« 北極、南極、赤道に於ける春分の日の太陽の動き | トップページ | 枝垂れる植物のオンパレード »

2021年3月21日 (日)

一筋の赤が入り、今春第一号・・・西洋シャクナゲ

Img_1837
【拡大してご覧ください。】
 
 春分の日を迎え、私の好きなシャクナゲが咲きました。ご覧の通り、白を基調とする中に花弁の先に一筋の赤が入ってます。これは西洋シャクナゲです。シャクナゲは水が必要でも、水はけの良さを好みます。この塩梅がよく咲かせるコツと感じます。
 
 白い花は遠方から目立つので、前の道を歩く方から「あの花は何ですか」と訊ねられます。私自身も昨秋に白内障の手術をしたので、花の色彩がとてもよく見えるようになりました。これから庭は5種類のシャクナゲが咲き、変奏曲の如く、ますます多種の彩りへと移り変わります。
 
 概してシャクナゲは台木に異なるシャクナゲを接ぎ木して新たな品種が人間の手によりできます。このシャクナゲは赤星シャクナゲに日本シャクナゲを交配したもので「銀泉」と命名されてます。
 
 お近くの方は見にいらしてください。遠方の方はフェイスブックの写真を拡大してご覧ください。
 
 Yesterday was the vernal equinox day in the northern hemisphere, so my favorite rhododendron has bloomed. As you can see, there is a slight red at the tip of the petals while the base color is white. This is a Western rhododendron. Even if the rhododendron needs water, it prefers good drainage. I feel this rate is the key to bloom well.
 
 White flowers stand out from a distance, so people walking on the way in front of the garden frequently ask me, "What is that flower?" I myself had cataract surgery last autumn, so I can see the colors of the flowers very well. From now on, five kinds of rhododendrons will bloom soon, and it will change to more and more colors like a variation of music.
 
 In general, rhododendrons are grafted with different rhododendron's stock to create new varieties by human hands. This rhododendron is a cross between the red star rhododendron and the Japanese rhododendron and is named "Ginsen".
  
 If you are near, please come visit me. If you are far away, please enlarge the photo on Facebook.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 北極、南極、赤道に於ける春分の日の太陽の動き | トップページ | 枝垂れる植物のオンパレード »

西洋シャクナゲ大輪」カテゴリの記事

コメント

 昨夜、BSPでTV時代劇「蝉しぐれ」(藤沢周平)を4時間一挙放送で見ました。下級武士の貧困とお家騒動で叶わなかった幼馴染みの平四郎とおふくの悲恋物語。心にじんわりとくるものがありました。
 藩主の側室となったおふくの美貌と品は石楠花の花のようでした。
 

投稿: 村雨 | 2021年3月21日 (日) 07時29分

村雨さんへ・・・今日は厚い雲に覆われてます。外出もできないので晴耕雨読になりそうです。このシャクナゲの葉の裏は緑です。確かにこの花は美貌と品格の備わった女性を彷彿させます。

投稿: カッキー | 2021年3月21日 (日) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北極、南極、赤道に於ける春分の日の太陽の動き | トップページ | 枝垂れる植物のオンパレード »