« アナログ人間も時代の波に乗る | トップページ | 10年ぶりに倉賀野町の冠稲荷神社に詣でる »

2021年3月17日 (水)

今日の群馬県内は黄砂現象で山の景色が霞む

Img_1822
 
 今日は西高東低の気圧配置により、一日中、強い西寄りの風が吹いてます。このため、中国やモンゴルの砂漠からと想像される砂が舞い上がり、気流に乗り、黄砂となって群馬県内に飛来しています。
 
 この自然現象は昔から繰り返されてると考えられ、1000年前に著された清少納言の「枕草子」にも「春は曙」とその状況が表わされてます。日本では春は霞がかかる光景が春らしくても、実はこれは大陸からの黄砂であったと想われ、これからも未来永劫に亘り続く気象現象でしょう。
 
 写真は今日午後4時に撮った活火山・浅間山です。黄砂により、その稜線が微かに見える程度です。
 
 Today, due to the atmospheric pressure distribution of high west and low east, strong westerly wind is blowing all day long. For this reason, sand that is thought to be from the deserts of China and Mongolia soars up, and rides on the air current, becomes yellow sand, and flies into Gumma Prefecture.
 
 It is thought that this natural phenomenon has been repeated since the ancient times I guess. This atmospheric situation is expressed as "Haruwa akebono that means spring is dawn" written by Sei Shonagon in her "The Pillow Book" written around 1000 years ago. In Japan, even if the sight of haze in spring seems to be spring, it is thought that this was actually yellow sand from the continent, and it will be a meteorological phenomenon that will continue till remote future.
 
 The photo is Mt. Asama, an active volcano taken by me at 4 pm today. Due to the yellow sand, the mountain ridge is only slightly visible.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« アナログ人間も時代の波に乗る | トップページ | 10年ぶりに倉賀野町の冠稲荷神社に詣でる »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

さくら さくら やよいの空は 見わたす限り かすみか雲か 匂いぞ出ずる いざや
いざや 見にゆかん

霞と桜花の取り合わせは春の風情そのものですが、春の大気を霞ませ、桜の花を隠す霞の正体が黄砂だとは王朝人は知る由もなかったでしょうね。

投稿: をかし姫 | 2021年3月17日 (水) 20時10分

をかし姫さんへ・・・今日の夕刻時、太陽が出ているのに埃の中にあるようで、とても変な感じでした。
  歌の通り、霞みか雲か、実は砂埃だったのです。明日は高気圧が日本列島を覆い、黄砂は少なくなるでしょう。それにしても、月日の経つのは本当に早く、3月も次第に後半へと進みます。
 1日1日無駄にせず、何かを吸収したいと思います。

投稿: カッキー | 2021年3月17日 (水) 20時36分

 3月も次第に後半へと進みます。1日1日無駄にせず、何かを吸収したいと思います。

 本文中にある「西よりの風」と「西風」はどう違うのでしょうか。気象用語は使い分けが微妙で分かりずらい。
 
 3月も連続的変化にしたがって後半へと進みました。アナログ的な言い方です。3月18日といえばデジタル的言い方です。
 

投稿: 関東ローム層 | 2021年3月18日 (木) 07時41分

関東ローム層さんへ・・・アナログの反対はデジタルのようですね。
 時計も針が示すのはアナログで、数字で示すのはデジタルでしょう。
 昨日の夕方、近くの5階建てのアパートの上に登って見たら、榛名山は比較的はっきり見えたのに、妙義山や浅間山など西の方が黄砂で見えませんでした。そう言えば、中国は北西より、西に位置します。この日は西風だったと考えられます。英語ではwesterlyと訳しました。

投稿: カッキー | 2021年3月18日 (木) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナログ人間も時代の波に乗る | トップページ | 10年ぶりに倉賀野町の冠稲荷神社に詣でる »