« 来年は 地上の楽園 ユリの花  | トップページ | 枝ぶりが 小さいながらに 風流だ »

2021年7月 2日 (金)

驚愕!! 為替レートが 111円台   

Img_2170

 インドのみならず世界中でコロナ禍が再度 感染拡大を見せる中、それとは反比例する形にある米国経済ではダウが34000ドル後半へ、また、ナスダックは1万4000台の後半へと、更に誠に暫くぶりに為替レートは驚きの1ドル=111円後半へと向かっています。これに伴い、国内経済においては、輸出関連企業を中心に順調な方向にあります。

 この原因について考えられることの一つに世界中で大量に使用されてるコロナワクチンが未曾有の売れ行きを示していることにあるかもしれません。

 しかし、現実には、この株価上昇とは裏腹に国内においは、非正規雇用、一人親家庭、学生・若者、高齢者などを中心に、収入の低迷が続き、出口の見えないコロナ禍にあって、更に身動きできない多くの国民生活は経済的に、精神的に疲弊しています。

 経済とは、このように株価が上昇し、為替レートが円安傾向にある一方、多くの国民の経済はその恩恵に浴せず、逆に低迷へと向かうため、ここに経済的格差が生じると考えられます。

 As the Covid19 epidemic spreads again not only in India but around the world including Tokyo, the Dow Jones Industrial Average raised to the latter half of $ 34,000 and the Nasdaq will move to the latter half of 14,000 units in the US economy, which is in inverse proportion to the pandemic. And for the first time, the exchange rate is heading toward the surprising 1 dollar = the latter half of 111 yen. Along with this, the domestic economy is in a favorable direction which is centered on export-related companies.

 One of the possible causes may be considered that the covid19 vaccine which is used in large quantities  around the world, is showing unprecedented sales.

 However, in reality, contrary to this rise in stock prices, domestic stagnation continues to be sluggish mainly for non-regular employment, single-parent families, students, young people, elderly people, etc. Moreover, many immobile people's lives are economically and mentally exhausted.

 While the economy is in the direction of rising stock prices and depreciation of the yen, the economies of many people do not enjoy the benefits. On the contrary, they are heading toward a slump, and it is thought that economic disparity will occur here.

※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/

   

|

« 来年は 地上の楽園 ユリの花  | トップページ | 枝ぶりが 小さいながらに 風流だ »

私の経済展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年は 地上の楽園 ユリの花  | トップページ | 枝ぶりが 小さいながらに 風流だ »