« ユニークな 山に囲まれ 群馬県 | トップページ | 長く咲く 西洋シャクナゲ 「フィリスコーン」 »

2021年4月12日 (月)

孫娘が小学校に入学し、祖父の立場から思うこと

Img_1913

【絞りの牡丹が咲き始める】

 Foreigners can read in the language of your nation by click the right side of the blog. 

 However, as the machine translates it, there may be some differences in meaning.

 この4月に次女の長女が前橋の小学校に入学しました。今まで、ずっと保育園に通いましたが、両親が共働きゆえ、同じ前橋に勤務する娘が毎日保育園まで車で送迎し、娘も母としてずいぶん頑張りました。

 一昨日は近親者で入学祝いが行なわれ、長女夫妻も交え、次女の義理の両親と共に私も参加し、当人の孫娘は健康で明るい子に育っているので安心しました。これから彼女にとって、新たな先生、新たなクラスメートとの出会い、教科の勉強と未知の世界がいっぱいで、僅か6才であっても、いわば人生の節目です。

 実は、このことは小学1年生のみならず、大人も高齢者も未来に対する気持ちは「希望と不安」が付きものであることから同様でしょう。それは老若男女にとって未来は未だ体験してない状況がやって来ることであり、万人に共通なことです。

 ところで、これからの教育現場は昔と授業形態が相当に変わってきています。その大きな二つは、先ず一人一台の端末が用意され、授業はデジタルで行なわれ、デジタルで答えを示し、以前のように教科書、ノート、黒板での授業は維持しつつも、教育の手段は昔と大きく変化してます。

 その2は小学生高学年より教科として英語が導入されており、低学年も時々はAETによる音声英語でのやり取りが始まり、昔、大人が習ったやりかたとは学習時期と学習方法が大分異なり、大人だから小学生に何でも教えられる状況にはないかもしれません。

 しかし、若さとは従来の方式に捉われない対応性を天分として持っており、小学生の特権である心の柔軟性を基盤に、デジタル化も慣れれば当たり前のこととして、あるいは従来の授業形態より、楽しい授業が創造されてると考えられ、私たち大人にとっては教えるどころか、新たな領域であり、大人も勉強しなくてはなりません。

Img_1917

 しかしながら、教育とは伝統・文化を継承することであるとともに、それを基盤として新たに発展すべきものです。

 つまり、模倣から創造への過程であり「教育としてあるべき一貫した流れ」は変わるものではありません。手段は変化しつつも目的は昔も現代も変化しません。

 私たちが教えられた、あるいは培った昔ながらの教育は、今後も十分に引き継がれていくものがたくさんあります。

 それは真の健康教育であり、学習は幅広く、努力は継続すべきものです。特に、心のあり方については、小学生時代にあって最も陶冶すべき重点項目と言えます。先ず、人間として基本的に正しい生活習慣の習得です。学習や行事、クラブ活動を通じて、苦難に打ち負けない心の強さ、人との応対が会話を通じてスムースにでき、人の目を見て聞いたり話したりする習慣は小学生時代にしっかり身につけておくべき大切なことでしょう。

 小学生時代とは幅広い学習を通じて、次第に自らが何に適してるかを感じてくる年齢です。小学生時代には何にでも興味を示し、いろいろ深く学ぶべきときでしょう。その中にあって、日本人ゆえ、特に正しい日本語を身につけ、自らの意見や感想をまとめられることは、最も肝心な「考えること」に繋がります。二度とない小学生時代のときから、何事に対しても、その真実やあるべき姿が「よく考えられ」、楽しく実践出来る」よう願うばかりです。

 

|

« ユニークな 山に囲まれ 群馬県 | トップページ | 長く咲く 西洋シャクナゲ 「フィリスコーン」 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニークな 山に囲まれ 群馬県 | トップページ | 長く咲く 西洋シャクナゲ 「フィリスコーン」 »