« コンビニの 女性スタッフと ヒンズー語で | トップページ | 陽の目を見なかった 音楽による国際交流 »

2021年8月22日 (日)

記憶力 実際使って 定着させる

Img_2301

 年々、高齢になると記憶力の減退は避けられなくとも、如何に、いつまでも効果的に物事を記憶でき、それが確実に脳に定着するか、いつもその方法を見つけ出そうとしてる私がいます。実はこれが、2025年には5人に1人が罹るといわれる認知症【厚労省試算】を未然に防ぐ一つの対策かもしれません。

 新たに遭遇した漢字と英単語については読めればいいのでなく、その都度、必ずノートに意味と発音記号を書くようにしてます。この作業は第一に目を使ってます。そして指先を使っているので、五感のうち視覚と触覚の二つを使い、更に発音すると結果的に口による触覚と共に、耳でそれを聴いてるので聴覚でも捉え、より脳に定着する可能性が高くなるのではないでしょうか。

 私たちは歌を歌うといつの間にか覚えてしまう体験を持ってます。これも口の触覚、そして自ら聴いているので聴覚から覚え、しかも、繰り返し歌うと、記憶はより確実で、かつ鮮明になり、自然に口から出て来るようになります。

 漢字や英単語の場合では、単一で記憶するより、熟語として、あるいは他のことばと関連させ、例文の中で覚えると定着度が高まると考えられます。

 このように一つの方法でなく五感を総動員させると、記憶力はより高まると考えられますが、最も効果的なことは「実際にその言葉を使うこと」ではないでしょうか。私は主に英作文に使ってます。

 Year after year, even though it is inevitable that we will get older, I am always trying to find a way to memorize things effectively and to ensure that they settle in my brain. In fact, this may be a countermeasure to prevent senile dementia [estimated by the Ministry of Health, Labor and Welfare], which is said 1 in 5 people will suffer in 2025.

 It is not enough to read the newly encountered kanji and English words, but always write the meaning and phonetic symbols in the notebook each time. This work uses our eyes primarily. And since we use the fingertips, we use two of the five senses, visual and tactile, and when we pronounce it, we hear it with our ears as well as with the tactile sensation of our mouth. It will be expected to be more reliable.

 We have the experience of remembering when we sing a song. This is also the tactile sensation of the mouth, and since we listen to it, we memorizse it by hearing, and when singing it repeatedly, our memory becomes more firmly established and it comes out of our mouth naturally.

 In the case of kanji and English words, it is thought that the degree of fixation will increase if we memorize them as idioms or in relation to other words rather than memorizing them individually.

 Mobilizing all five senses instead of one sense method is thought to improve memory, but more than that, the most effective way is to actually use the word I guess. In my case, what I actually use means to use it for English composition.

 

|

« コンビニの 女性スタッフと ヒンズー語で | トップページ | 陽の目を見なかった 音楽による国際交流 »

早朝の時間帯」カテゴリの記事

コメント

 新たなことを知る、触れることが、それまでの関連の記憶を呼び起こし、記憶定着と広がりの一助になるような気がします。
 「親を失い、かてて加えて病の床に臥すという不運続きで・・・」という文に出会いました。「かてて加えて」という語に初めて出会いました。誤植かと思いました。辞書に意味が載っていました。「かてて加えて」は、よくないことが重なるときに使う。
コロナ禍で困窮している時に、「かてて加えて」、大雨による度重なる被害。「泣き面に蜂」「弱り目に祟り目」「踏んだり蹴ったり」という意味に近い。
言葉を矯めつ眇めつ眺め、言葉に対するこだわり、繊細な感覚を以て、記憶力を若返らしたい。

投稿: 揚言 | 2021年8月22日 (日) 11時13分

揚言さんへ・・・昨日はご心配をかけしました。やはり、一杯飲んでから書くと支離滅裂になるので、昨晩の文については、早朝になって余分なことを取り除き、思い切り推敲しました。
 そして、その後、今日の分も書いたので頭とパソコンが少し変になりました。認知症になると言葉の数が減るそうなので、その点からも言葉の学びほど大切なことはありません。
 それにしても、某所についての情報は何かないでしょうか。
 家で勉強ばかり【?】では若い青年の気持ちを持ってる者にとっては、精神生活に支障をきたします。早く、解放させてやりたい。

投稿: カッキー | 2021年8月22日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンビニの 女性スタッフと ヒンズー語で | トップページ | 陽の目を見なかった 音楽による国際交流 »