« しだれ紅梅の蕾が膨らみ始める・・・明日は立春 | トップページ | 立春を地球の公転運動で考える »

2021年2月 3日 (水)

今夜は下弦の月・・・いよいよ春節が近づく

Img_1654
 
 昨晩、撮影した下弦の月です。下弦の月とは西に沈むとき弦が下になることで、その名がついてます。この写真は東にあるとき撮ったので弦が上にあります。
 
 秒速約29㎞のスピードで公転してる私たちの地球より、下弦の月は宇宙空間において前方にあります。その後、日に日に太陽の方向に近づき、ますます光の部分が細くなります。そして、ついに月が太陽の方角に差し掛かると夜でも全く見えず、これを新月と言い、今回は2月12日です。この日、中国やモンゴルでは春節です。
 
 ところで、今日は立春です。立春とは何か、本日、拙いブログで考えてみます。結論は、公転してる地球から見て太陽の背景が「やぎ座」になる日です。しかし、「やぎ座」が夜間に見える季節は夏です。
 
 It is the waning moon that I took last night. The waning moon is named after the string goes down when it sets in the west. This photo was taken when it was in the east, so the strings are on top.
 
 In outer space, the waning moon is ahead of our Earth which revolves at a speed of about 29 km / s. After that, the waning moon gets closer to the direction of the sun day by day, and the moon's light becomes thinner and thinner. And when the moon finally approaches the direction of the sun, it cannot be seen at all from our earth even during night time. This is called the new moon, and this day is February 12 this year. This day is the New Year in the lunar calendar. In China and Mongolia, people cerebrate this day as new year.
  
 By the way, today is Risshun that means the beginning of spring. Today I will think about the Risshun on my clumsy blog today. In the universal viewpoint, the conclusion is the day when the sun's background becomes "Capricorn" when viewed from our earth. However, the season when Capricorn can be seen at night is summer.
 

|

« しだれ紅梅の蕾が膨らみ始める・・・明日は立春 | トップページ | 立春を地球の公転運動で考える »

天体ショー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しだれ紅梅の蕾が膨らみ始める・・・明日は立春 | トップページ | 立春を地球の公転運動で考える »