまいと力いっぱいの叩き合いです。このことを「しゃぎりっこ」と言いました。このとき山車についてる提灯名がおもしろく、仲町は「な組」、下町は「志組」、南町は「美組」、田屋町は「田組」と、それぞれに組と書かれ、これからも町内ごとの団結と、他に対する対抗意識が強く感じられます。

 この祭りは、おそらく江戸時代から続いていた考えられます。以前にブログで記述した通り、江戸時代には、倉賀野が烏川を使った江戸からの河岸で、大変な賑わいだった頃から続いていたと考えられます。

 ところで、この祭りの他、当時の倉賀野では、12月24日に松市が開かれ、倉賀野町民のみならず倉賀野を取り巻く当時の周辺農村各地からも、多くの人々が正月用の松飾りを買いに来て賑わったものです。その場所は現在の仲町の旧・小金沢医院から倉賀野駅にかけての道の両側に店がたくさん出て、老若男女は年中行事として楽しみました。この日はこれと共に町中の商店が年末大売出しでした。私の家も「原道屋」という屋号の金物商店だったことから、買物客が多く、近くの叔父も店の手伝いに来てくれました。

 ところで、これらの祭りが衰退したのは、先ず、町村合併で高崎市になり、町長や町会議員いなくなったこと、そして、何より車社会に突入し、国道の一般道を遮断して、そのような祭りは不可能になったこと、また、いわゆる各町内にまとめ役がいなくなったためと考えられ、今後、このような祭りが再び、行なわれることはないでしょう。今では考えられないことですが、各町内はそれぞれ凄い団結力がありました。

 同様に、7月14日の晩に行なわれていた通称「ワッショイ」と言った万灯で倉賀野を町内ごとに練り歩く行列もなくなりました。子供たちは各自が万灯を作り、その四方に好きな絵を描いて行進したものです。現在、倉賀野で続いてる祭りは倉賀野神社の春秋の祭り、と下町の諏訪神社で行なわれてる「相撲の祭り」のみです。
 

| | コメント (2)

2021年1月13日 (水)

結果には原因がある

Img_1544_20210113145201
 
 どうしたことでしょう。寒いからでしょうか。現在、右側の腰が痛くて仕方がありません。先程、医者に診察してもらい、痛み止めの薬を処方してもらいました。
 
 実は昨日から少し変だったのですが、今朝、ラジオ体操中に腕を後ろに回し、身体全体を反ったとき本格的な痛みを感じました。今でもかなり痛いです。
 
 昨晩は飲み屋さんが休みでそのまま帰宅したので飲み過ぎではありません。もしかして、高崎駅の階段を一段飛ばして上まで登ったので、これが無理だったのかもしれません。前の人がそうしてたので、私は若くないのに真似してしまいました。
 
 What's the matter with me? Currently, my right back hurts and I can't help it. So I am suffering lumbago now. Is it due to the cold? A little while ago, the doctor examined me and prescribed the pain killing drug for me.
  
 In fact, I felt a little strange pain yesterday, but this morning I felt a real pain when I turned my arms back and bent the whole body during the NHK radio gymnastics at 6:30. It still hurts a lot.
  
 Actually, the tavern was day off last night, so I returned home without drinking. The cause is possible that I skipped the stairs at Takasaki station and climbed up to the top last night. The previous person did that, so I imitated it even though I wasn't young.
 
 

| | コメント (2)

寒いけれど、自然界は着々と春に向かってる

Img_0048
 
 5種類ある庭の花梅は寒が明けるのを待ってます。明けるや否やそれぞれ個性ある色彩で開花するので私は今から楽しみにしています。
  
  今日は1月13日です。旧暦では12月1日です。ですから、旧暦の正月は未だあと1ヶ月後です。しかし、夕方、日没がすでに22分も伸びでます。
 
 ところで今日は新月。明日から夕方、西の空に細い月が出ます。これからは上弦の月です。皆さん、今が一年で最も寒い季節です。温かくして毎日過ごしましょう。寒いと血流が滞りがちです。今日は少し温かいと予想されてるので、日中、外で身体を動かし、血流の向上を図りましょう。
 
 There are five varieties of flower plums in the garden waiting for breaking the cold season. As soon as it becomes spring, each flowers will bloom in a unique color, so I'm looking forward to it from now on.
  
 Today is January 13th. It is December 1st in the lunar calendar. Therefore, the New Year's day of the lunar calendar is still one month later. However, in the evening, sunset has already extended by 22 minutes.

  
 By the way, today is the new moon. After tomorrow evening, we can see a thin moon in the western sky throughout the world. It is the waxing moon from now on. Everyone, this is the coldest season of the year in the northern hemisphere. Please warm up yourself. When it is cold, blood flow tends to be stagnant. It's forecast to be a little warmer today than ever, so exercise outdoors during the daytime to improve our blood circulation.
 

| | コメント (2)

2021年1月12日 (火)

波打つ雲

Img_1592
【拡大してご覧ください。】
 
 昨日の天気予報では、今日は関東の平野部でも雪になる可能性があるとのことでした。しかし、雲は高くて取り敢えず降雪の心配はありません。関東地方に南岸低気圧が接近中であることは確かなので、今後、様子を見ます。
 
 それにしても写真は今朝の日の出の様子です。雲の形が波を打っており、とてもきれいです。
 
 According to yesterday's weather forecast, it would be snowy in the plain of the Kanto region today. However, the clouds are high and there is no need to worry about snowfall. It is certain that the atmospheric low pressure near the southern seacoast is approaching the Kanto region, so we will look at the situation in the future.
 
 Even so, the photo shows the sunrise, at the same time, the shape of the clouds are wavy and it is very fantastic scenery.
 

| | コメント (2)

2021年1月11日 (月)

寒さや新型コロナに負けず、冬を乗り切りましょう

Img_1491_20210111212501
 
 毎日、本当に寒く感じますね。皆さん、体調はいかがでしょうか。あるいは地球温暖化により世界的な気候変動期に入ってるので夏は猛暑が人間を苦しめ、冬は厳寒なのでしょう。
 
 ご覧のように、両親が戦争中に使用した防火用水が厚く凍ってます。現在、私は車庫に降った雨水をここに溜めてます。そして金柑や枇杷など近くの植物にこの水を与えます。現在は、日中でも寒く感じるのですから、血流が滞りがちで、時々、私は室内で筋肉を動かしてます。
 
 それでも、皆さん、今年は春が一日早くやってきます。立春は2月3日です。「鬼は外、福は内」の豆まきは2月2日です。私は特に後者に力を入れたいと思います。
 
 I feel really cold every day. How is your physical condition? It may be entering the global climate change period due to global warming. In the summer, the heat wave afflicts humans, and in the winter it is extremely cold.
   
 As you can see, the firefighting water that my parents had used during world war Ⅱ is thickly frozen. Currently, I collect rainwater in the garage roof, and give this water to nearby plants such as kumquat and loquat. Currently, I feel cold even during the daytime, so my blood circulation tends to be stagnant, and sometimes I have to move my muscles indoors.
  
 Still, everyone, spring is coming one day earlier this year than usual. The beginning of spring is February 3rd. In Japan, the soy bean-scattering ceremony shouting "Devils out, fortune in" will be held at February 2nd. I would especially like to focus on the latter.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

 

| | コメント (0)

第二の人生は新たな知識を得る喜び、実践する喜び

Img_1591_20210111100001

 新年になると、昔であれば年令を「数え年」で数え、一つ年をとりましたが、現代では正月が来ても年が増えません。この点は有難いです。万年令で数えるからです。こちらが正しいでしょう。それにしても、年令が嵩むと、心身ともに反射神経が鈍くなり、生活の中でそれを補う工夫が欠かせません。

 特に身体的には筋肉の減少と、それに伴う衰退があります。これについては度々記述してますが、学生時代に習った「ルーの法則」を日々実践することである程度は対処できます。しかし、筋肉にはいわゆるインナーマスルが体内に存在します。例えば、嚥下能力です。いわゆる飲み込む力です。弱体化すると餅が喉に閊えたりします。

 これには平素から、歯の健康を保ったり、よく咀嚼したりで対処しますが、口周辺の筋肉が衰えていると考えられ、舌や顎あるいは喉をよく動かすことではないでしょうか。具体的には人とよく話す。よく笑うなどですが、私の考えで、効果的な方法は一日一回、音読することと思います。これにより結果的に口をパクパク動かし、舌を動かし、肺を活動させ、口腔全般の血液を循環させることになります。

 可能であれば、唇や舌、そして顎が日本語と全く異なる動きをする英文を音読することも効果があると考えます。しかし、一般的に英文はさておき、新聞や本を音読すると、同時にそれを自身も聞いてることになり、五感が研ぎ澄まされ、心身ともに活動的になると感じます。集中してるときは黙読も大丈夫ですが、音読は頭の中に内容が印象的に入ります。

 こんなことから、肉体的、精神的にプラスになる音読は年令が嵩んでからも大切な読み方ではないでしょうか。小学生時代、国語の時間を中心にクラス全員でよく音読したものです。しかし、その後はなくなりました。音読は先人が考えついた優れた教育の一つで、正しい発音やアクセントなど日本語能力に大いに結びつきました。

 ところで、上の文中に「頭に印象的に入る」と書きましたが、退職後の人生をより人間らしく生きる基盤はいろいろ知る喜びではないでしょうか。幅広い知識は生きる土台です。

 高齢化を悟り、終活する時間があったら、私はこれからの生活を日々「生き生きワクワクする手立て」を見つけ、実践する時間に充てるべきと考えます。

 若いときは「人に負けないものを一つ持て」などと先生や先輩、あるいは親から言われたことがあります。確かに職業の専門性を考えるとき、これは最も大切です。ところが、退職して第二の人生を生きるとなると、かつての専門性はあるいは一つの趣味に変化します。折角、この世に一度、生を受けた命は現役時代とは違い無限に存在する他の分野にも首を入れ、今まで体験しない領域を知ることは世界が広がりとても楽しいものです。

 新たな分野を始めるのに遅いことはなく、思い立ったときが吉日です。この新たな分野が次第に二~三も増えれば、第二の人生はどれほどか充実し、毎日が生き生きしてくるでしょう。

 ところで、私の場合、半世紀以上続けたレース鳩飼育は三年前に終了し、これが元で国際交流もできました。現在は、それに代わる一つの新たな分野はどうしたことか「英作文」になり、それには下地としてニュース英語など読むことが基盤です。「英作文は英借文である」といわれる所以です。これには日々楽しく取り組めて「生甲斐」を感じてます。私の喜びの一つは、今まで知らなかった世界【英語表現】を知ることになりました。

 

| | コメント (2)

2021年1月10日 (日)

共通項があると外国人との会話も盛り上がる

Img_1537
 
 今日は一つ楽しいことがありました。今年になって初めてアウディーの会社に行きましたら、日曜日でかなり客がいました。その中の一人に珍しく外国の男性がいたので「どちらの国の方ですか」と尋ねたら、カナダとのことで、やはりアウディーが好きとのことです。
 
 「カナダではアウディーがたくさん走ってますか」の問いに、たくさん走ってるとのことです。現在は退職したが、群馬に住み、軽井沢が好きとのことです。確かに軽井沢は異国風な雰囲気を持っています。何でも共通のことがあると外国の方とも楽しく話ができることを感じました。また、車から離れた事柄についても話し、楽しかったです。
 
 I experienced one fun today. When I went to Audi company for the first time this year, there were quite a few customers due to on Sunday. One of them was a rare foreign man, so when I asked "Which country are you from?", He said Canada, and he likes Audi as well.
  
 When I asked, "Are there a lot of Audi cars in Canada?", He said there are a lot. He is currently retired, but lives in Gumma prefecture and likes Karuizawa. Certainly Karuizawa has an exotic atmosphere. I felt that I could enjoy talking with foreigners if there was something in common. I also enjoyed talking with him about topics away from the car.
 
  

| | コメント (0)

あと2ヶ月間、白鳥が見られる高崎市木部町

Img_1582
【画像を拡大して下さい。】
 
 昨日、群馬県高崎市と藤岡市間に架かる「新鏑川橋」を通過した際に遠方に白鳥と各種の水鳥が羽を休めてる光景が目に入りました。ご覧の通り、これらの冬鳥がいる所は水の流れが揺るやな所で、恰も沼のようになってます。遠くの橋は上越・北陸新幹線です。
 
 白鳥たちは、これから2ヶ月ここに滞在し、3月中旬には生れ故郷のシベリア方面に帰ります。聞くところによると、専門の人が餌を与えており、白鳥たちはこれにより人をあまり怖がらずに寄って来ます。しかし、一般の人が餌を与えることは禁止されてます。
 
 それにしても季節が来ると、日露間を自由に行き来するとは素晴らしい習性です。我々には真似できないことです。
 
 Yesterday, when I passed the "New-kabra River Bridge" between Takasaki City and Fujioka City in Gumma Prefecture, I saw swans and various waterfowls resting their wings in the distance. As you can see in the photo, the place where these winter birds are located is like a swamp so that the flow of water is slow. The distant huge bridge is for the bullet trains of Joetsu bound to Niigata and Hokuriku bound for Kanazawa.
 
 The swans will stay here for the next two months and return to their hometown of Siberia in mid-March. Allegedly the swans are fed by professionals, therefore the swans approach humans without being too scared. However, it is forbidden for the general people to feed.
 
 Even so, when the season comes, they have a marvelous habit to move freely between Japan and Russia since prehistoric era. We can't imitate their behavior.
 

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

今年の旧暦1月1日は、太陽暦で2月12日

Img_1590
 
 今朝、5時30分に撮った東の空に浮かぶ下弦の月です。日に日に細くなり、後5日で新月になります。その日は旧暦で12月1日です。その後、夕方、西の空に上弦の月として出て、日に日に大きくなり、宇宙空間では公転してる地球の後から月がついてきます。
 
 満月になると公転してる地球より外側に出て、ついに地球の公転速度【秒速約29㎞】を抜いて、再び下弦の月として細くなり、その月が消えると新月です。その日は太陽暦で2月12日で、旧暦では1月1日となり、今でも広くアジアで採用されてる正月です。
 
 明治5年までは日本でもこの日がお正月でした。今でも年賀状に書かれれるちょっと不自然な「迎春や新春」という言葉はここから来ていると考えられます。旧暦の1月1日には梅が咲き始めることから、その名残でしょう。
 
 The picture shows the waning moon floating in the eastern sky taken by me at 5:30 this morning. It gets thinner day by day, and it will be a new moon in 5 days. That day is December 1st in the lunar calendar. Then, in the evening, it will appear in the western sky as the waxing moon and grows day by day. At this time, the moon follows the revolving earth in outer space.
  
 When the full moon comes, it goes outside of the revolving earth in outer space, finally it surpasses the earth's revolution speed [about 29 km / s], becomes thinner again as the waxing moon, and when that moon disappears, it is a new moon. That day is February 12th in the solar calendar and January 1st in the lunar calendar which is still widely adopted in Asia.
  
Until the 5th year of the Meiji era, this day was the New Year in Japan. It is thought that the unnatural expressions "Welcome spring or New spring" written on the New Year's card came from this reason. This is the remnant of the lunar calendar as the plum begins to bloom.
 
上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 
 

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

運動で負荷をかけ、それに見合った栄養補給を

Img_1565
【写真を拡大すると、臨場感が出ます】
 
 写真は神津牧場近辺を源流とする鏑川の土手と、遠くの二つの峰は東西「御荷鉾山」です。この山を望みつつ歩く私のメインウォーキングコースで、すでに20年ほど前からのお気に入りです。
 
 昨年10月に完成した「新鏑川橋」の広い歩道を渡って折り返します。その距離は丁度4Kです。今の時期は、シベリアから飛来した白鳥がこの近くで羽を休めており、見物人も来ています。
 
 ところで、年令が嵩むにつれ、何をおいても血流をよくすることが大切で、同時に栄養の吸収を怠ることができません。最近の私はウォーキング後、吸収の早い牛乳を飲み、食卓では卵もエネルギーがあり欠かせません。このためでしょう。疲れを感じなくなりました。
 
 The photo indicates the bank of Kabra River which originates near Kozu Dairy Farm in western Gumma prefecture, and the two distant peaks are Mt. eastern and western Mikabo. This is my main walking course looking these mountains, and it has been my favorite for 20 years.
 
 I cross the wide sidewalk of "New-kabra Bridge" completed in October last year and turn back. The distance is just 4km. Swans flying from Siberia are resting its wings near here at this season, so that spectators are also coming.
 By the way, no matter what we get older, it is important for us to improve blood circulation, and at the same time, we cannot neglect the absorption of nutrients. Recently, after walking, I drink milk that absorbs quickly, and eggs are also energetic and indispensable at breakfast. Probably because of this way. I don't feel tired anymore.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

今年は春が一日早くやって来る

P1020591

蕾が膨らんでる紅白咲きの花梅・品種名・思いのまま】

 英国詩人P.B.Shelly(1792~1822)の詩の一節 O, Wind, if Winter comes, can Spring be far behind?・・・おお風よ、もし冬が来るならば春は未だ遠く遅れているという筈がなかろうか。(冬来たりなば春遠からじ)

 令和3年を迎えるや否や、気圧配置は日本列島をすっぽり覆う西高東低の冬型となり、日本海側の各地は例年にも増して大雪です。今日、私の群馬県南東部は一日中、いわゆる「空っ風」が吹きつけ、一際寒い一日でした。学校は今日から三学期が始まり、私も社会の一役を担うため朝7時20分から今回は通学路の信号に立ち、推定200名の子供たちの横断を挨拶を交わしつつ安全を期して見守りました。

 冒頭の詩は誠に有名です。しかし、一見、季節のことを言ってるというより、寧ろ、私たちの生き方について指針を述べています。今は不幸な状況でも、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡って来る。という喩えに考えられます。

 現在、日本は未だ経験したことのない感染病が収束するどころか、年末から年始にかけ、ますます激しさを増してます。国民一人ひとりが徹底して三蜜を避けて生活しなければ、この先どうなるか予測がつきません。収束という名の春は遠いかもしれません。この1ヶ月間の一人ひとりの生活方法が最も肝心です。

 ところで、タイトルの如く今年は春が一日早くやってきます。これは例年、立春が2月4日であるのにどうしたことでしょうか。今年の立春は2月3日です。124年ぶりとのことです。ですから豆まきの節分も2月2日に繰り上げです。

 以前にも拙文で記述しましたが、立春は二十四節気の一つで、実はそれは一年の中のある一瞬を指します。今年の立春の瞬間は2月3日23時59分と国立天文台で計算されてます。あと1分以上遅ければ、例年同様に2月4日になったと考えられます。

 二十四節気は、反時計回りに公転してる地球から見る太陽が、元々、立春として決まってる太陽黄経315°(赤緯21h)に、今年は2月3日のうちに届いてしまうからです。

 立春とは地球から見て太陽が赤経21hに到達する瞬間です。この位置の背景の星座は「やぎ座」です。太陽黄経とは春分点を基準として天空に左へ360°あります。

Photo_20210107195801

 やぎ座は7~8月頃、夜間に見えます。寒くても、あと1ヶ月後はもう春です。希望を持って日々生活しましょう。

 

| | コメント (2)

3学期も登下校のパトロールを実施

Img_1583
 
 今朝はかなり寒いですが、いよいよ3学期が始まり、これから小中学生の登校時の安全を期してパトロールします。また、可能な限り私の方から声をかけます。私自身も社会との関わりを持つことで充実さを感じたいです。では朝飯前に地区を2kmほど一回りしてきます。
 
 It's quite cold this morning, and the third semester has begun. I'm going to patrol for the safety of elementary and junior high school students when they go to school. Also, I will talk to them as much as possible. I also want to feel fulfilled by having a relationship with society. Then, before breakfast, I will go around the area for about 2km.
 

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

寒中でも、筋肉の鍛錬は怠らず

Img_1569_20210112090901
 
 脚力について50才代までは気にしませんが、概して、還暦を過ぎる頃から太腿や脹脛の筋肉量が減少し、足腰の力が衰えます。ですから40~50代になったら細い脚を美徳とせず、足腰に筋肉をつけることを日課にしたいものです。
 
 「ルーの法則」により何才でも「鍛練すれば筋肉量は増える」と言われてます。平地や室内ではスクワットが、また、階段の登り降りは極めて有効であり、筋肉鍛練では、必ず「伸ばしたり縮めたり」反対の動作を行ないます。
  
 要するに、地球の引力に逆らうことで筋肉は鍛えられます。筋肉が付くと「血流がスムースになる」と考えられます。
 
 Generally we don't care about leg strength until 50s, but after the 60th birthday, our thighs and calves lose its muscle mass so that they weaken. Therefore, when in our 40s and 50s, do not make thin legs virtue, but we should make it a daily routine to build muscles of our legs.
 
 A famous "Lou's Law"teaches us that "training will increase muscle mass" regardless of age. Squats are extremely effective on level ground and indoors, and climbing and descending stairs is extremely effective. Muscle should be always trained by the opposite of "stretching and contracting".
 
 To sum up, muscles are trained by resisting the gravitation of the earth. It is thought that when muscles increase, "Blood circulates smoothly "and works well.
 

| | コメント (2)

2021年1月 5日 (火)

小寒を公転してる地球の位置で考える

Img_1587
【図を拡大してご覧ください。】
 
 今日は二十四節気の一つ「小寒」です。これから一ヶ月間ほどは一年で最も寒い季節です。公転してる私たちの地球から見る太陽の位置は春分点から285°東へ移動してます。ここは天の経度を示す赤経で19hです。この位置は背景に「射手座」があります。もちろん実際には眩しくて見えません。
 
 しかし、これを証明するには半年前の「小暑」(7月上旬)の頃の深夜に、射手座が真南にあったことです。
 
 ところで、今の季節は一晩中、巨大な六角形を成す「冬のダイアモンド」が私たちの日本列島を覆うように輝いてます。皆さん、寒さに気をつけ観察しましょう。
 
 Today is "Shokan" which is one of the 24 solar calendars in Japan. The next one month is the coldest season of the year. The position of the sun as seen from our revolving earth is moving 285 ° east of the vernal equinox point. Here is 19 hour in the RA=Right ascension which indicates the longitude of the heaven. In this position, we can see "Sagittarius" in the background of the sun. Of course, it's actually dazzling so it is invisible.
  
 However, to prove this astronomical phenomenon, there was Sagittarius in the due south in the midnight around "Shosho" (early July) six months ago.
  
 By the way, in this season, we are able to see the huge hexagonal "winter diamond" which shines all night long. This diamond is covering our Japanese archipelago. Everyone, let's be careful about the cold and observe it.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 
Photo_20210105095401
 
 冬至のときの太陽は「射手座」の西側(日本では右寄り)にあり、現在の太陽の背景は「射手座」の東寄り(左寄り)にあります。
 

| | コメント (2)

2021年1月 4日 (月)

新春にネパール女性と懐かしいヒンズー語で話す

Img_1564

【写真を拡大してご覧ください。】

 天候も穏やかであった昨日の午前10時過ぎから、倉賀野町の自宅を出発し、目的地は高崎~藤岡間に架かる新鏑川橋の藤岡側まで往復ウォーキングです。今回は往き帰り異なるルートを周遊したのでその距離は9キロ以上と推定します。途中、休憩なしのウォーキングで家に戻った時刻は12時40分。2時間半歩き通しでした。

 まず、倉渕の鼻曲山付近の烏の口を源流とする一級河川・烏川を渡り、阿久津側の土手を東に進み、およそ1Kの土手の上では、時々健康のために歩く人たちに出会います。殆どはご夫婦のようで私のように一人寂しく歩くものは稀です。しかし、新春の空気を一杯胸に吸いつつ、前進すると健康で生きてる実感が脳で感じます。

 人間とは見かけの環境も大切でも、その人の「未来が希望や夢で満ち溢れているかどうかである」と自らに言い聞かせ、遠方の景色を眺めつつ腕も前後に振って前進です。

 やがて上の写真の所で土手は大きくカーブし、いよいよ上越新幹線のガード下を目指します。やはり、ご夫妻と想われる二人でのウォーキングに何組か出会います。

 子供が仕上がった段階の高齢者にとって最も大切な要素は「夫婦の仲の良さ」であることを改めて感じつつ、途中、左手に10個ほどの養蜂箱を見ながら、蜂蜜を採るのも楽しいだろうと見てるうちに、目の前の高架橋に新幹線が上り下りとも猛スピードで行き交う様が目に入り、令和3年が開始したことを実感です。

Img_1566

 江戸時代に遠い私の先祖が建立したと伝えられる「長命稲荷」に初詣として手を合わせ、昨年一年間が健康に過ごせたことに感謝。併せて今年は自らの目標に厳しく生きることを誓いました。特にお願いはせず、誓いのみにしました。幸せとは与えられるものでないと思うからです。

 いよいよ土手を下りると荒船山付近を源流とする鏑川の川岸に着きました。予想した通り、シベリアあるいはカムチャッカ半島から飛来したと想われる白鳥たちが15羽ほど羽を休めてます。その光景は如何にも平和な姿で、身体が大きいからでしょう。鳴き声は意外と低く太いです。

 この中には昨年の春から夏にかけロシアで生まれた子供たちも親鳥と共に飛来してると考えられ、古来より繰り返されてる渡り鳥としての習性と、海を渡って3000Kを越す長距離飛翔力に驚かされます。それにしても人に慣れてて近くまで寄って来ます。これから暫くここ高崎市木部町で体力を養い、3月中旬には故郷シベリア大陸へ帰ります。日本とロシア間の渡りを平和の使者として今後も繰り返すこと考えるとき、人間には75年経過しても解決できない両国の懸案を思わずにはいられません。

 その後はウォーキングの目的地・新鏑川橋を渡り始めると意外と交通量が少なく、長閑でも誠に巨大な橋で長さ431mです。幅広い歩道を歩きつつ振り返ると榛名山頂上付近は雪雲に覆われてます。現在は一年で最も寒冷な季節です。このように群馬県は北西側と南東側で気候が全く違います。これは日本海側と太平洋側の違いが同じ県の中で起きてる現象です。北西は大雪でも、こちらはよく晴れてます。

Img_1580

 橋の途中には、温度差によってできる橋の伸び縮みを調整する器機が備わっており、今回はかなり隙間ができてます。以前に秋に見たときはもっと狭かったです。この設備により力学的に橋に無理な力が加わらないようにしているのでしょう。橋が長い故、コンクリートや橋桁、アスファルトも寒暖によって膨張したり、現在のように寒冷では縮むことが目で見て分かります。

Img_1579  

 目的地の藤岡側に着いてUターンです。雪雲の榛名山を見つつ、帰路は道順を変え、木部町の中を歩くコースを選びました。昔は村でしたが、今では、おとぎの国を思わせる近代的な家屋があることに驚きます。車で通過してるだけでは気づきません。地区や建物は時代と共に変遷です。歩いてみると母の生まれ故郷・木部町には私が初めて見る光景もあり、幼き日の母はこの辺りで遊んだり、通学したのだろうと思いを巡らしました。

 今回のウォーキングは、やはりちょっと距離が有り過ぎで足が疲れ気味です。しかし、来たからには帰らねばなりません。これが往復ウォーキングの辛いとこ。しかし、人生と同様、楽あれば苦あり、苦あれば楽ありです。

 何と前から黄色い姿の比較的大きな女性がこちらに向かって来るではありませんか。挨拶を交わそうと思った瞬間、外国人であることが分かり、私はすぐに英語で「どちらの国の方ですか。」と尋ねたら「ネパールです。」とのことで、咄嗟に、その後の私は口から昔取った杵柄でしょう。ヒンズー語に変わりました。ネパールの母語はネパール語であっても、インドとネパールは隣り通しで、似てる言語です。

 ハムジャイガーカトマンドゥ(私はカトマンズに行ったことがあります。)と話したら、彼女は目を丸くしていろいろ訊いてきました。そしたら同じ倉賀野に住んでることが互いに分かり、父母はネパールに居り、東京の大学を出て、今こちらで働いているとのこと。ハムコリカタメドーサールハイ(私はカルカッタに2年間居ました。)と近くに住んでたことも話したら終始にこやかな表情と、丁寧な対応され、何だか私は癒されました。それにしても、外国人女性が自然の中を1人でウォーキングしてる姿は美しく頼もしくも感じました。また、いつか会えるでしょうと互いに手を振り、偶然の出会いと別れを惜しみました。

 やはり、人間とはいろいろ行動することによってのみ、新たなことに出くわしたり、新たな人との出会いが生まれると感じます。今年は家から外に出て、いろいろ行動しようとする気持ちに彼女が背中を押してくれました。

 

| | コメント (2)

2021年1月 3日 (日)

シベリアからの白鳥を見て、長命稲荷に初詣

Img_1352
 
 今日は比較的温かなので、午前10時から烏川や鏑川の土手づたいにウォーキングを予定してます。往復の距離は8Kほどになるでしょう。帰宅すればお腹もすいて丁度昼食です。果たして鏑川にはシベリアから飛来してる白鳥が羽を休めているでしょうか。
 
 ついでに、その近くにあり先祖が建立したと伝えられる「長命稲荷」に初詣に行きます。祈ることは昨年の健康に感謝のみです。今年については自己に厳しく生きられるようお願いしてきます。
 
 It will be relatively warm today, so I'm planning to walk along the banks of Karasu and Kabra rivers from 10 am. The round-trip distance will be about 8km I guess. When I get home, I will be hungry and it's just lunch time. Are the swans flying from Siberia resting its wings on the Kabura River?
  
 By the way, I will visit the "Longevity Srine" which is near there and is said to have been built by my ancestors during Edo period. Praying is only thanks to last year's health. As for this year, I pray God to live strictly myself only.
 

| | コメント (0)

今年は、大切な地区とのつながりを実践

Img_1530
【倉賀野町を流れる烏川と、遠望は浅間山】
 
 今年も地域とのつながりを大切に生活します。小中学校で3学期が始まると毎朝、子供たちの安全を期して通学路をパトロールします。
 
 一方、時々、市の回収車に廃品を積み込む作業をします。これは不燃物の日とは別に、各家庭から出る莫大な量の本、新聞、空き缶、段ボールなど再生可能なものを朝8時から10時頃まで行なう作業です。
 
 地区の人たちと共同作業することで、地区の動きが分かり、交流が生まれ、身体を動かします。今年は自分のことだけ考えず、社会の中で自らの役割を考え、しっかり実践したい思います。
  
 I will cherish the connection with the community this year as well. When the third semester begins in elementary and junior high school, we patrol for the safety of pupils and students through the school road every morning.
  
 On the other hand, frequently, we work to load scraps into the city's collection vehicles. Apart from the day of noncombustible, this is the work of loading a huge amount of books, newspapers, empty cans, and cardboard which are renewable items from each household from 8 am to 10 am.
 
 By collaborating with the people in the district, I understand news of the district, create exchanges, and move my body. This year I don't think about myself, but I will think about my role in the society.
 

| | コメント (2)

2021年1月 2日 (土)

日の出、日の入り、昼の長さ、及び金星について

Photo_20210102064201
 
 今日1月2日の日の出時刻は6時55分【群馬県高崎市】でした。日の出時刻については1年の中で今頃が最も遅く、これから2週間は殆ど変化しません。一方、日の入り時刻については、最も早かったのは12月8日頃の16時28分で、今日の日の入りは16時40分予定ですから、その頃より12分も日が伸びます。
 
 今日の昼の時間は9時間45分です。因みに冬至の昼の時間は9時間41分でした。ですから、当分の期間、朝は気温が低いでしょうが、夕方は少しずつ春が近づいてると言えそうです。庭の紅梅がもうすぐ咲きそうです。
 
 明けの明星は今朝も一際明るく輝いてました。しかし、日々次第に地平線に近づいてます。今月末まで見えそうですが、来月から見えません。その代わり、4月30日頃から宵の明星として夕方、西の空に見えそうです。
 
Img_1556
  
 The sunrise time on January 2nd today is 6:55 [Takasaki City, Gumma Prefecture] Japan. The sunrise time now is the latest in the year, and will hardly change for the next two weeks. On the other hand, the earliest sunset time was 16:28 on December 8th. Today's sunset time will be 16:40, so the daytime is 12 minutes longer than that time.
  
 Today's daytime is 9 hours and 45 minutes. By the way, the daytime of the winter solstice was 9 hours and 41 minutes. Therefore, for the time being, the temperature in the morning will be low, but it can be said that spring is approaching little by little in the evening. The red plums in the garden are about to bloom.
 
 The morning star (Venus) was shining brightly in the eastern sky this morning, but it is gradually approaching the horizon day by day. It will be visible until the end of this month I guess, but it will be invisible from next month. Instead, it seems to be visible in the western sky in the evening as the evening star from around April 30th.
  
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

2021年・謹賀新年

Img_1552
 
 皆さま、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。娘たちとその子供たちが遊びに来ました。
 
 Happy new year everyone. Very glad to meet you through weblog this year as well. The daughters and their children came to play at new year's day.
 

| | コメント (2)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »