« 身長が 2センチ減って ショックを受ける | トップページ | 夜間に 就眠運動する 不思議な習性 »

2021年6月 3日 (木)

忘れがち 生命の基盤 緑と水

Img_2039

【写真を拡大してご覧ください。】

 6月となり、庭は多くの樹木に覆われ、私の家はこの森のような新緑の中に佇み、外から家屋が見えないほどです。殆どが落葉樹ですが、中には金木犀やツツジ、各種シャクナゲなど常緑樹もあり、年間を通じて緑は多いです。これらの樹木は井戸水で育ててます。

 日々、私たちは忘れがちですが、この樹木たちは昼の時間が長い今こそ、盛んに光合成を繰り返しており、結果的に自身で樹木を大きく成長させ、すでに来春の開花の準備に入ってます。学生時代に習ったように、光合成とは光エネルギー(太陽光)を使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成し、同時に私たち人間や動物の生命にとって欠くべからざる酸素を生産して大気に放出しています。

 私たちが何時如何なる瞬時も生きていられる根源は、無意識のうちに行なわれてる「肺呼吸を通じて、二酸化炭素を酸素にガス交換してること」に起因してます。酸素なくしては1~2分で生命は絶たれます。つまり、私たちは植物によって生かされてます。

 ところで、昨日の夕方、倉賀野駅の北東に位置する「新堤・地元での通称は鯉池」までウォーキングしてきました。最近、この池の周囲は整備され、とてもよい道路が完成しました。それにしてもこの鯉池は平地にしては誠に広いです。

Img_2034

 写真には映ってませんが、池の周囲は多くの桜が植えてあります。この池には四月頃まで鴨やオシドリなどたくさんの水鳥がいましたが、現在は一羽もいません。冬季の多いときは数百羽が羽を休めており、この習性は毎年のことで、人に慣れており、前回、私が口笛を吹いたら多くの水鳥が寄ってきましたが、餌をくれないと分かるや、遠くへ引き返して行きました。水鳥たちを騙したようで申し訳ない感じです。

 今ではすべての水鳥はおそらく北部ユーラシア大陸やカムチャッカ半島まで飛来し、そちらで短い夏を過ごし、子育ての最中と想われます。そして、日本が晩秋になる頃、今度は生れた雛を連れて大海原を渡り、猛禽類など生息する危険な山岳地帯を飛び越え、再び、ここまでやって来ることがすでに230年以上続いていると想われます。

 230年というのは、この新堤は天明3年・浅間の大噴火により、50Kmも離れた倉賀野一帯にも火山灰が20~30㎝も降り積もり、農業は壊滅状態となり、天明の大飢饉です。当時の人々は火山灰の片付けの日々が続き、それに合わせて農業用水確保のため、この新堤を作りました。ですからこの堤は当時の先人の苦境の日々が偲ばれる堤です。

 なお、こちらを「新堤」というのは、倉賀野町にはこの堤より、更に100年ほど前に作られた「古堤」が現在でも下町の諏訪神社近くに存在してます。

Img_2036

【拡大してご覧下さい。】

 大昔から現代へと時代が変わっても、人々の生活に共通する欠くべからざるものは「新鮮な空気と水の確保」ですが、ややもすると日々忘れがちです。

 今後、21世紀中期から後半へと続きます。また、近頃、誕生した赤ちゃんは22世紀まで生き、活動を続けます。

 山岳には建設用の杉やヒノキのみでなく、ブナの木など多量の水を蓄える樹木を植え、人類や動物の生命に永遠性が生じるよう今のうちに植林を実践しておきたいものです。

 

|

« 身長が 2センチ減って ショックを受ける | トップページ | 夜間に 就眠運動する 不思議な習性 »

便利な生活と盲点」カテゴリの記事

コメント

 カッキーさんのお宅は、水と緑と音楽の園ですね。
 新型コロナウィルスワクチン接種の予約開始日の今日、予約が取れました。最寄りの医療機関の殆どが10時までに6月分予約満杯になっていました。インターネットの威力に感心すると同時に、大仕事をしたという感じです。
 われ先に予約をする気持ちもわかりますが、日本人の「人に譲る」という美徳も命に係わる事の前にはかないません。

投稿: 時計屋の隣 | 2021年6月 3日 (木) 17時28分

時計屋の隣さんへ・・・日々「いつまでも若く健康で生かされるためには」について考えてます。先ず、良い空気【酸素】を吸うこと。良い水分を摂ることは第一です。
 その他、日々の基盤として何が良いかは、脳の訓練ではないでしょうか。脳には考えたり、工夫したり、記憶したり、音楽したり、生きることに関して何でもござれです。
 今日はゴミ出しの日なので、早速、ゴミ出しを頼まれた一人暮らしの女性の家に行ったら、すでに近所の人が持って行ったと言われ、残念でした。
 何か人のためによいことをするのも、心の豊かさに通じるようです。6月4日から歯の健康週間が始まります。磨き方も工夫します。もしかして、8020でなく、8028が達成できるかもしれません。未だ、先の話ですが。
 

投稿: カッキー | 2021年6月 3日 (木) 22時00分

 老化は脳・体内・筋肉・心4ヶ所に生じるという。総じて快調のようですね。
 ゴミを出す場所も、家から近いほどいいことが最近分かるようになりました。家のすぐ前の歩道がゴミ出し場所になっていたのを最初の頃、迷惑に思っていましたが、今は喜んでいます。
 ゴミの回収場所を勝手に自分の家の前に移動したら、町内の環境整備委員さんからクレイムがあったそうです。きちんと市の清掃局に届けてあるのだそうです。

投稿: モーニング男 | 2021年6月 4日 (金) 02時58分

モーニング男さんへ・・・調べてみると根室の今日の日の出は3時39分ですから、もう明るいでしょう。高崎の日の出時刻は4時26分ですから、4時になれば東の空が明るくなります。
 確かに若いときは、ゴミの収集場所が自分の家の近くだと嫌がる人が多いです。歩くことが辛い人にとっては思ってる以上にゴミ出しは大変なことです。
 先日書きましたように、私は膝を冷えで痛めましたが、階段が昇れませんでした。増してや、ゴミ袋を持ってなど昇れません。

投稿: カッキー | 2021年6月 4日 (金) 03時34分

こんにちは、煉瓦塀の瀟洒なお宅ですね〜
木々が繁茂しても涼しげでに見えます。
シャクナゲが元気に育つ理由が分かります。

庭の屋久島シャクナゲの花が終わりました。
新芽が伸びて来ました。来春の開花に思いを巡らしながら眺めてます。

暮らしに音楽は良いんでしょうね。
音楽はyoutubeで聴くくらいですが、最近は昔聴いてた音楽を部屋で聴いたりもします。
どちらかと言えば外にいる方が性に合うんですが。

昔、20代後半、モンゴル留学時代に聴いてた音楽が、今はyoutubeで聴ける時代ですから、有難いですね。
「chinggis khaan」と言うロックグループは哀愁のあるメロディで当時ウランバートル市内のアパートで聴いてました。

ボーカルのジャルガルサイハン(jargal saihan)は日本で皿洗いのアルバイトをしながら音楽を,ロックを学ばれたそうです。人生は人それぞれ面白いですね〜

因みに彼の歌は
https://m.youtube.com/watch?v=02qylTz4hBc

投稿: ヤマじゃん | 2021年6月 6日 (日) 09時49分

ヤマじゃんさんへ・・・遠方よりのコメントに感謝いたします。モンゴル・ウランバートルにいらしたことがあるとは貴重な体験をされましたね。
 当方でも、シャクナゲの花は終わり、屋久島シャクナゲは来春の蕾が出始めてます。若い葉は虫に食われやすいので、遠くから薬のスプレーをかけてます。
 

投稿: カッキー | 2021年6月 6日 (日) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身長が 2センチ減って ショックを受ける | トップページ | 夜間に 就眠運動する 不思議な習性 »