« 植物の育て方に共通する人間の教育 | トップページ | 一気に春が来ました。しかし、人生は晩秋辺りか »

2021年2月21日 (日)

荒船山頂に沈む太陽を見て、自転の速さに驚く!

Img_1719
【写真を拡大すると臨場感が出ます。】
 
 群馬県南西部に位置するテーブルマウンテン「荒船山」に太陽が沈んだ17時20分直後の写真です。群馬県では珍しく、恰も地平線での日没のようです。私の近くのマンションの高い位置から撮影しました。今まで輝いてた太陽は瞬時に隠れ、地球の自転の速さを感じます。
 
 ところで、赤道における自転速度は、4万㎞(地球1周)÷86400秒(1日の長さ)=秒速463mですから、計算すると北緯36度18分ほどの高崎市の自転速度は秒速280mほどです。
 
 因みに新幹線のスピードは秒速70m位です。しかも、地球の公転速度は秒速約29㎞のため、私たちは何もしなくても宇宙空間をもの凄いスピードで移動しています。
 
 昨日は、荒船山頂に沈む一瞬の日没を見て、改めて地球の動きの速さを認識できました。あと数日で太陽は荒船山の北壁を下るでしょう。
 
 It's a photo taken by me just after 17:20 when the sun set on the table mountain "Mt. Arafune" located in the southwestern part of Gumma prefecture. Unusually in Gumma prefecture, it's like a sunset on the horizon. I took it from a high position of an apartment near. The sun that had been shining until now disappeared instantly. Therefore I felt the speed of the earth's rotation on its axis.
 
 By the way, the calculation of the rotation speed at the equator is that 40,000 km (one round of the earth) ÷ 86400 seconds (length of one day) = 463 m / s, so that the rotation speed of Takasaki City situated in the central Japan at 36 degrees 18 minutes north latitude is about 280 m / s.
 
 By the way, the speed of the Shinkansen that means Japanese bullet train is about 70 meters per second. Moreover, the revolution speed of the earth is about 29 km / s, so that we are moving in outer space at a tremendous speed without doing anything.
 
 Yesterday, I was able to recognize the speed of the earth's movement again by seeing the sunset over Mt Arafune. In a few days the sun will descend the north wall of Mt. Arafune.
 
Img_1715
【太陽が半分隠れた瞬間】
  
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 植物の育て方に共通する人間の教育 | トップページ | 一気に春が来ました。しかし、人生は晩秋辺りか »

地球」カテゴリの記事

コメント

ふと目にした光景、思ったことを書き留めると、スローな成長を感じて自分が愛おしくなる。
夕陽が海に沈む時、ジューっと音を立てそうだが、山に沈む夕陽からは和音の階段を下りていく静かな音が聞こえてくる。
コロナ禍でも変わらぬ日没の光景を見つめると心が和む。

投稿: 時計屋の隣 | 2021年2月21日 (日) 07時33分

時計屋の隣さんへ・・・おはようございます。もしかして今回は生れて初めて地平線に沈む太陽を見たのかもしれません。
 群馬の西方は山岳地帯でどこを見ても凸凹してます。しかし、17才から最近まで5回ほど登った荒船山頂は平原のように広く長く、正に高天原です。
 倉賀野から見て、ここに日没地点が来ると、太陽は地平線に沈むかの如くです。このまま太陽の日没地点は北へ北へと移動し、夏至の頃の最北地点は浅間隠山より北になります。日々刻々と変わる日没も私の家の窓から眺める楽しみの一つです。

投稿: カッキー | 2021年2月21日 (日) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物の育て方に共通する人間の教育 | トップページ | 一気に春が来ました。しかし、人生は晩秋辺りか »