« 春への憧れ | トップページ | 次第に春へ向かう北半球 »

2021年2月13日 (土)

11羽の鳩を放し、祈りを捧げた思い出

Photo_20210213154201
 
 前高勤務のとき修学旅行で沖縄へ行って以来、飛行機には暫く乗ってません。
  
 群馬県上野村の現場に3回訪れ慰霊したこと、また、昔、インドで乗ってた飛行機が雲の中で推定200mほど落下した苦い体験を持つからです。
 
 御巣鷹山へは前回は11羽の鳩を持って行き、現場で放しました。現地でいつも環境を整えてる有名な地元の黒沢さん曰く「ここで鳩を飛ばしたのはあなたが初めてです。」
 
 鳩はその日に帰らず、どうしたことか翌日、埼玉県方面から帰還しました。地図で見る御巣鷹山は山梨県や埼玉県に近いからでしょう。
 
 I haven't been on an airplane for a while since I went to Okinawa on a school trip when I was working at Maebashi high school.
 
 Also, I have visited the site three times at Mt. Ostaka in Ueno Village, Gunma Prefecture where is the JAL' crashed place more than thirty years ago. On the other way, I have severely experienced that an airplane I was riding in a long time ago fell by an estimated 200m in the clouds in India.
 
 Last time, I brought 11 pigeons to Mt. Osutaka and released them at the site. According to Mr. Kurosawa who is a famous person who always prepares the environment locally, "You are the first to fly pigeons here."
 
 The pigeon did not return on the day, but somehow they returned from the direction of Saitama prefecture on the next day. Mt. Osutaka seen on the map is probably close to Yamanashi and Saitama prefecture.
 

|

« 春への憧れ | トップページ | 次第に春へ向かう北半球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春への憧れ | トップページ | 次第に春へ向かう北半球 »