« もうすぐ立春、温かな陽射しを感じてウォーキング | トップページ | 三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる »

2021年1月30日 (土)

今の下弦の月が小さくなり、消えると旧暦の正月

Img_1635
 
 今宵、群馬県から見た午後9時の月です。右上が少し欠けてます。写真を拡大すると月面の山岳の凸凹が分かります。ところで、月面から現在の地球を見ると太陽の近くにあり、眩しくて見えないと推測します。月齢は17です。
 
 今後、月の満ち欠けは小さくなり、明け方に東の空で日に日に細くなります。そして、ついに月が見えなくなる新月は2月12日で、この日は旧暦の元日です。中国やアジア諸国では現代でも、この日を新年として盛大に祝うようです。
 
 日本でも明治5年までは、この日がお正月で梅もたくさん咲き始め、お正月が新春と言われました。太陽暦の1月1日は春とはかけ離れてます。
 
 This photo is the moon taken at 9 pm tonight seen from Gumma prefecture, Japan. The upper right is a little missing. If you enlarge the photo, you can see the unevenness of the mountains on the moon surface. By the way, if you look at the present earth from the moon surface, it is near the sun so that you can't see it because of dazzling. The phase of the moon is 17.
 
 From now on, the moon will become smaller day by day, and will gradually become thinner in the eastern sky before daybreak. And finally, the new moon when the moon disappears is February 12, which is the New Year of the lunar calendar. It seems that China and other Asian nations will celebrate grandly even the present day.
 
 Even in Japan, until the 5th year of the Meiji era 1872 year, this day was the New Year's day. Therefore many plums began to bloom, and it was said that the New Year was spring. Nowadays, January 1st of the solar calendar is far from spring.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« もうすぐ立春、温かな陽射しを感じてウォーキング | トップページ | 三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる »

太陰暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐ立春、温かな陽射しを感じてウォーキング | トップページ | 三寒四温を繰り返しつつ、春は確実に近づいてる »