« 月が細くなって、消えれば正月・・・昔の日本 | トップページ | 先人の思いを胸に、早春の大地を踏みしめる »

2021年2月10日 (水)

暫くぶりにウォーキングで群馬の自然を満喫

Img_1692
【拡大してご覧ください。】
 
 今日の午前中は比較的温暖だったのでウォーキングし、シベリアから飛来してる白鳥の様子を鏑川に見に行ってきました。
 
 家から往復8Kあり、途中休憩なしに、かかった時間は2時間15分です。約50羽の白鳥はいつも通り、のどかな姿を見せ、温暖な日本の気候を満喫してます。
 
 ところで、西に目をやると雪に覆われた活火山・浅間山【2568m】が美しく、揺るぎない山の威容を見せ、ついシャッターを切りました。
 
 10~20代の若き日に、覚えているだけで3回も頂上を極めました。地球の生い立ちを物語る巨大な火口の姿と、頂上から見た広大な関東平野の感動は生涯忘れることはありません。
  
Img_1688
  
 It was relatively warm before noon, so I went on foot to Kabra River to see the swans flying from Siberia.
 
 There is a round trip 8km from home, and it took 2 hours and 15 minutes without a break. As usual, about 50 swans show their idyllic appearance and enjoy the warm climate here in Japan.
 
 By the way, when I looked to the west, the snow-capped active volcano Mt. Asama [2568m] was beautiful and showed the unshakable majesty of the mountain beyond description so that I just released the shutter.
 
 Just remembering when I was young in my teens to 20s, I reached the summit three times. I will never forget the appearance of the huge crater that tells the story of the origin of the earth and the impression of the vast Kanto plain seen from the top.
 

|

« 月が細くなって、消えれば正月・・・昔の日本 | トップページ | 先人の思いを胸に、早春の大地を踏みしめる »

自然環境の保護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月が細くなって、消えれば正月・・・昔の日本 | トップページ | 先人の思いを胸に、早春の大地を踏みしめる »