« 登下校指導と近所の高齢者のゴミ出しを手伝う | トップページ | 午前中、珍しく孫娘を預かる »

2021年1月23日 (土)

腰痛が治り、故郷・倉賀野を4Kウォーキング

Img_1624
 
 昨日は比較的、気温が高かったことから故郷・倉賀野をいつもと違うコースを歩いてみました。最近、倉賀野駅の北口付近に広い道が開通したので、その道を歩きました。
 
 ところで、今年になって腰を痛め、今では運良く治り、それを確認するためにも歩きましたが、腰痛は起こりませんでした。歩くことは全身の筋肉を動かすので本当に身体によいと実感します。
 
 それは脈拍が100を越え、血液循環が速くなるからです。血流を心臓だけに負担させず、第二の心臓と言われる脹脛も血流に作用します。脹脛は太めで硬いと下半身の血液を上半身まで押し上げます。
  
  写真は途中で見かけた幕末から明治にかけて積まれたと推定できる五貫掘りの石垣です。整然と積まれてる遺産です。
 
 The temperature was relatively high yesterday, so I walked through a different course in my hometown of Kuragano. Recently, a wide road was opened near the north exit of Kuragano station, so I walked along that road.
  
 By the way, I was suffering from lumbago at the beginning of this year, but it was fortunately recovered and walked to confirm it, I didn't feel any pain. By the way, I realize that walking is really healthy from the bottom of my heart, due to moving the whole mustles .
 
 That's because the pulse exceeds 100 per minute and blood circulation is faster. The calf which is called the second heart, also acts for the blood flow without burdening only by the heart. I am of the opinion that the calf is thick and stiff, by means of this, the calf pushes blood from the lower body to the upper body.
   
 The photo shows a stone wall of Gokanbori that can be estimated to have been piled up from the end of the Edo period to the Meiji era. It is a heritage piled up orderly.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 登下校指導と近所の高齢者のゴミ出しを手伝う | トップページ | 午前中、珍しく孫娘を預かる »

anti sarcopenia」カテゴリの記事

コメント

五貫掘の石垣とありますが、もとは、川が水が流れていて、今は暗渠となった風情ある散策路とお見受けします。
「五貫掘」という名の由来も知りたい。小生の近くに、「一貫堀川」という農業用水路がある。「貫」とは銭一貫文のこと。水の恩恵を受ける農民がそれぞれ銭一貫を出し合って造ったと古老から聞いたことがある。「一貫」は今の金額でいくらだろう。

投稿: 水天宮 | 2021年1月23日 (土) 10時01分

水天宮さんへ・・・先ず、脹脛の筋肉を鍛えると血液循環の観点から、心臓のみに負荷がかからず、力が分散し、大切な一つの健康法と考えてます。
 倉賀野には松本勘十郎という方がいました。その子供は松本亦太郎という学者で、今でも子孫が倉賀野の真ん中に住んでいます。私が倉賀野について書くと時たまコメントを下さいました。
 私の父母の話では松本勘十郎が倉賀野を縦貫する大きな農業用河川である五貫掘りを建設し、田畑を潤わせました。
1貫 = 100両 = 1000匁 = 3.75kg
1両 = 10匁 = 37.5g
1匁 = 10分 = 3.75g
1分 = 10厘 = 375mg
1厘 = 10毛 = 37.5mg
1斤 = (16/100)貫 = 600g
仰せの通り、今ではコンクリート製の大きな蓋が閉められ、暗渠となって小学生の安全な通学路になってます。

投稿: カッキー | 2021年1月23日 (土) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登下校指導と近所の高齢者のゴミ出しを手伝う | トップページ | 午前中、珍しく孫娘を預かる »