« 情熱の 祖父母が手にした 九品寺前 | トップページ | 熊蜂が 藤の香りを 嗅ぎつける »

2021年4月16日 (金)

色彩豊かに シャクナゲ開花

Img_1921
 
 今朝、高さ1m以上の西洋シャクナゲが咲きました。昨年は樹勢があまり良くありませんでしたが、今春は回復しています。
 
 先日書きましたように、シャクナゲは土作りが肝心です。普通の黒土でなく、粒のような赤玉土と根が絡みやすいピートモスが隙間があいて根が呼吸しやすいと思います。これにより、水を与えてるとすぐに浸み込み、水はけがよくなります。
 
 一方、平地では珍しい日本シャクナゲが咲き始めています。たくさん咲きましたら写真をアップします。現在、7種類のシャクナゲを育ててます。
 
 This morning, a western rhododendron of 1m or more height has bloomed. The tree wasn't strong last year, but she is recovering this spring.
 
 As I wrote the other day, I think it is important for us to make soil for rhododendrons. I think that the roots are easy to breathe between the grain-like Akadama soil and the peat moss which the roots are easily entangled, instead of ordinary black soil. At the same time, this method will improve drainage and soak in as soon as watering.
 
 Meanwhile, rare Japanese rhododendrons are beginning to bloom on flat ground. I will upload a photo when it blooms a lot. Currently, I am raising seven varieties of rhododendron.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 情熱の 祖父母が手にした 九品寺前 | トップページ | 熊蜂が 藤の香りを 嗅ぎつける »

日本シャクナゲの育て方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情熱の 祖父母が手にした 九品寺前 | トップページ | 熊蜂が 藤の香りを 嗅ぎつける »