« 今年の旧暦1月1日は、太陽暦で2月12日 | トップページ | 共通項があると外国人との会話も盛り上がる »

2021年1月10日 (日)

あと2ヶ月間、白鳥が見られる高崎市木部町

Img_1582
【画像を拡大して下さい。】
 
 昨日、群馬県高崎市と藤岡市間に架かる「新鏑川橋」を通過した際に遠方に白鳥と各種の水鳥が羽を休めてる光景が目に入りました。ご覧の通り、これらの冬鳥がいる所は水の流れが揺るやな所で、恰も沼のようになってます。遠くの橋は上越・北陸新幹線です。
 
 白鳥たちは、これから2ヶ月ここに滞在し、3月中旬には生れ故郷のシベリア方面に帰ります。聞くところによると、専門の人が餌を与えており、白鳥たちはこれにより人をあまり怖がらずに寄って来ます。しかし、一般の人が餌を与えることは禁止されてます。
 
 それにしても季節が来ると、日露間を自由に行き来するとは素晴らしい習性です。我々には真似できないことです。
 
 Yesterday, when I passed the "New-kabra River Bridge" between Takasaki City and Fujioka City in Gumma Prefecture, I saw swans and various waterfowls resting their wings in the distance. As you can see in the photo, the place where these winter birds are located is like a swamp so that the flow of water is slow. The distant huge bridge is for the bullet trains of Joetsu bound to Niigata and Hokuriku bound for Kanazawa.
 
 The swans will stay here for the next two months and return to their hometown of Siberia in mid-March. Allegedly the swans are fed by professionals, therefore the swans approach humans without being too scared. However, it is forbidden for the general people to feed.
 
 Even so, when the season comes, they have a marvelous habit to move freely between Japan and Russia since prehistoric era. We can't imitate their behavior.
 

|

« 今年の旧暦1月1日は、太陽暦で2月12日 | トップページ | 共通項があると外国人との会話も盛り上がる »

渡り鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の旧暦1月1日は、太陽暦で2月12日 | トップページ | 共通項があると外国人との会話も盛り上がる »