« 60年前、今宵の倉賀野は祭りで活気に満ちてた | トップページ | いくら足が長くても、今後は無理しません。 »

2021年1月15日 (金)

大昔~未来へ輝き続ける「冬のダイヤモンド」

P1020328
 
 殊のほか冷える真冬の季節の中、午後9時頃から午前0時頃まで天を見上げて下さい。巨大な「冬のダイヤモンド」が恰も日本列島を包み込むかの如く輝いてます。
 
 最も北に位置するカペラは赤緯45°なので北海道の最北端・稚内市の真上を通過します。一方、最も南のシリウスは赤緯-16°なのでオーストラリア北部の真上を通過します。このダイヤモンドの中には有名なオリオン座も含まれます。
 
 なお、オリオン座のベルトの位置にある三つ星の最も右の星は「ミンタカ」といわれ、赤道の真上を通過します。ですからミンタカは常に真東から登り、真西に沈みます。写真のピンクの線は地球から見て太陽が7月に通過する黄道です。
 
 Especially during the cold midwinter season, look up at the heavens from 9 pm to midnight. You can notice that a huge "Winter Diamond" shines as if it surrounds the Japanese archipelago.
 
 The northernmost Capella situates at the declination of 45 °, so it passes directly above Wakkanai City, the northernmost place of Hokkaido, Japan. On the other hand, the southernmost Sirius situates at the declination of -16 °, so it passes directly above northern Australia. This diamond also includes the famous Orion.
 
 The rightmost of the three stars in the waist of Orion is called "Mintaka" which passes directly above the equator. Therefore, Mintaka always rises from the due east and sets to the due west. The pink line in the photo is the ecliptic where the sun passes in July seeing from the earth.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.

|

« 60年前、今宵の倉賀野は祭りで活気に満ちてた | トップページ | いくら足が長くても、今後は無理しません。 »

星座」カテゴリの記事

コメント

コロナ禍、某所へ行けず、夜空を仰ぎ見る機会もなくなりました。
今日は春のような陽気。1月15日生まれの亡き父の墓参をしました。線香の火つきがよいだけでうれしくなりました。
『よだかの星』のよだかの名は「市蔵」。父と同じ名です。よだかの「市蔵」は、「よだかの星」となり、今でも夜空で青く燃える存在です。

投稿: 木偶の棒 | 2021年1月15日 (金) 12時12分

木偶の棒さんへ・・・この間、書きましたように某所は25日まで休業です。
 お墓参りとして今日は天気が良くてよかったですね。お父様もきっと喜んでおられるでしょう。
 現在、年間でも最も寒冷です。しかし、その代わり、夜間には星座がよく見えると言う良い面もあります。何事も悪い面があれば、他方では良い面もあります。
 今日は夕方、西の空に三日月が出ます。これから暫くは公転してる地球の後から月が付いてくる形です。月の満ち欠けが小さく、すぐに西に沈むので、その代わり「冬のダイヤモンド」がよく見えるでしょう。
 

投稿: カッキー | 2021年1月15日 (金) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 60年前、今宵の倉賀野は祭りで活気に満ちてた | トップページ | いくら足が長くても、今後は無理しません。 »