« 三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる | トップページ | 人生はくすんでいても、車の光沢は保ちたい。 »

2021年2月 1日 (月)

今日から2月・・・体力と記憶力を磨く

Img_1615
【拡大してご覧ください。】
 
 早くも令和3年1月が過ぎ、今日から2月です。天明3年【1783】の浅間の大噴火による降灰により、私の倉賀野町でも農業が大打撃を受け、当時の人たちは火山灰を片付けると共に手掘りで建設したのが、この農業用水地です。
 
 地元では通称「鯉池」と呼ばれ、今から238年前に作られ、現在も農業用水として使われてます。ご覧の通り、シベリアからの鴨が羽を休めてます。ウォーキングの途中、私が口笛を吹いたら100羽ほどが近づいてきました。後1ヶ月半後には自力でシベリアに戻る体力と方向判定能力には驚きます。
 
 私も同じ生物、年々減退する体力と記憶力などをそのままにせず、特に記憶力については、毎日、何かを覚えてしっかり磨きたい。
 
 From today, it is already February of 3rd year of Reiwa [2021]. The volcanic ash caused by the tremendous eruption of Mt. Asama in the 3rd year of Tenmei [1783] severely affected agriculture in Kuragano-town, and the people at that time cleaned up the volcanic ash and built the agricultural pond by hand digging.
 
 Locally known as "Carp Pond", it was made 238 years ago and is still used as agricultural water. Currently as you can see, ducks from Siberia are resting their feathers. When I whistled on the way of walking, about 100 birds approached me. I am amazed at their physical strength and ability in homing instinct to Siberia on their own in a month and a half.
   
 As I am also the same creature so that I should train physical strength and polish memory that decline year by year, without leaving them as it is. In particular, it will be accomplished by memorizing something everyday such as English vocabulary.
 
 

|

« 三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる | トップページ | 人生はくすんでいても、車の光沢は保ちたい。 »

倉賀野のすばらしさ」カテゴリの記事

コメント

「記憶力を磨く」「五感を研ぐ」など自分を錆びつかせない努力に励まされます。ブログの毎日の更新は、自分をレベルアップさせるための格好のルーティンだと思います。
 「研ぐ」と「磨く」、どちらが好きな語かと言えば、「磨く」です。「腕を磨く」「男を磨く」。「磨」にはまろやかな向上心を感じ、「研」には、どことなく殺気立った競争心が漲る。
 

投稿: 研磨材 | 2021年2月 1日 (月) 06時25分

研磨材さんへ・・・今日は暖かくなりそうです。こんな拙いブログでも無から有を造り出すもので、受け身でなく、その日その日の創造になってます。小説を書くことなどに比較すれば、極めて簡単でしょう。
 しかし、ブログは作り話でないので「正確性が最も肝心」で、そのためには歩いて見で確かめ、科学的なこと、歴史的なことについては、更に資料により確認を徹底してます。特に天体関係については、私はあくまで地球の表面で考えてることなので、心は地球から高く上がり、遠い宇宙から地球や太陽系の動きを考えることになります。その結果、現在、公転してる月の位置やスピード、地球から見た太陽の背景の星座を把握しています。こちらは半年前の午前0時に真南に来ている星座であることを突き止めました。いずれにしても、正確さを期すには取材と学問的裏付けは必須です。中でも、1月1日午前0時に真南に来るシリウスの動きについて知ったときは感動しました。

投稿: カッキー | 2021年2月 1日 (月) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる | トップページ | 人生はくすんでいても、車の光沢は保ちたい。 »