« 放射冷却・・・人も植物も寒さ対策を充分に | トップページ | 読書が減り、漢字を書かなくなり、言葉が貧困に »

2021年1月20日 (水)

今日は大寒です。

350pxcapricornus_constellation_mapsvg
【やぎ座と太陽の位置・・・右が大寒、左が立春】
 
 二十四節気は太陽の周りを公転してる私たちの地球の位置で決まります。一周は360°ですから24で割ると一つの節気で地球は15°移動します。結果的に、反時計回りに公転してる地球から見ると、太陽は一つの節気(約2週間)で15°東へ移動します。
 
 太陽の位置を示す太陽黄径は「魚座」の近くにある春分点を0°として計り、今日の大寒では、太陽黄径は丁度300°に達しました。ここは天の位置を示す赤経で20hです。
 
 今日の太陽は「やぎ座」のすぐ西(右)に達しました。次の立春になると、太陽は地球から見て「やぎ座」の中に入ります。あと2週間で太陽高度は現在より天の赤道に近くなるので、北半球では少しは春らしくなるでしょう。
 
 Twenty-four solar calendar are determined by the position of our earth which is revolving around the sun. Since one round is 360 °, if we divide it by 24, the earth will move 15 ° by one solar calendar. As a result, when viewed from our earth revolving counterclockwise, the position of the sun moves 15 ° east in one solar calendar (about 2 weeks).
 
 The sun's ecliptic longitude which indicates the position of the sun, is measured from the vernal equinox point near "Pisces" as 0 °, and in today's "Daikan" which is great cold, the sun's ecliptic longitude has just reached 300 °. This is the Right Ascension which indicates the longitude of the heavens, and is 20 hours.
  
 Today's sun has reached just to the right of "Capricorn". The sun will enter Capricorn next spring. In the next two weeks, the sun will be closer to the celestial equator than it is now, so I think it will be a little more like spring in the Northern Hemisphere.
 
Img_1605
【拡大してご覧ください。】
  
 ところで、今朝6時に東の空を見ましたら、雲もなく「明けの明星」である金星が地平線ぎりぎりに輝いていました。もうすぐ太陽の後方に行ってしまい、見えなくなることから最後の力を振り絞って輝いてるように私には見えました。この次、金星が見えるのは5月上旬で夕方、西の空に「宵の明星」として出ます。
 
 By the way, when I looked at the eastern sky at 6 o'clock this morning, Venus, the "morning star", was shining just before the horizon without clouds. It will soon arrive behind the sun and disappeares, so it seems to me that it is shining with the last force. Next time, Venus will be visible in early May, and will appear in the western sky as "Evening Star" in the evening.
 
 

|

« 放射冷却・・・人も植物も寒さ対策を充分に | トップページ | 読書が減り、漢字を書かなくなり、言葉が貧困に »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

「大寒」を、うっかり「たいかん」と言ってしまいました。パソコンで「たいかん」と入力すると「大寒」が出てきます。正しくは「だいかん」ですよね。
「大雪」「大暑」の読みはいかに。「大」、おおいに恐るべし。

投稿: 体感 | 2021年1月20日 (水) 10時44分

体感さんへ・・・大寒になりましたが、北西よりの風が吹かなければ日差しは少々温かくなりつつあります。春はもうすぐです。
 立春を過ぎれば「春は名のみの風の寒さや」の歌詞で始まる「早春賦」の季節です。実はこの歌の作曲家は前高校歌を作曲した中田章です。この人は「夏の思い出」や「雪の降る町」をなどを作曲した中田喜直の父です。

投稿: カッキー | 2021年1月20日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放射冷却・・・人も植物も寒さ対策を充分に | トップページ | 読書が減り、漢字を書かなくなり、言葉が貧困に »