« 「穀雨」の日 地球の公転 実感したい | トップページ | 今もなお 脳裏に残る ヒマラヤの峰 »

2021年4月21日 (水)

藤の香に 人も熊蜂も 惹きつけられ

Img_1928
【クリックし、拡大してご覧下さい】
 
 室内にいても、前の道を行く人たちの声が聞こえます。「どこからか良い匂いがするよ。」また、ある女性がこの藤を見て「わあ、すごい。」という声が聞こえます。赤紫という色自体が本来、温かみを感じさせる色彩なのでしょう。皆さん、思わず心が惹きつけられるようです。
 
 また、見やすいように目の高さと同じに植えてあるので、花の一つ一つがよく見えるのでしょう。確かに良い匂いが立ち込め、人間のみならず、花の美しさとは対照的に、真っ黒な熊蜂が轟音を立てて蜜を吸いに飛来するには驚かされます。熊蜂の宙を飛ぶ豪快さは怖いほど威力があります。
 
 植木鉢の藤は水をたくさん必要とすることから、開花中は朝、昼、夕方の三回水遣りしてます。お近くの方は色彩と共に香りを味わいにいらしてください。駐車場完備。
  
 Even if I am indoors, I can hear the voices of people on the road in front of the garden. "It smells good from somewhere." Also, a woman looks at this wisteria and I hear her voice saying, "Wow, that's amazing." The color of reddish purple itself is probably a color that makes humans feel warm. Everyone seems to be fascinated by its beauty.
  
 Also, since it is planted at the same height as our eyes for easy viewing, so everyone can see each flowers well. It certainly has a nice scent. In contrast to the beauty of flowers, it is not only humans, it's amazing that some black bumble bees roar and come to suck nectar. The spectacular views of flying in the air of bumble bee is scary.
 
 Since the wisteria in the flowerpot requires a lot of water, I will water three times in the morning, noon, and evening during flowering season. If you are near, please come and enjoy her fragrance along with the colors. Equipped with parking lot.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 「穀雨」の日 地球の公転 実感したい | トップページ | 今もなお 脳裏に残る ヒマラヤの峰 »

創意工夫」カテゴリの記事

コメント

 花をほめる言葉は「きれい」「かわいい」が一般的ですが、アメリカ人なら、「ブリリアント」「アドミラブル」「スプレンディド」などというかもしれません。私は「あっぱれ!あっぱれ!」という言い方もいいと思います。
 藤の香に 熊蜂も 惹きつけられてるよし。花の本質的役割を知っている熊蜂は「うわぁ、セクシィー!」と言っているかもしれません。花にとっては、最高の「褒め言葉」になるでしょう。見方によっては、花は妖艶にして官能的です。
 カッキーさんは、水やり、手入れなど花々の熱烈なサポーターですね。
 
 

投稿: 釟 | 2021年4月21日 (水) 07時02分

釟さんへ・・・おはようございます。今日は私の結婚記念日です。現役時代、たまたま毎年この日は給料日だったので、何となく美味しいものを食べたような気がします。と言っても、相手は16年前に他界し、肝心の娘たちは母の血を引いて社会的には正社員として、しっかりやっています。
 私は今朝9時にコメリーというホームセンターへ行って中程度の植木鉢を購入し、すでに咲き終わったシャクナゲの赤を先程、植え替えました。
 もう来年のよい開花を期待し、仕込んでる私がいます。仰せの通り、植物に対して熱烈かもしれません。この熱い情熱を他にも振り分けたい。

投稿: カッキー | 2021年4月21日 (水) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「穀雨」の日 地球の公転 実感したい | トップページ | 今もなお 脳裏に残る ヒマラヤの峰 »