« 倉賀野で越冬してる鴨たち | トップページ | 天明三年・浅間山大噴火による大飢饉を救った池 »

2021年1月24日 (日)

春になったら健脚を期して群馬の中低山に登る

Img_1609
【拡大してご覧ください。】
 
 今年は一日早く春が来ます。立春が2月3日だからです。明日、1月25日は低気圧が去り、群馬県は天気が回復し、温かくなると予報されてます。
 
 写真は群馬県の中央部に聳える榛名山です。今まで私はこの山のたくさんある峰々の殆どを登りました。見かけ上最も高い中央右寄りの相馬岳【標高1411m】には3回登り、関東平野が一望できる景色の良さに感銘です。特に、富士山がよく見え驚きました。また、カルデラ榛名湖一周【6km】もウォーキングして楽しいコースです。
 
 これからも健脚と景色を堪能することを目標に群馬の山々に登りたいと思います。しかし、今まで、ご同行して戴いた友人の偉大な登山家は二人とも天に召されました。これからはハイキング程度で危険のないコースを登ります。
 
   
 Spring will come one day earlier than usual this year. This is because the "Risshun" beginning of spring is February 3rd. It is predicted that the low atmospheric pressure will be gone tomorrow January 25, and the weather will recover and warm up in Gumma prefecture.
 
 The photo shows Mt. Haruna towering in the central area in Gumma prefecture. Until now I have ever climbed most of the each peaks. I climbed Mt. Sohmadake three times on the right side of the center which is the highest in appearance, and I was impressed by the breath-taking scenery overlooking the Kanto plain. In particular, I was surprised to see the famous Mt. Fuji well. It is also pleasant to walk around the caldera Lake Haruna [6km].
 
  From now on, I would like to continue climbing the mountains in Gumma aiming at enjoying the scenery and healthy legs. However, both of the great mountaineers of my friends who have accompanied me so far in heaven. From now on, I will climb non-hazardous courses just like hiking.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 倉賀野で越冬してる鴨たち | トップページ | 天明三年・浅間山大噴火による大飢饉を救った池 »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

内心、雪景色を期待していましたが雨になってしまいました。
このところ外出もままならず、何もかもままならぬ状況が続いています。
いつでも明るい前向きな気持で生きるカッキーさん。春先には、山登り。一緒に登ってくれた偉大な友人の登山家はこの世にいない。
人生全くままなりませぬ。

投稿: 厭世家 | 2021年1月25日 (月) 09時16分

厭世家さんへ・・・今日は昨日の寒冷さと打って変わり、春の陽気です。
 今朝は早速、今日のブログのため、近くにある鯉池の写真の撮影に行って来ました。
 仰せの通り、私を県内外の多くの山々に連れてってくれた一人は、日本百名山をすべて踏破した前の家の大井さんと言う方です。よく、正月登山にあちこち連れてって戴き、例えば赤城の頂上から、富士を見たり、東京湾を見たりしました。
 一方、前高で机を並べてた富所三郎さんは長いこと山岳部の顧問として、また、スイスのアルプス体験者として、ニュージーランドの自然など山への造詣が深く、私に英語への魅力も教授して下さいました。人生全くままなりませぬ。彼らの分も長生きし、これから人間として真の幸せを追求したい。

投稿: カッキー | 2021年1月25日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉賀野で越冬してる鴨たち | トップページ | 天明三年・浅間山大噴火による大飢饉を救った池 »