« 初挑戦 挿し木で増やす 貴重なシャクナゲ | トップページ | 今の時季 ツバメは軒先 抱卵中 »

2021年5月18日 (火)

懐かしい 子供の頃に 住んだ土地

Img_2011
 
 以前にお伝えしました通り、私が子供時代を過ごした土地が現在更地になってます。昔はここでよく遊び、広いと思ってましたが、現在見ると意外と狭く感じ、手前が低く、少し傾斜があります。
 
 時々、ウォーキングでここに来ると賑やかに8人家族で過ごした当時の家族の顔や、ここで私はすでに鳩を飼っていたことや、サックスを練習したことが懐かしく思い出されます。
 
 ここは倉賀野町の真ん中に位置し、前方は東京から新潟に通じる旧国道17号です。冬は30㎝ほどの雪が度々積もり、夏は歩いて10分ほどの烏川で泳いだり、お祭りに山車が出て賑やかだったことが今でも脳裏にあります。
 
 ここは私が生まれた時にすでに他界してた祖父母が明治25年ころ購入した土地で、「原道屋」という金物屋を商いしてました。「原道屋」という屋号は祖父母の故郷である埼玉県原道村から命名しました。若き日の二人は駆け落ちしてここまで来ましたが、やはり、懐かしい故郷が忘れられなかったのでしょう。
 
 As I mentioned previously, the land where I spent my childhood is now a vacant lot. I used to play a lot here and thought it was wide, but when I look at it now, I feel surprisingly narrow, and there is a slight low slope to this side.
 
 When I come here for walking, I remember the faces of my eight family member at that time. I already kept pigeons here, at the same time, I practiced the saxophone alto here.
 
 This is located in the middle of Kuragano-town, and the front is the old Route 17 leading from Tokyo to Niigata. In winter, about 30 cm of snow often piled up, and in summer, I recalled that I swam in Karasu-River for about 10 minutes on foot. It was bustling with the traditional festival floats appearing at the annual event.
 
 This is the land that my grandparents who had already passed away when I was born, purchased it around 1890. And they operated a shop named "Haramichiya"for hardware dealer. The name of this came from their birthplace Haramichi-village in Saitama Prefecture. They eloped to this place at young age, but they probably had their nostalgic hometown in their hearts.

 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

|

« 初挑戦 挿し木で増やす 貴重なシャクナゲ | トップページ | 今の時季 ツバメは軒先 抱卵中 »

祖父母の情熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初挑戦 挿し木で増やす 貴重なシャクナゲ | トップページ | 今の時季 ツバメは軒先 抱卵中 »