« 荒船山頂に沈む太陽を見て、自転の速さに驚く! | トップページ | 蜜蜂が来て梅林の様相を呈してきました。 »

2021年2月21日 (日)

一気に春が来ました。しかし、人生は晩秋辺りか

Img_1727_20210221145501
【拡大してご覧ください。】
 
 今日の暖かさで枝垂れ紅梅が一気に満開です。私一人で見ててはもったいないです。今日は庭のテーブルで生ビールで乾杯します。
 
 思い出せば、この花梅を「いすゞ117クーペ」のトランクに載せて、はるばる埼玉県花園町から倉賀野まで運んだのですから、若かった私は情熱がありました。あの頃の情熱は一体どこへ行ってしまったのだろう。
 
 いや、人間の情熱に年齢は関係ないかもしれない。いつになっても素晴らしいと心から感銘すれば、今まで以上に情熱は溢れる出る筈だ。今度は、この情熱をどこへ振り向けるかが肝心だ。
   
 By means of today's warmth in Japan, the weeping red plum is at her best at once. It's a waste for me to see alone. Today I will have a toast with draft beer at the garden table, thinking together with you.
  
 When I recall, I loaded this weeping red plum on the trunk of "Isuzu 117 Coupe" and carried it all the way from Hanazono-town, Saitama Prefecture to Kuragano-town, so I was passionate when I was young. Where has my passion of those days gone?
  
 I deny it. Age doesn't matter to human's passion. If I am deeply impressed with how wonderful it is, I will be more passionate than ever. The point is where I apply this passion to.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 荒船山頂に沈む太陽を見て、自転の速さに驚く! | トップページ | 蜜蜂が来て梅林の様相を呈してきました。 »

健康的な春の過ごし方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒船山頂に沈む太陽を見て、自転の速さに驚く! | トップページ | 蜜蜂が来て梅林の様相を呈してきました。 »