« 先陣を 切るように咲く 四輪の花 | トップページ | 夏休み 泳いで溺れた 烏川   »

2021年7月21日 (水)

倉賀野の 往時を偲び ウォーキング

Img_2215_20210721152401
【拡大してご覧ください。】
 
 私が生まれた家は大変に古く、上の図の中に書いてあります。本陣のすぐ北にある道の角の家です。
 
 江戸時代の倉賀野には本通りから倉賀野河岸へ通じる2本の道があり、1本は横町の通り、もう1本が田屋町の通りです。河岸に荷揚げされた江戸からの塩や海産物は牛の背で河岸道を200mほど行き、二股に分かれた左の道である「牛街道」を通過し、信州へと運ばれました。
 
 一方、上信越諸藩の米は馬の背で本陣【現・クスリの青木】西を入る「馬街道」から河岸まで運ばれ、高瀬舟によって江戸まで運ばれました。
 
 昨日、私は午後4時から、これらの歴史的街道をウォーキングして通過し、往時の光景を偲びつつ、賑やかであった江戸時代の倉賀野に想いを馳せました。
 
 The house where I was born is very old and is shown in the figure above. It is my house on the corner of the road just north of the main camp.  

 I was born in Kuragano. In Kuragano during the Edo period, there are two roads leading from the main street to the Kuragano riverbank, one is Yokomachi street and the other is Tayacho street. The salt and marine products unloaded from the ship on the riverbank went along the riverbank road for about 200m by the cow, passed through the bifurcated left road named "Ushikaido", and were carried to Nagano prefecture.
 
 On the other hand, the rice of the Gumma, Nagano, Niigata named Joshinetsu feudal clan was carried on the back of a horse from the "horse road" in the west of the main camp [currently Aoki of medicine] to the riverbank, and was carried to Edo by Takase-Ship.
 
 Yesterday, I walked through these historic roads from 4 pm, remembering the sights of the past, and thinking of the lively Kuragano during Edo period.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

|

« 先陣を 切るように咲く 四輪の花 | トップページ | 夏休み 泳いで溺れた 烏川   »

倉賀野の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先陣を 切るように咲く 四輪の花 | トップページ | 夏休み 泳いで溺れた 烏川   »