« 太陽の 西にふたご座 大暑の日  | トップページ | 見る人の 心まで大きく する花よ »

2021年7月23日 (金)

サルスベリ 日中友好 懸け橋樹木

Img_2224
 
 私の家のシンボルツリー「サルスベリ」が東京オリンピックの開幕を祝うかの如く、今朝2分咲きになりました。豊かに枝を四方に伸ばし、大きな日陰を作ります。一般的にサルスベリは枝が切られてしまいますが、このように自然に任せると南国の樹木のようになります。これはサルスベリの原産地が中国南部の北回帰線付近であることに由来するからでしょう。
 
 樹木の成長に伴って古い樹皮が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れ始めています。今がその季節です。見た目にはつるつるして正に猿が滑りそうです。私の推測では1500年前頃の渡来人によって日本に持ち込まれたのではないでしょうか。これから約100日間、毎日楽しめるのですから、心より先人に感謝です。
 
 As if celebrating the opening of the Tokyo Olympic Games, the symbol tree "Crape myrtle" in my garden has bloomed for 20 percentage this morning. The branches are abundantly extended in all directions to create a large shade. Generally, the branches of crape myrtle are cut off, but if we leave it naturally like this, it will look like a tropical tree. This is probably because the origin of crape myrtle is near the Tropic of Cancer in southern China.
  
 As the tree grows, the old bark is peeling off and new smooth-feeling bark is beginning to appear on the surface. Now is its season. It looks so slippery that the monkey seems to slip. In fact, the monkey doesn't slip. The crape myrtle was brought to Japan by the Chinese migrant around 1500 years ago I guess. I am very grateful that we Japanese can enjoy it every day during about one hundred days.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

|

« 太陽の 西にふたご座 大暑の日  | トップページ | 見る人の 心まで大きく する花よ »

日中友好」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽の 西にふたご座 大暑の日  | トップページ | 見る人の 心まで大きく する花よ »