« 不注意で 痛める年令 膝と腰  | トップページ | 倉賀野の 歴史を伝える 立て看板 »

2021年5月30日 (日)

久々に 家族団欒 味わいました。

Img_1315_20210530095901
 
 娘の家に行くため昨日の夕方、本当に暫くぶりに関越自動車道を青い車で走りました。車は恰も「水を得た魚のごとく」生き生きし、アクセルを踏み込まなくても、すぐに100Kのスピードになりました。やはり、後ろに付いてるスポイラーも、扁平率35%のタイアも高速道を走ってこそ真価を発揮でき、車の安定走行に一役買ってます。
 
 今朝は娘の家を5時に出発、今度は一般道で帰宅しましたが、道路は空いててスイスイです。そして今朝も地区のラジオ体操会に出席し、その後、一人寂しく朝食ですが、昨夜の家族団欒を思い出し、人間はあれこれ雑談することが心身の健康に欠くべからざる大切なこととしみじみ感じてます。
 
 I drove a blue car as you see through the Kan-Etsu Expressway for the first time in a while yesterday evening to go to my eldest daughter's house. The car was alive "like a fish that got water" and quickly reached 100km speed per hour without having to step on the accelerator. After all, the spoiler attached to the back and the tires with a flatness of 35% can show its true value only when it runs on the highway, so it played a role in stable driving of the car.
 
 This morning I left my daughter's house at 5 o'clock and returned home on a general road, but the road is empty so that the car ran easily and lightly. After returning I attended the radio gymnastics in the district as well. After that, I had lonely breakfast remembering last night's pleasure dinner with family. I feel from the bottom from my heart that chatting about many kinds of topics with family members is essential and indispensable for our physical and mental health.
 

|

« 不注意で 痛める年令 膝と腰  | トップページ | 倉賀野の 歴史を伝える 立て看板 »

人間の喜びとは」カテゴリの記事

コメント

  おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな
             (芭蕉)
 今までの楽しいひと時が終わってしまと、寂 しい気持ちになってしまうよ。
心を強く持ち、感情豊かに生きませう。
 今日は梅雨入り前の貴重な晴れ間です。さあ、外出しましょう。
 

投稿: 清方 | 2021年5月30日 (日) 10時29分

清方さんへ・・・こんにちは。車の安定性に関して、日頃考えてる扁平率について本文に書き加えました。
 「バク」も休業中であり、暫くぶりに一人での一杯から解放され、楽しい時間が持てました。平素、一人で生活しても、気持ちをしっかり持ち、仰せの通り、心を強く持ち、感情豊かに生きたいと思います。たくさんの植物に囲まれ、ピアノを弾く時間もあり、運動する自然環境にも恵まれてます。しかし、正直、何か足りない。

投稿: カッキー | 2021年5月30日 (日) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不注意で 痛める年令 膝と腰  | トップページ | 倉賀野の 歴史を伝える 立て看板 »