« 夏惜しむ 最後の力 振り絞り  | トップページ | 人避ける ご時世などは 頂けない »

2021年8月25日 (水)

ふんわりと 南国特有な 雰囲気で

Img_2293_20210825070601
【拡大してご覧ください。 Please enlarge the image.
 
 今を盛りにたくさんに咲いてます。多くの場合、サルスベリは咲き終わると、毎年、枝が切り落とされがちですが、私はこの樹木の特性を生かし、南国の雰囲気が出るように枝を横に広げて、日陰がたくさんできるようにしています。
 
 毎年、剪定すると新たな枝が桑のように長くなってしまいます。場所によってはそうすることも必要ですが、可能であれば自然に育てると枝がふんわりした樹形になります。
 
 私の知る限り、我が倉賀野町で最も大きく成長しています。これからも小さい蟻対策と、水を与えて生命力に満ちたサルスベリに育てたいです。
 
For my dear overseas friends.
 
 The blooming is in her best now. In many cases, the branches of crape myrtle tend to be cut off every year after they have finished blooming, but I take advantage of the characteristics of this tree and spread the branches sideways to create a tropical atmosphere so that there is a lot of shade.
 
 If pruning every year, newly born branches grow like mulberry. It may be necessary in some places, but if possible, we would like to grow naturally to create a tree with fluffy branches.
  
 As far as I know, it became the largest crape myrtle in my Kuragano-town. I would like to take measures against small red ants that make their nest inside the trunk and give water to grow crape myrtle full of vitality.
 

|

« 夏惜しむ 最後の力 振り絞り  | トップページ | 人避ける ご時世などは 頂けない »

害虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏惜しむ 最後の力 振り絞り  | トップページ | 人避ける ご時世などは 頂けない »