« 「愛妻の丘」の日本シャクナゲと同品種が開花 | トップページ | 如何にして 重たい鉢を 持ち上げた? »

2021年5月 3日 (月)

若き日の 情熱持ちたい いつまでも 

P1020763_20210503090701

【活火山・浅間山の鬼押し出し園・・・群馬県】

 緊急事態宣言下にあっても、一向に収束の気配が見えないコロナ禍に同様、人生を振り返ってみれば、社会全体や個人の問題でも、昔から私たちを取り巻く環境は克服しなければならない難問はあるものでした。

 金物屋を営んでいた父が48才、母が42才のときに、私はこの世に生を受け、しかも、6人兄弟の末っ子でした。このため、終戦後であった高校時代の取り組みとしては、早く安定した良い会社に就職し、家計が安定することを目指していました。ところが人生とは思いもよらず、先は分からぬものです。

 情熱的な音楽教師H先生に出会い、先生は私の家にまで来られて両親に私の進学を説得し、いわば強引に音楽の道を勧められました。当時、ピアノのある家は殆どなく、私も試験科目にあるピアノなど弾いたことはなく、それ以来、毎朝、学校に早く行き、始業前にバイエルの初歩から音楽室で練習しました。

 ところが、音楽以外の殆どの科目が不得意であった私は、特に数学が大の苦手で、これには絶望的に参りましたが、振り返るとよく頑張ったと言えます。生前の父は一度だけ私を褒めてくれたことがあります。

 父が夜中にトイレに起きると、未明の時間まで、いつも机に向かっている私を見ていたのでしょう。大学合格したときは合格祝いをしてくれ、親戚の人たちがいる前で「あの努力が実を結んだ」と言い、父も心から嬉しかったのでしょう。その証拠に、私に黙って入学式に来ていました。

 私は今でも思います。あの時の数学の勉強を思えば、その後、あれ以上に大変なことはなかったと感じてます。誰にでも不得意なことはあるもので、それでも、その不得意なことに一から挑戦し、努力を続け、問題が解決したことで以後、他の分野においても本気でやれば、できる自信に繋がるようです。

 時代が思いがけない状況に変化しようと、その環境に負けず、また、特に年令を理由に物事を諦めることなく、新たなことに挑戦する気持ちにこそ生きてる価値があります。

 年令を考えると、どうしても「もういいや」などと思いがちです。しかし、三人に一人が高齢者の時代です。そんなこと言っていられません。人生とは常にこれからなのです。

 人生は一回のみです。私たちが今まで体験してない新たなことに挑戦するのは誠の喜びです。昔のように、得意なことが一つあれば、そけで十分とは言えないでしょう。この世の楽しみはいろんな所に存在する事を認識したいものです。一つの得意なことをやるだけでは、幅の狭い生き方になりかねません。

 それにしても、どんな夢でも、それを実現する基盤は健康であることから、良い睡眠、適度な運動、健康食の継続は「情熱ある人生」につながる味方と言えます。

 

|

« 「愛妻の丘」の日本シャクナゲと同品種が開花 | トップページ | 如何にして 重たい鉢を 持ち上げた? »

高齢化社会」カテゴリの記事

コメント

 人間だれしも、頑張りますが、正念場で頑張りきることはなかなか難しい。家族、恩師、親友の応援は力になります。
父親が言った「あの努力が実を結んだ」の「あの努力」こそ、やればできる自信と生きる力の源になっているかもしれません。
 hurray!hurray!カッキー。


投稿: 山中鹿之助 | 2021年5月 3日 (月) 12時53分

山中鹿之助さんへ・・・コメント有難うございます。
 若い時の頑張りがあって、結果的に私には二人の娘が現存します。その次代の孫たちもです。あの時の努力がなくて別の世界に行ってれば、娘たちは今この世に存在しません。
 こう考えると、若い時の努力はすべての源です。お陰さまで、二人とも社会的にまあまあ、ちゃんとやってるようです。
 ところで、次回、私が某所に行く予定は21日(金)です。

投稿: カッキー | 2021年5月 3日 (月) 15時42分

「次回、私が某所に行く予定は21日(金)です。」と予定が早くからたてられていいですね。コロナ禍、当方は、不透明です。
 
 「握り睾丸(ぎんたま)」という面白い言葉がある。広辞苑で意味を引くと、ふところへ手をつっこんで、何もしないさまとある。なんにもする気が起きないコロナの日々、今日も握り睾丸で日が過ぎていく。
 ささやかな疑問。金の音読みは「キン」「コン」。「賃金」に限って、金を「ギン」と読む。

投稿: 山中鹿之助 | 2021年5月 3日 (月) 16時18分

山中鹿之助さんへ・・・今日の午後は庭で力仕事をしました。推定重量100kg以上の大きな藤の植木鉢はその土台として2つのブロックが並べて置いてありました。
 今日はその上に、更にブロックを2枚ずつ重ねるつもりで、重たいものをどうしたら持ち上げられるか。てこの原理なども考えましたが、結局、藤とスクラムを組むような形で、植木鉢を斜めにし、その下にブロックを入れました。結局、この作業を4回繰り返し、重たい藤の植木鉢がかなり高くになりました。木が立派に見えます。ついでに剪定もしました。来春は一回り、大きく見応えのある藤の開花が予想されます。

投稿: カッキー | 2021年5月 3日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「愛妻の丘」の日本シャクナゲと同品種が開花 | トップページ | 如何にして 重たい鉢を 持ち上げた? »