フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« やみつきに ならない程度に 食べてみる | トップページ | 車間距離 守ればずっと 余裕出る  »

2021年6月10日 (木)

グラジオラス 蕾に見られる 幾何学模様

Img_2053

【拡大してご覧下さい。】

 半世紀以上に亘るレース鳩飼育から、三年前より趣味が植物の生育に変わったことから、言わば毎日、庭の植物を見て回りますが、昨今の気温の高さは植物にとっても暑く、水遣りが欠かせません。特に、植木鉢の植物は子供を育てるかの如く、丁寧に生育状況を観察しなければ、暑さと水不足から枯れてしまいます。

 赤紫の藤は直径60センチほどの大きな植木鉢に植えてありますが、近年は樹木そのものが大きく広がり始めており、多量の水が必要で、特に夏季は最低でも朝晩の水遣りが欠かせません。手を抜くと葉が萎れて来ます。直植えすれば問題ないのですが、この藤は背が低いことから、直植えでは開花時に花が見難くなるので、大きな植木鉢に植え、しかも、ブロックを三段積んだ上に載せてあります。

 ところで、春の花がすでに終わりを告げると、現在は数本のユリと、写真のグラジオラスに幾本も蕾が出て来ました。

 それにしても驚きです。ご覧の通り、葉と葉の間が膨らみ始め、中から蕾が伸びて来ました。しかも、何と言う素晴らしい自然が織りなす紋様でしょう。それは幾何学的な紋様です。一枚一枚が狂いなく、花を包み込んでます。果たして何色のグラジオラスでしょうか。今のところ私にも分かりません。

 球根を購入したとき、確か数種の色を組み合わせましたが、植えてからの1本1本は何色になるかまだ分かりません。植物としての勢いはよいので大きな花が咲くと期待してます。

Img_0489

 こちらは「こでまり」です。今春の蕾でまるで星印のようです。

 ところで、蕾の幾何学模様として、私が驚いたものに4月に咲いた「こでまり」があります。花が五角形であることから、蕾も五角形ですが、蕾の五角形は不思議な世界に見えます。このコデマリは私が子供の頃からあったので、戦前から我が家に咲き続けており、今後もずっと咲き続けるでしょう。

 植物にはいろいろ驚かされることがしばしばで、前にも記しましたが、シャクナゲの葉の裏は殆どが黄緑ですが、葉の裏が黄土色でしたら、それは貴重な日本シャクナゲです。それ以外は西洋シャクナゲです。また、「源平しだれ」の花桃や、「想いのまま」と言った花梅は1本の樹木が紅白に咲き分ける品種で、これも不思議なことで驚きます。と言っても「ねむの木」の就眠運動ほど神秘なことはありません。

 これからも植物を世話しつつ、同時に植物の生態をよく観察します。それでも私が最も素晴らしいと感じることは「洗練された花の色彩」です。次が植物の樹形美です。

 

« やみつきに ならない程度に 食べてみる | トップページ | 車間距離 守ればずっと 余裕出る  »

自然界の不思議」カテゴリの記事

コメント

 鋭い剣先の、子分のような葉。襟元を決め、肩のあたりを突き上げた筍の弥蔵親分の決めポーズ。
 今日も真夏なみの太陽ですね。
冬に「雪見酒」があるように、今日は昼から、豚肉、新じゃがいも、新玉葱を甘辛く煮込んだ肉じゃがを肴に、レモンサワーで「陽見酒」をする予定です。

家吞み安兵衛さんへ・・・レモンサワーで「陽見酒」とは洒落てます。もちろんホステス付きです。
 私は毎晩「夢見酒」です。果たして夢とは実現するものでしょうか。実は私には果たしたい夢がいろいろあるのです。
 暑いので日中は水分補給をお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やみつきに ならない程度に 食べてみる | トップページ | 車間距離 守ればずっと 余裕出る  »

カテゴリー