« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

秋本番 朝から除草 汗びっしょり

Img_2440

【集めた草・・・これでもまだ半分】

 私の庭は、亡父が前回の東京オリンピックの前年(1963年)に購入し、当時は1坪6000円ほどの安さのため170坪ほどの広さでした。周囲が水田でも、たまたま私の土地だけが畑でした。このため地盤はしっかりしてます。場所によっては天明3年の浅間の大噴火による灰を集めたいわゆる灰塚の層があります。近年、私が地続きの東隣の土地を少々購入したので、全体の土地面積は200坪ほどの広さがあります。

 私が考える理想の住まい環境は樹木に覆われた森の中で暮らすことです。しかも、樹木はすべて花が咲くものにしてあり、2月の花梅に始まり、現在でも大きな百日紅が咲いてます。おそらく10月上旬まで、文字通り100日間咲くでしょう。

 一般家庭として、庭が広いと7月から9月にかけては庭の隅々まで草が繁茂します。でも、私は自然でよいと考えます。一般的に、人間は各種の草を雑草と呼び、嫌うものですが、よく観察すると、どの草も花が咲き、虫によって授粉し、光合成によって私たちの生命維持に欠くべからざる酸素を生じ、スズムシやコオロギが一晩中、心休まる虫の音を聞かせてくれ、晩夏から秋にかけて滝廉太郎作詞作曲の「秋の月」に似た、しみじみした気持ちになります。

 それにしても、大量の草は季節的に今ではほぼ成長が止まり、丁度、今日は9月最後の日なので、珍しく私は早朝から意気込んで草刈りに励みました。一人暮らしゆえ、手伝ってくれる人はいません。その間に地区のラジオ体操会に参加し、朝食を作り、その後、ごみ収集車が来る日なので、車に草を詰め込んで一人暮らしの女性宅のゴミも収集し、指定収集所にすべて運びました。もちろん、毎朝行ってる地元・倉賀野小の児童が家の前を通過するので、8時前に彼らの校歌を演奏しました。

 写真の草は今朝運びましたが、裏庭にはほぼ同量の草がすでに刈ってあり、こちらは次回のゴミ収集日に出す予定です。私としては、草刈りでは、如何にして腰を痛めないか工夫してます。

 その第一は「前屈みになって物を持ち上げないこと」です。腰痛は癖になるので気をつけてます。その第二は「尻を突き出す姿勢で、膝を曲げます。」その第三は「猫背で物を持ち上げないこと」です。その第四は、二本の足を平行にせず「どちらかの足を前に出します。」

 昨日、菅総裁が退陣のスピーチで総理として在任中「緑について取り組み、一定の成果が出た。」と話されことが私には印象に残りました。気候変動が叫ばれ、この地球環境を守ることこそ政治家が取り組まなければならない大きな課題です。

 かけがえのない地球環境こそ私たちは子々孫々が平和に健康に暮らせるために残さなければなりません。なるべく庭をコンクリートにせず、植物を植え、虫が多く棲める庭作りこそ人間を含めた全生物にとって大切なことはありません。こんなことから、我が家でコンクリートを使ってるのは家の土台のみで、あとはすべて土のままです。明日から、また、スズムシなどがかわいそうでも、草むしりを続け、一部の草は残します。

   

| | コメント (2)

2021年9月29日 (水)

花たちも 最後の力 ふり絞り

Img_2433 Img_2435
 
 黄色の花は今回がおそらく今年最後の開花となるハイビスカスです。初夏から長い間たくさん咲いたので十分に楽しめました。この植物は寒さに弱いので、冬季は室内の日当たりの良い所において育てます。ハイビスカスの原産地はハワイやインド洋に浮かぶ「マスカレン諸島」といわれ、日本の冬には耐えられません。
 
 一方、右の小さいピンクの花のように見えるのは実で、自然に生えた「マユミ」です。庭には大きな「マユミ」があるので、その子供と考えられます。ところで、今年もあと94日ですから、だんだん気忙しくなってきました。最後の力を振り絞って咲いてる花に負けぬよう、私たちも三密を避け、コロナ禍に打ち勝ちましょう。
 
Dear my overseas friends such as in New Zealand, United States, Philippines, India and European nations.
 The yellow flower is the hibiscus which is probably the last flowering in this year. It has bloomed a lot for a long time since early summer, so I enjoyed it enough. This plant is vulnerable to cold, so I will raise it indoors in a sunny place during winter season. The origin of hibiscus is said to be the "Mascarene Islands" in the Indian Ocean and Hawaii, so that she is unbearable during winter in Japan.
 
 On the other hand,  "Mayumi" on the right is Japanese spindle tree that looks like pink flowers is seeds in fact. She grows naturally. There is an another large "Mayumi" in the garden, so it is considered to be the child. Not change the subject, but It's 94 days left this year, so we are getting busy. Let us overcome the Covid-19 wreck by avoiding three Cs, so as not to lose to the blooming flowers with the last power.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
 

| | コメント (2)

2021年9月28日 (火)

中山道の読みについて・・・上毛新聞「ひろば」より

Img_4211

 今日の群馬県地方紙・上毛新聞の「ひろば」に、このブログのコメンテーターである「時計屋の隣」さんの投稿文が掲載されました。私はこれを吉井ドリームセンターの休憩室で知り、驚いて読みました。誠におめでとうございます。

 いつもコメントでお世話になっていることからブログでも取り上げ、広く群馬県以外の方々にもお読みいただきたいと思います。以下は彼の投稿文です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 言い慣れた「中山道」の読み方に、ちょっとした好奇心を持った。「山」を「セン」と読ませているところだ。

 「山」の音読みは漢音の「サン」が一般的。「セン」は漢音より早く日本に入った呉音で、仏教関係の語に多い。由緒ある歴史と物語を感じさせる読み方だ。他に「セン」と読む語で思いつくのは、鳥取県の「大山」(だいせん)や仏教で世界の中心にあるとされる「須弥山」(しゅみせん)くらいだ。

 「中山道」の「中」は中央、「山道」は文字通り山道の意だ。全体で中央部山脈の間を貫通する街道という意味になる。「山」を「セン」と読むのはなぜだろう。広辞苑で「せんどう」を引くと「せんどう【山道】」と言う見出し語が載っていて「山道に通ずる道」とあり、「仙道」とも書いて「中山道」の略とあった。「山道」に「せんどう」という言い方があるのを知ってうなずけた。

 上毛かるたは「中仙道しのぶ安中杉並木」とある。江戸時代には中仙道と中山道の両方の表記があったが、正徳6(1716)年4月、新井白石の意見を入れた江戸幕府の通達で、中山道に統一されたようだ。「中仙道」の字面にはゆかしさがあっただけに捨て難い。

| | コメント (2)

今もなお 風格漂う 古民家あり

Img_2388
 
 倉賀野町の旧中山道沿いに、推定築100年ほどの芸術的な一軒の古民家が今なお揺るぎない風格で佇んでます。私が子供のころは米屋であったと記憶してますが、現在、もしかして空き家かもしれません。というのはいつもカーテンが締まり、人が出入りする姿を見ることがないからです。
 
 それにしても、本格的な瓦屋根がずいぶん広く、二階も部屋数が多いと想像できます。これだけ保存状態がよいのは、きっと管理してる人がいるのでしょう。亡き母の話では、この家の人は戦前に甲子園に出場したと聞きました。
 
Dear my overseas friends
 Along the old Japan National Route 17 in my Kuragano-Town, an artistic old folk house which is estimated to be about 100 years old, still stands in an unshaken style. I remember being a rice shop when I was a child, but now it may be a vacant house. Because the curtains are always closed and I have never seen people coming and going.
 
 Even so, I can imagine that the roof is quite wide and the second floor is also large. I'm sure there are people who manage this good preservation. According to my late mother, I heard that the person in this family had participated in Koshien stadium as a baseball player of Takasaki High School of commerce before the World War Ⅱ.
 

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

午前中 秋の陽射しを浴びて 10Kウォーキング

Img_2421

【高崎~藤岡間の新鏑川橋への幅広い歩道・・・写真を拡大すると歩きたくなるでしょう。】

 鏑川に架かる新鏑川橋が建設されて丁度1年が経過します。私は時折、吉井ドリームセンターへ車で行くとき、素晴らしい路面で景色がよいこの橋を経由して行くと空いてて、とても快適なドライブです。

 気候が温暖となった今日の午前中、何となく体を動かしたくなり、思い切って10Kウォーキングに挑みました。午前9時30分頃、倉賀野の家を出発し、倉賀野~阿久津間の共栄橋を渡り始めたら、体が燃焼し始めたのでしょうか、暑くて長袖を捲り、その後、長い土手を通過し、新幹線のガード下を潜り抜け、山名町の田んぼに入りました。

 この辺一帯はハウスによるトマト栽培が盛んです。季節に関係せず作付けしていることから、ハウス内には比較的小さな苗が見えました。おそらく、年末から正月にかけて出荷するものでしょう。温度を調節したり、換気をしている様子を見学しつつ、西に南八幡小学校を見て目指すは最近の技術の粋を集めて建設された新鏑川橋への歩きやすい歩道です。

 歩道と言っても、車が通過できるほどの幅の広さです。ウォーキングは環境がよいと歩きやすく安全なことから、そのつもりがなくても自然とスピードがアップします。ここは見渡す限りの田んぼの中です。

 ところで、人間の心臓と肺は休みなく活動し、これによって私たちの生命は維持されてます。安静時の脈拍は1分間に70回前後で、1日は1440分ですから、1日に10万回ほど動き、血液を循環させてます。因みに呼吸回数は安静時1分間に18回前後なので1日に2万5千回ほどです。つまり、概算では1回呼吸するうちに心臓は4回ほど動きます。

 ですから、心肺については平素から労わったり、また、一定の負荷をかける起爆剤としての運動は不可欠と考えてます。ウォーキング中、時々はこのことを意識し、鼻呼吸を心がけ、息をしっかり吐き、胸が膨らむように新たな酸素を吸い込みます。

 これによって心肺機能は充実し、自分の体が機械のように感じられます。同時に、全身の筋肉の7割が集中してると言われる足腰は、一般的には筋肉が衰えやすいと考えられるので、年齢を重ねでも決して筋肉を落とすことはできません。筋肉とは、年齢に関係なく使えば増えると言われてます。

 このため、ウォーキングはもとにより、最近の私は庭の太い樹木を使って毎朝「テッポウ20回」を心がけてます。実は、昨日、ある用事で高崎に行ったとき、初めてお会いした方が「ずいぶん上半身がしっかりしてますね。」と普段、言われたことがないことを初めて言われました。透かさず、毎朝「テッポウ」をしてます。」と応えたところ、その人は珍しそうな顔をしてました。

 高齢になるほど日々、私たちは適度な運動を心がけ、大切なことはそれに見合った栄養を摂取することではないでしょうか。このバランスが肝心で、どうしても栄養のみが超過しやすい傾向にあります。

 なお、近年、私は早朝にトマトジュース【抗酸化作用】を飲んでます。その他、牛乳【筋トレやウォーキング後の筋肉づくり】、豆乳【早朝の抗酸化作用】、ニンジンジュース【早朝の抗酸化作用】、コーンスープ【大腸を整える食物繊維】など飲んでます。

 

| | コメント (0)

山頂から 景色眺める 牛の像

P1060101_20210927041501
 
 さて、本物と同じほど大きなこの牛の像はどこにあるでしょう。私は時折ここへウォーキングに行くので、すでに幾度もこの牛に会ってます。ご覧の通り、立ち姿ではなく道端にずっと伏せたままです。しかも、遠方を見ている様子です。見ている方向は高崎市街地や前橋市街地方面です。ということは、高い位置から眺めています。
 
 答え・・・この牛の像は吉井町の景色が最高の牛伏山山頂【標高491m】にあります。元々、この山自体の名が牛が伏せた姿に似ていることから「牛伏山」と言われてます。牛伏山山頂で牛が伏せてるこの作品は顔の表情をはじめとして、ゆったりした大きな体つきもよく表現されてます。
 
 この山はこれから秋のシーズンに紅葉もお勧めです。広い山頂を歩いた後に麓の吉井ドリームセンターで入浴ができます。
 
Dear my overseas friends
 Now, tell me the place of this bull statue as big as the real bull. I have met this bull many times already because I go walking here from time to time. As you can see, he is lying down on the side of the road instead of standing. Moreover, he looks like he is looking far away. The direction he is looking at is toward Takasaki city area and Maebashi city area. That means he is looking at it from a high position.
 
 Answer ... This bull statue is located at the summit of Mt. Ushibuse [491m in altitude] in Yoshii Town, which has the best scenery. Originally, the name of this mountain itself resembles a bull lying down, so it is called "Ushibuseyama". Even so, this work often expresses a huge body as well as facial expressions.
 
 Autumn leaves are also recommended for this mountain in the coming autumn season. You can also take a bath at the Yoshii Dream Center at the foot of this mountain after walking on the wide mountaintop.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
 

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

荒海を 進むか如く 荒船山

Photo_20210926051601
【写真拡大すると臨場感が出ます。】
 Enlarge the image and you will feel such a sense of presence as if you are really near the mountain.
 
 群馬県高崎市から西南に見えるテーブルマウンテン・荒船山(1423m)はその名の通り、頂上付近が広く平らです。恰も荒海を進む大船の姿です。この平らな頂上の端から端までは林の平原で、まさに高天原です。
 
 私は数年前にこの平原を5羽のレース鳩を入れた籠を持って歩いたら約1時間かかりました。また、周囲は推定200mほどの切り立った断崖絶壁で、先史時代に周囲が陥没し、硬い岩盤のみが残ったと推測できます。もちろん、崖の上に柵はないので、誠に危険で時々、転落事故が起こります。
 
 荒船山は私の家から直線距離で50Kほど離れてます。北海道から帰還を目指すレース鳩にとっては、この距離はお茶の子さいさいですが、それでも、猛禽類を避けるため、地上から1000m以上の山岳地帯を飛ぶので理想的な訓練になりました。鳩はみな私の鳩舎に戻りました。
 

Dear my overseas friends
 As the name suggests, Table Mountain Mt. Arafune (1423m) which can be seen in the southwestern direction from Takasaki City, Gumma Prefecture, Japan, is wide and flat on the summit. The scenery is like an appearance of a big ship traveling in the rough ocean. From end to end of this flat summit is the plain of woods which is exactly the dwelling place of the gods in Japanese mythology.
 
 It took me about an hour to walk through this plain a few years ago with a basket of five racing pigeons. In addition, the surrounding area is an estimated 200m steep cliff. Therefore it can be inferred that the surrounding area collapsed in prehistoric times, leaving only hard rock. Of course, there are no fences on the cliffs, so it's really dangerous so that sometimes accidents occurred to fall.
 
 Mt. Arafune is about 50km in a straight line from my house in Kuragano-town. For racing pigeons aiming to return from Hokkaido, this distance is very easy to return, but even so, it was an ideal training to fly more than 1000m higher altitude than the plain because they fly in severe mountainous areas avoiding raptors. All the pigeons have returned to my pigeon loft.
 
23593412_1403879036401825_90281292458572
【榛名山系・・・水沢山】・・・拡大してください。後方の景色は渋川市付近です。
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
 

| | コメント (2)

2021年9月25日 (土)

倉賀野の 古墳群には 目を見張る

Img_2372_20210925041001
Img_2371-2Img_2386-2
 
 我が故郷・倉賀野町の南西部には大鶴巻古墳(上)と小鶴巻古墳(左下)が右下の図のように近くに並んであります。いずれも前方後円墳で、作られたのはいわゆる古墳時代で5~6世紀と推測されます。
 
 特に大鶴巻古墳の全長は123mという巨大なもので、ご覧の通り、平坦地に土を二段にして盛り上げられています。高さは10mほどです。頂上には現在アカシアの木が植えられ、そばで見るといずれも巨木化しています。
 
 この古墳群の北西の直線距離300mほどの所に、もう一基かなり巨大な浅間山(せんげんやま)古墳があります。こちらはあまり整備されてませんが、中仙道沿いにあり、私は近いうちに登って探検するつもりです。
 
Dear my overseas friends
The Ohzurumaki burial mound (top in Photo) and the Kozurumaki burial mound (lower left) are lined up nearby in the southwestern part of my hometown, Kuragano-town, in Gumma prefecture, Japan, as shown in the lower right figure. Both are an ancient burial mound that is square in the front and round in the back, and it is estimated that they were made so-called in the Kofun period in the 5th to 6th centuries.
 
 In particular, the total length of the Ohzurumaki burial mound is a huge 123m, and as you can see, the soil is piled up in two steps on a flat land. The height is about 10m. Currently, acacia trees are planted on the summit, and when I look at them at the summit, they are all huge trees.
 
 There is another fairly huge Sengenyama tumulus at a straight line distance of about 300m northwest of this tumulus group. This is not well maintained, but situated near Nakasendo that means ancient national road between Kyoto and Edo. I will soon climb to the top to explore.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
  

| | コメント (4)

2021年9月24日 (金)

電話での 巧妙な罠に 気をつけよう 

Img_2402-2
 
 「秋分の日」が過ぎた今日【9月24日】の日の出時刻は5時33分で、日の入り時刻は17時38分【群馬県】です。つまり昼の時間が12時間05分で、まだ、昼の時間が夜の時間より長いです。これは日の出と日の入りの定義に因ります。
 
 ところで、今の季節は蜘蛛の巣があちこちに見られ、空中を飛ぶ虫などが蜘蛛の餌食になってます。
 
 人間社会においても、同様のことが起こりえます。私たちは一見平和な世の中に暮らしていても、オレオレ詐欺や還付金詐欺などをはじめとして、危険な罠はあちこちに潜んでいるので行動には十分に注意して世間を渡らなくてはなりません。
 
Dear my overseas friends
 Though today [September 24] when "Autumn Equinox Day" has passed yesterday in Northern Hemisphere, the sunrise time is 5:33 and the sunset time is 17:38 [Gumma Prefecture, Japan]. In other words, the daytime is 12 hours and 05 minutes, so that the daytime is still longer than the nighttime. This is due to the definition of sunrise and sunset.
 
 By the way, spider webs can be seen here and there this season, and insects flying in the air are prey to spiders.
 
 The same possibility can happen in our human society. Even though we live in a seemingly peaceful world, dangerous traps involving that phone scam pretending to be a family member, or refund fraud, lie here and there, so we must be very careful in our actions when we cross the world.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
 

| | コメント (0)

秋分に 真東に昇る 日の出見る

Img_2414
 
 私の家は昔ながらの瓦屋根の日本家屋で見かけ上は二階ですが、屋根が大きいので天井裏も内装しました。ですから、ここはロフトです。このため、ブログのタイトルはPersimmon Marsh Loftです。つまり、訳せば柿沼屋根裏部屋です。
 
 一方、Loftにはもう一つ意味があり、それは鳩舎ということです。半世紀以上に亘りレース鳩を飼育し、ブログ内容の大半は北海道から帰還させる鳩飼育法の研究でした。しかし、一人暮らしゆえ、鳩に餌を与えるより、自分の食事の方が大切になり、3年前に鳩の飼育を終え、現在は他のことに夢中です。写真は三階のロフトの窓から撮った「秋分の日」の日の出です。
 
Dear my overseas friends 
 My house is a traditional Japanese house with a tiled roof which is apparently two stories, but because the roof is large, the attic was also decorated by a carpenter, and this is a so-called loft. For this reason, the title of my blog is Persimmon Marsh Loft. In other words, it is Kakinuma attic.
 
 On the other hand, as you know, the word of loft has another meaning, it's a pigeon's house. I have been breeding racing pigeons for more than half a century, and most of the content of the blog was research on breeding methods to be returned from Hokkaido. However, because I live alone, my diet is more important than feeding pigeons, so that I finished raising pigeons three years ago and am now crazy about other things. What do you suppose it? The photo is the sunrise on the autumnal equinox day taken from the loft window on the third floor.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

太陽は 乙女座の 秋分点に

120841252_3225063094283401_6086644836546

【乙女座と、地球から見た今日の太陽は最も右に】

 私たちはカレンダーにより、今日は秋分の日であると知りますが、そのカレンダーは何からできてるかといえば、天体の動きを基にしてます。

 北極星側から見て、地球は反時計回りに秒速約29㎞の速度で公転してることにより、太陽の背景にある黄道12星座は西から東へ日々、移動してるように見えます。太陽が到着する星座により、二十四節気が決まります。

 上の図で右の太陽が秋分点の位置【赤経12h丁度】であり、天の赤道上にあります。地球が反時計回りに公転してることから、約2週間後の「寒露」の太陽は中央【赤経13h】に、そのまた約2週間後の「霜降」の太陽の位置はその左【赤経14h】へと移動してるように見えます。

 今日・秋分の日の太陽は真東から上り、赤道上を通過し、真西に沈みます。これは世界のどの地点から見ても同様です。

 秋分の日の昼と夜の時間はほぼ同じですが、厳密には、昼の方が少し長いです。これは日の出の定義が太陽の頭が出た瞬間であり、日没の定義も太陽がすべて沈んだ瞬間であるからです。もし、太陽の中心部で日の出と日没とすると昼と夜の時間が同じです。また、光は屈折することから、実際は日の出少々前から、また、日没後も少々太陽光が見えます。このため、実際には9月26日頃が昼と夜の時間が同じになります。

 一方、秋分の日【春分の日も同様】に、 北極点や南極点では一日中、太陽は水平線または地平線に顔半分を出してる状態でも、太陽の進行方向は逆です。北極点での太陽は東~南~西~北の順で水平線をぐるっと移動します。しかし、南極点で太陽は東~北~西~南の順に地平線に半分顔を出したままでぐるっと回り、北半球では考えられない動きです。太陽が昇りもせず、沈みもせずの日です。

 ところで、今日の太陽がある秋分点の反対側は「魚座」のすぐ下にある春分点【0h】です。天の位置を示す赤緯は地球の緯度に相当しますが、北半球上空には+をつけ、南半球上空には-をつけます。一方の赤経は春分点が基準となり、地上のように東経や西経はなく、その代わり、春分点から東へ一周24hに分かれます。hの下の単位はm、sです。

 なお、秋分の日の太陽の背景にある「乙女座」の最も明るい星「スピカ」は唯一黄道上にある一等星として有名です。しかし、今の季節には見えません。春分の日の深夜0時に真南より、ほんの少し東寄りに輝きます。

 

| | コメント (6)

2021年9月22日 (水)

性格は 地味でも車は 目立ちがりや

16486976_1139817392807992_82827395950601
 
 懐かしい写真を一枚載せます。県立前橋高校勤務時代に乗っていた愛車「いすゞ117クーペ」です。顔つきは今より真面目そうですが、こんな車に乗っていたことから保護者の母親には私は遊び人と思われていたらしいです。
 
 でも、この車のお陰で、毎日の通勤が楽しくて仕方ありませんでした。私は芸術科の教員でしたから、性格は真面目でも、見た目は色彩的に多少派手の方がよいとも思いました。人の中にはあれでも先生かと言った人もいました。
 
Dear my overseas friends 
 I show you one of my nostalgic photo. This car is "Isuzu 117 Coupe" which I used to drive when I was working at Gumma Prefectural Maebashi High School as a teacher. My face looked more serious than now, but it seems that student's mothers thought I was a playboy because I drove in a yellow car like this.
 
 But thanks to this sport car, I couldn't help but enjoy my daily commute. Since I was a teacher's member of the art subjects, I also thought that it would be better to look a little flashy in car's color though my personality is modest. Some people even said that "Is he a real teacher?"
 

| | コメント (0)

シャクナゲの 開花はひと時 世話年中

Img_2400-2
 
 明日は秋分の日ですが、半年後の春分の日以降に咲く日本シャクナゲの蕾が、ご覧の通り、すでに大きく成長しています。今春、このシャクナゲの花がブログのプロバイダーに取り上げられ、多くの方にご覧いただきました。花は白を基盤として薄いピンクで縁取られています。樹勢は健康なので数年後にはかなり大きな日本シャクナゲに成長しそうな予感がします。
 
 現在、蕾は15個程あり、このシャクナゲは群馬県嬬恋村にある「愛妻の丘」に群生してる品種と同じなので、ご利益があればいいのですが、果たしてどうでしょう。もともと日本シャクナゲは数少なく貴重なので大切に育てます。
 
Photo_20210922100501
【拡大してください。Enlarge the image please!】
 
Dear my overseas friends
Tomorrow is the autumnal equinox day throughout the world except for the southern Hemisphere, but as you can see, the buds of the Japanese rhododendron that bloom after the spring equinox day that is six months later, have already grown significantly. This spring, this rhododendron flower was picked up by a blog provider Nifty and was seen by many people. The flowers are white-based and bordered with a light pink. Since the trees are healthy, I feel that it is likely to grow into a fairly large Japanese rhododendron in a few years.
 
 Currently, there are about 15 buds, and this rhododendron is the same variety that grows in the "Aisai no Oka" that means "Hill of beloved wife" in Tsumagoi Village, Gumma Prefecture, Japan. Therefore I wish there was a benefit, but how about it? Originally, Japanese rhododendrons are rare and valuable. So I raise it carefully.
 

| | コメント (2)

2021年9月21日 (火)

今宵こそ 浮いてる地球 感ずるチャンス 


Photo_20210921153801
 
 皆さん、今宵の月はほぼ満月で美しいです。遠い宇宙から見ると、今宵は太陽~地球~月が一直線に並んでます。
 
 ところで、地球から月までの距離は約38万Kmに対して、地球から太陽までは約1億5千万Km(AU1)=1天文単位あるので距離の割合は約400倍です。一方、偶然にも、太陽の直径は月の400倍あります。つまり、宇宙空間に相似形ができるので、地球から見た場合、太陽も月も見かけ上、ほぼ同じ大きさに見える理由がここにあります。
 
 今宵、中秋の名月を眺めつつ、私たちも宇宙空間に浮いてることを実感できたら素晴らしいです。今日は旧暦の8月15日です。この日は毎年必ず仏滅です。しかし、翌日は毎年必ず大安なので、夢を持って生きましょう。
 

 Everyone, tonight's moon is almost a full moon and beautiful beyond description. If we see from a remote universe, the sun, the earth, and the moon are lined up in a straight line tonight.
 
 By the way, the distance between the moon and the earth is 380,000 km, while the distance between the sun and the earth is 150 million km, so that the ratio of the distance between the two is about 400 times. On the other hand, by chance, the diameter of the sun is 400 times than that of the moon. In other words, because a similitude are formed in the outer space in appearance, therefore the sun and the moon appear to be the same size when we see the both.
 
 Not change the subject, but I think it is marvelous, if you can realize that we are floating in the outer space, while looking at the splendid round moon tonight. Today is August 15th of the lunar calendar. Unfortunately, today is sure to be the Buddhist annihilation that means unlucky day every year. However, the next day is always the luckiest day, so let's live with a dream.
 

※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.August
→Go to homepage
 

| | コメント (2)

筋肉と 記憶力は 鍛えるもの 

Img_2396-2
  
 人間とは、その意志さえあれば心身ともに鍛錬できる場所は身近にあるようです。実は、倉賀野駅の北口には非常に長い階段があります。写真はその長い階段の半分が写ってるのみです。ここを機会ある度に通過するのと、通過しないのとでは年間に付く筋肉量が相当違ってくると考えられます。
 
 同様に記憶力も機会あるごとに取り組めば、年間では相当覚えられるのではないでしょうか。私が中学生のとき教わった今は亡き担任S先生の言葉が忘れられません。それは「人間の脳は使ったつもりでも未だほんの一部しか使ってない。これからも脳にはいくらでも入る。」というものです。私はこの教えを信じ、半世紀以上たった今でも英単語に挑んでます。これには生涯、取り組むかもしれません。
  
 If we have a will, human beings have places ready at hand where we can train both physically and mentally. In fact, there is a very long staircase at the north exit of Kuragano Station of Japan Railways. The photo shows only half of the long staircase. It is thought that the muscle mass will increase considerably from year to year depending on whether or not we pass through here every time we have the opportunity.
 
 Similarly, if we challenge the memory whenever we have the opportunity, we are able to memorize them considerably throughout the year. By the way, I can't forget the words of my late homeroom teacher named Sehiguchi when I was in junior high school student. He said, "Even though we intended to use the human's brain, we still use only a small part of it. we can continue to memorize as much as we want." I believe his teaching even now so that I still challenge English words after more than half a century since I was taught by him. This may be my lifelong effort.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年9月20日 (月)

全身の 鍛錬めざす ウォーキング 

Img_2329_20210920151501
 
 今日は午後4時過ぎから1時間30分程、ウォーキングします。できるだけ水辺の風か感じられる土手の上や、橋の上をコースとして選びます。喉が乾いたらザクロのジュースを飲みます。
 
 ウォーキングの目的は心肺機能の活性化と、いろいろ情報を得ること、夕食を前にして空腹にすることです。では行って参ります。
 
 Today I will walk for about 1 hour and 30 minutes after 4 pm. I will choose a course on the bank where I can feel the wind on the waterside or on the bridge as much as possible. When feeling thirsty, I drink pomegranate juice.
 
 The purpose of walking is activate cardiopulmonary function, getting a lot of information, and especially getting hungry before dinner. Now I go. 
 

| | コメント (2)

ブログでは 正確さこそ 基本の基

Img_2392
 
 半世紀以上前、この地に引っ越してきたとき亡父が植えた柿は昔は甘かったですが、年月が経ち過ぎたためか、近年は実が落ちてしまったり、実を食べても渋くなりました。このため、先日、私はご覧の新たな芽を2本残して太い幹を切りました。根は依然として四方八方に広がってることから、成長は早いと想われます。
 
 何せ、私の苗字は柿沼ですから、柿の木はなくてはなりません。ですから、ブログのタイトルもPersimmon Marsh Loftにしてあります。
 
 ところで、新たなパソコンには1週間経過してようやく慣れました。これからもない頭を振り絞り、取材をし、何より正確さを求め、体験を通じて肝心な発想力を高めたいと思います。
 
Dear my overseas friends
 The persimmon tree that my late father planted when we moved to this place more than half a century ago, was sweet in the past, but probably because the years have passed, the fruits have fallen in recent years, and even if I eat the fruits, it has become astringent. For this reason, the other day, I cut a thick trunk around ten centimeters in diameter, leaving two new shoots as you see in the photo. The roots are still spreading in all directions under the ground, so it seems to grow fast.
 
 After all, my surname is Kakinuma, so I have to have a persimmon tree. The title of my weblog is also "Persimmon Marsh Loft".
 
 By the way, I finally got used to the new computer after a week since I have purchased. I would like to continue to squeeze my head, to gather information materials, there is nothing importance than seeking accuracy, and improve my creativity through experience.
 

| | コメント (4)

2021年9月19日 (日)

久しぶり 台風一過で 自然の恵み


Photo_20210919053901
 
 今朝4時頃、窓を開けたら台風一過で空はきれいに晴れ上がり、懐かしい「冬のダイアモンド」が頭上から南東にかけて大きく広がってました。季節は移り変わり、有名なオリオン座など冬の星座が明け方に見えました。暫くぶりに今日は日中もよく晴れるでしょう。
 
 天体については、明後日21日が「中秋の名月」です。この日は旧暦で8月15日だから十五夜ともいわれます。しかし、日本で見える十五夜は本当に満月ではありません。左の方がまだ少し欠けてます。9時間ほど経つと本当に丸くなります。
 つまり、それはイギリスのグリニッチ天文台が21日の夕方になる時間帯です。日本でも22日午前3時頃には西の空に本当の満月で見えます。
 
 

Dear my overseas friends
 Around 4 o'clock this morning, when I opened the window, the sky cleared up beautifully because the typhoon has passed, and the nostalgic constellations named "Diamonds of Winter" spread widely from overhead to the southeast. I felt that the season has changed, and winter constellations such as the famous Orion were visible at dawn. It will be fine during the daytime after a long interval.
 
 As for celestial bodies, the day after tomorrow 21st is the "Mid-Autumn Moon" which is called also "Harvest Moon" or it is also called the 15th night, because this day is August 15th in the lunar calendar. However, it is not really the full moon in Japan. The left side of the moon is still a little missing. After about 9 hours, it really becomes round.
 
 In other words, it is the time when the Greenwich Observatory in UK will be on the evening of 21st. Even in Japan, we can see the real full moon in the western sky around 3 am on 22nd.
 
※この英文の発音を聞くには、英文をコピーし、右上のネイティブの発音で聴くに貼り付けてください。

 

| | コメント (2)

2021年9月18日 (土)

心も晴れず 雨天続きに 感染症

Img_2260
 
  最近は愛車に乗って出かけることがめっきり少なくなりました。理由は雨ばかり降っている昨今だからです。乗るのは週に1~2回です。行き先は日帰り温泉がほとんどです。
 
 ところが、私のお気に入りの榛東村にある「榛東温泉」はコロナ感染防止のため、村人以外は入浴させてくれません。厳しいですね。榛東村の人たちだって用事があれば私たちの高崎市に来ると思います。
 
 このため、昨日は吉井ドリームセンターへ、往きは中山峠経由で、帰路は山名の素晴らしい「新鏑川橋」経由でドライブしました。夜はお気に入りの小料理屋「バク」がやはりコロナで閉店中です。一体、私は何を喜びにしたらいいのでしょう。
 
Dear my overseas friends
 Recently, I have not opportunity to go out by my car. I ride once or twice a week due to raining all these days. Most of my destinations are day trip spas.
  
 However, in my favorite "Shinto Spa" at Shinto village near Mt. Haruna is not allowed to take a bath except for the villagers to prevent corona infection. It's extremely strict. I think the people of Shinto Village will come to our Takasaki City, if they have a business.
 
 For this reason, I drove to Yoshii Dream Center yesterday via Nakayama Pass and on the way back via Yamana-town's wonderful "Shin-kaburakawa Bridge". At night, my favorite small tavern named "Baku" is still closed due to covid-19. What on earth should I be pleased with?
 

| | コメント (0)

今チャンス エアコン止めて 換気して

Img_2368
 
 写真は近くの家にある石像です。家の手伝いをしながら、読書をしてる勤勉の見本のような二宮金次郎が、今の時代にいたら感染予防のため、このようにマスクして頑張るのでしょう。
 
 ところで、統計を見ると、コロナ禍は夏や冬に感染が多くなる傾向です。この原因は、私たちは涼しさを求めたり、温かさを求めてエアコンが効き、換気の悪い狭い部屋に多くの人と密集するからでしょう。
 
 いよいよ秋になります。新鮮な空気に溢れてる広い野山で自然を満喫しましょう。あるいは、これからの季節が感染症の蔓延防止のチャンスかもしれません。
 
Dear my overseas friends
 The photo indicates a stone statue in a nearby house. If Mr. Kinjiro Ninomiya who is like a diligent sample of reading while helping the housework. If he lives in this era, he will do his best with his mask to prevent infection.
 
 By the way, looking at the statistics, coronavirus infections tend to increase during summer and winter season. Perhaps the reason is that we seek coolness, warmth by air conditioning, and crowds with many people in narrow and poorly ventilated room.
 
 It's finally autumn in Japan. Let's enjoy nature in a wide field full of fresh air. If possible, the coming autumnal season may be an opportunity to prevent the spread of infectious diseases.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年9月17日 (金)

植物も 人間もある 狂い咲き

Img_2363-3
 
 シャクナゲの1本が季節でもないのに狂い咲きしています。花の形も何となく不自然です。これは西洋シャクナゲです。何が原因なのでしょう。元々、蕾の数が少ないので、今咲いてしまうと春の花がそれだけ少なくなります。原因はもしかして、8月中旬の長雨や、9月になっても連日うっとうしい天気なので、何かが狂って蕾が成長する前に咲いてしまったのでしょうか。
 
 他のシャクナゲは狂い咲きせず、順調に成長しています。人間の私も不自然な一人暮らしゆえ、時には変になりそうなこともありますが、狂い咲きだけは避けたいです。
 
Dear my overseas friends
 One of the rhododendrons in my garden is in unseasonable flowering even though it is not in spring. The shape of the flower is also unnatural. This is a Western rhododendron. What is the cause? Originally, the number of buds is scarce, so if it blooms now, the number of spring flowers will decrease accordingly. Perhaps the cause was the long rains in mid-August and the annoying weather every day even in September, so maybe something went wrong and the buds bloomed before they grew.
 
 The other rhododendrons do not bloom crazily and are growing normally. As a human being, I also live alone, so sometimes it seems strange and crazy, but I try to avoid crazy blooms.
 

| | コメント (2)

2021年9月16日 (木)

大鶴巻 頂上広く 高天原

Img_2373

【拡大してご覧ください。】

 楽聖ベートーヴェンはハイリゲンシュタットの森を散策中に楽想を練ったと伝えられますが、人里離れ、自然に囲まれた静寂な野道を散策すると、考えようとしなくても、あれこれ頭の中にいろいろ浮かんでくるものです。

 おそらく全身の血流がよくなることから、併せて脳内の血流がスムースになり、脳細胞が活発になるのでしょう。ですから、歩く速度は周囲の様子がよく見える自然の速さが相応しく、スポーツのように人と競うような速さでは物事は考えられません。

 今日は午前中、2時間ほどかけ、我が故郷・倉賀野町の西南部を散策し、約10年振りに写真の大鶴巻古墳に登りました。背の高いアカシヤの樹木に囲まれた平らな頂上は100坪ほどで意外に広く、高さは10mほどです。頂上に着くや否やの印象は、最近感じることがなかった自然の涼風が流れています。このように肌に快適な風は子供の時以来です。

 古墳への道はあまりはっきりしてませんが、周囲にある田んぼの畦道を横切ると古墳の麓に着き、頂上への道ははっきり有り、急勾配を登ると間もなく頂上です。頂上には一人の男性が子犬を連れていました。「ずいぶん涼しいですね。」と声をかけると「ここは空気がいいです」と言われ、子犬も私が来たので驚いた様子でした。ここは倉賀野町で最も景色がよい所です。

Img_2376

【頂上は高天原、アカシヤの幹で思わずテッポウした私】

 この大鶴巻古墳はいわゆる古墳時代に作られたものと推測され、1500年ほど昔、倉賀野にも豪族がいたのでしょう。どんな人が埋葬されてるかは全く不明ですが、本格的な前方後円墳で、この近くには同様の形を成す小鶴巻古墳もあり、この大鶴巻古墳と対になってる雰囲気です。頂上から北西に目をやると正六地区の大きな浅間山(せんげんやま)古墳が望め、西には、今では下佐野地区に所属する1つ古墳が見えます。

 昔の倉賀野には50基ほど古墳があったと言い伝えれますが、私が現在確認してるのは前述のほか、下町の諏訪神社の西にある「長賀寺古墳」、南町にある「一本杉古墳」です。これらは古の倉賀野を伝える貴重なものなので、今後、農地や宅地として地ならししてはなりません。

 ところで、倉賀野町の町中には不自然で比較的広い窪地があります。その場所は仲町と下町の間、そして横町の東にあたる場所です。ここを見学すると、切り立っていたり、あまりにも不自然な低地なので、私の推測では、前述の巨大な古墳はもとより、50基ほどの古墳を作るのに大量の土が必要なことから、この場所の土を掘って運び、多くの古墳を作ったのではないかと想像できます。大昔の倉賀野は宮之原と呼ばれ、山など古墳を作る土は他にありません。

 それにしても、初秋の日差しの中、今日は午前中のウォーキングで体調はまずまずでした。「健康とは運動と栄養で作るもの」であり、足腰に多少の負荷をかけ、肉体を鍛えることに留まらず、併せて、ウォーキングによって目や耳により見聞を広め、今後の生き方や発想力を培いたいと思います。

 

| | コメント (0)

欅の木 想像つかない 歴史持つ

Img_2147_20210916073901
 
 以前にお知らせしましたように、我が家の比較的近くにある巨大な欅の樹齢は推定500年です。ところが、ご覧の通り地上から10m程の高さの幹の中央に不思議な穴が開いてます。その大きさは直径50cm位です。何故、開いてるのでしょう。私はここを通る度に考えます。先ず、開いたのはいつ頃でしょうか。持ち主に訊いても「昔から開いてました。」とのことです。しかし、高齢の彼も近年亡くなりました。
 
 このため、この欅の寿命は人間の生涯とは比較にならないほど長いのでしょう。巨樹に比べると人の一生は意外と短いので一日一日大切に生きなければなりません。それにしてもこの穴は、もしかして、戦争の傷跡でしょうか。欅だけがその理由と歴史を知ってます。
 
 As I mentioned previously, the giant zelkova tree which is relatively close to my house, is estimated to be 500 years old. However, as you can see, there is a mysterious hole in the center of the trunk about 10m above the ground. Its size is about 50 cm in diameter. Why is this hole opening even now? I consider every time I pass here. First of all, when did this hole open? Even when I asked the owner, he said, "It has been opening for a long time." However, this elderly man died in recent years.
 
 For this reason, the life of this zelkova is probably incomparably longer than that of humans. Compared to giant tree, people's lives are surprisingly short, so we have to live carefully day by day. If possible, is this hole a scar of World War Ⅱ? Only the zelkova tree knows the reason and history about it.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

今宵から 数日間は 天体ショウ

Img_2367-2
 
 今日は9月15日で、今年もあと100日余りですね。今日の日の出は5時26分で日の入りは17時52分【群馬県】ですから、昼の時間は12時間26分です。まだ昼のほうが若干長いです。因みに昼と夜の時間が同じなのは9月23日の秋分の日ではありません。それは9月26日です。
 
 ところで、天気はあまり芳しくなさそうですが、地球の公転により、今宵の雲の上には3つの天体がランデヴーしてます。それらは東から木星、土星、そして8日目の月です。なお、木星の東には小さいですが、海王星が出てます。この天体ショウは数日、続きます。
 一方、今月21日は「中秋の名月」です。この日は平安時代~江戸時代も、そして現代でも必ず仏滅です。
 
Dear my overseas friends
 Today is September 15th, so that this year is about 100 days left. Today's sunrise is 5:26 and sunset is 17:52 in Gumma prefecture Japan, so the length of daytime is 12 hours and 26 minutes. The daytime is still a little longer. By the way, the time of day and night is the same on September 26th, not on the autumnal equinox day of September 23rd.
  
 By the way, the weather doesn't seem to be fine tonight, but due to the revolution of our earth, three celestial bodies are rendezvous above the clouds tonight. They are Jupiter, Saturn, and the Moon on the 8th day from the east. Neptune appears to the east of Jupiter, though it is small. This celestial show lasts for a few days.

 On the other hand, the 21st of this month is the "Harvest Moon". This day is sure to be a Buddhist annihilation that means unlucky day, since Heian period to Edo period, and even in modern times.
 

| | コメント (2)

2021年9月14日 (火)

培うべきは 柔軟性と 発想力

Img_2366

 新車購入時にも今までと勝手が違うことを感じました。例えば、ナビの設定や、特に、方向指示器の出し方は右折時は左の方向指示器を上にあげます。新たなパソコンになったら、スイッチ一つの位置も今までと異なり、その他、写真を保存したり、履歴の消去法も異なり、昨日はずいぶん慌てました。
 
 しかし、機械ものは慣れが必要ですね。新たなものに慣れると、不思議なことに今までのやりかたを忘れます。やはり、年齢を重ねても柔軟な心の姿勢が新たなものへの定着につながりそうです。これからも何にでも対応できる心と体の柔軟性、そして奇抜な発想力を培いたいです。皆さん、色々教えてください。
 
Dear my overseas friends
 When I bought a new blue car, I felt that it was much different to drive than the previous car. For example, when setting the navigation system, it was entirely different, especially how to put out the turn signal, I must raise the left turn signal when turning right. This time, when I bought a new computer, the position of the switch was different, and the method of saving photos and deleting history was also different, so I confused yesterday.
 
 However, mechanical things need to get used to. As I get used to new things, strangely, I forget how I used to do it. After all, it seems that a flexible mental attitude will lead to the establishment of new things even as I get older. I would like to continue to cultivate the flexibility of my mind and body, and eccentric idea to handle anything. Everyone, would you please teacher me up-to-date various things.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

今放つ 香りに色彩 金木犀

【画像を拡大してご覧ください。】 
 
 毎日、出口がなくなってしまったような閉鎖的な社会になってます。もちろん、理由は感染症の収束がまだまだ遥かに遠いからです。私は家で一人ですし、車に乗っても一人なのでマスクはしませんが、買い物でスーパーやコンビニ行くとき、地区での会合では、もちろんマスクをします。
 
 それに比較し、植物たちは疲弊した人間世界をあざ笑うかのごとく、自由に大きくいつものように咲いてます。右の写真は槿ですが、金木犀も咲き始め、良い香りを庭中に漂わせ、ひと時の幸せを人間に与えてくれてます。それに対し、私が植物にしてやれることは十分に水を与えることのみです。金木犀の良い香りが届きますか。
 
Dear my overseas friends
 Every day, we are in a closed society where there are no exits. Of course, the reason is that the convergence of infectious diseases named Covid-19 is still far away. I'm alone at home, and I'm alone in my blue car, so in this circumstances I don't wear a mask, but when I go to a supermarket or convenience store nearby for shopping, of course I must wear a mask including a meeting in the district.
 
 In comparison, the plants are free to bloom as usual, as if ridiculing the exhausted human's world. The photo on the right is an althaea, on the other hand, fragrant olive in the garden has also begun to bloom, giving a nice scent to humans a moment of happiness. What I can do for plants is to give enough water only. Do you receive the good scent of the fragrant olive through your display?
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年9月13日 (月)

ウォーキング 一石二鳥で 歴史知る

Img_2356-2

【拡大してお読みください。】

 私の故郷・倉賀野は南に一級河川・烏川が流れてます。この源流は倉渕町の鼻曲山付近です。私は以前に角落山登山をしたとき烏川の源流近くまで探検しましたが、その源は奥山深く、烏川という名の所以である「烏の口」の形をした岩まで辿り着くことは、とてもできませんでした。

 ところで、倉賀野の中心部は今でも旧中山道(旧国道17号)を挟むように人家が並び、その町並みは古民家も散在し、江戸時代を彷彿させる宿場町の面影を残し、天気の良い日には歴史探訪する人たちがリュック姿で散策してます。

 近年、元倉賀野中校長・矢代氏が「倉賀野かるた」を作成されたことから、町民の中にも改めて倉賀野の史跡に関心を持つ人が増えてます。

 近年、私も近くにお使いに行くにも車を使う傾向ですが、心と体に鞭を打ち、健康のため意識して歩くことに努めると、副産物として平素気づかずにいるいろいろのことが目に飛び込んでくるものです。特に、最近、倉賀野の歴史を説明する立て看板があちこちに目立ち、思わず立ち止まって読み、改めて故郷を勉強です。

 今回、倉賀野町「上町西」交差点近くに、写真の立て看板が「中山道の一里塚」と題して立っているので、私はウォーキング中、改めて立ち止まって読みました。ここは中山道から根小屋方面へ行く一本松橋への曲がり角であり、昔はきっと、のんびりした一里塚として比較的大きな塚があったのでしょう。現在では、地面が平らにされ、その面影は全くありません。ここから西の正六地区寄りには杉並木があり、道幅が広くて旅人が休憩した雰囲気が今でも感じられます。

 一方、倉賀野は宿場町であったことから、遠くは九州や中国地方から参勤交代で江戸城への往き帰りに当地で宿泊し、遠方からの大名行列が中山道を通過する理由は、東海道では大井川越えが非常に難所であったためと伝えられてます。

 この一里塚は日本橋から26番目であることも頷けます。というのは1里とは約4㎞であり、26番目ということは倉賀野から江戸日本橋まで104㎞になり、現在でも正確な距離と言えます。なお、私が子供のころは杉並木がありました。今でもその雰囲気は多少残っています。

| | コメント (2)

2021年9月12日 (日)

新たなる パソコン通じて ブログ発信  

Photo_20210912230601
 
 暫くブログの更新がなくて、カッキーは「いったいどうしたのだろうか」と、心配されたことでしょう。実は12年間、使用してたパソコンが遂に壊れてしまい、本日、新しいパソコンを購入し、先程、初期設定が終わり、発信しています。ですから多少、使い勝手が違いますが、新たな気持ちで投稿してます。
 
 私もいよいよ今日からパソコンのみならず、果たして、人生も新たな未来へ向かって前進するでしょうか。皆さん、季節の移り変わり故、体調に留意されますよう群馬高崎から祈っております。
 
 After a long interval, my weblog doesn't update, Kakky would have been worried, "What's wrong?" Actually, the computer I've been using for 12 years has finally broken, and today I bought a new computer at "LAVI in front of Takasaki station, and the initial settings have just been completed and I'm sending out this blog. So it's a little different how to use, but I'm posting with a new feeling.
 
 Can I finally move forward the future not only in personal computer, but also in my life from today? Everyone, I pray from Gumma Takasaki that you are able to pay attention to your physical condition because of the changing seasons whether you live in Northern Hemisphere or Southern Hemisphere.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年9月 9日 (木)

今もなお 盛夏の象徴 サルスベリ

Img_2336
 
 手前にあった花梅を低くしたので、ご覧のように、百日紅(サルスベリ)は前の道からその全体像が見えるようになりました。原産地が南国であることから枝が四方八方に枝垂れています。枝から枝まで6~7mあります。もうすでに2ヶ月間、咲き続けており、更に、後1ヶ月間を咲き続けるでしょうか。
 
 例年、私は根元に水をたっぷり遣りましたが、今夏は雨が多くて、あまり、その必要がありません。晴れ上がって暑い日には近くの池に水を張ります。文字通り100日間咲き続ける百日紅は植物の中でも人間の心に満ち足りた幸せを呈しています。どうぞ拡大してご覧下さい。
  
Dear my overseas friends
 As you can see, the entire crape myrtle flower can be seen from the front path because the flower plum tree in the foreground was lowered by me. The branches are weeping in all directions like a tropical tree, because its origin is southern country. There are 6 to 7 meters from branch to branch. It has been already blooming for two months, and will it continue to bloom for another month?
 
 Every year I watered the roots a lot, but this summer it was raining a lot so that I don't really give water. On sunny and hot days, I fill a nearby pond with water. The crape myrtle, which literally blooms for 100 days, because Japanese character indicates red during 100 days, is one of the plants that presents a full of happiness to human's heart. Please enlarge the image and see.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

肩甲骨 トレーニングに 休みなし

Img_2349 P1030368_20210908031801
 
 先日、伐採した左のハクモクレンは高さ1m30㎝ほどの幹が残してあり、太さは約15㎝です。同様に、裏庭の杉の木でも、そこへ行ったとき運動します。それは関取の真似をして私は「テッポウ」を行ないます。樹木から足を遠くへ離すと、上半身により負荷がかかり効果があります。やってみると肩甲骨や三角筋、上腕など周辺の筋肉が鍛えられます。通常、20回位行ないます。
 
 私は年令にして背が高いので、猫背にならないことも目標にし、雨天の日は室内の太い柱でも鍛えることができます。毎日、行なう運動は、この他、踵の上下運動で脹脛を鍛えます。こちらは50回ほど行い、これにより下半身の血流がスムースに循環すると考えてます。
 
Dear my overseas friends
 
 The other day, I remained the trunk of white magnolia which was cut down. And it has a trunk with a height of about 1. 30 m and about 15 cm in diameter. Similarly, the cedar tree in the backyard also is used for exercise when I go there. I imitate sumo wrestler's "Teppo" that means pushing up. If I move the legs far away from the tree, the upper body will be more loaded and effective. When I try it, the surrounding muscles such as the shoulder blades, deltoid muscles, and upper arms are trained. Usually, it is done about 20 times.
 
 I'm old and tall, so my purpose is to avoid to be stooped. On rainy day, I can train with the thick pillar in the room. In addition, the other exercises that are performed every day, the calf is trained by moving the heel up and down. This is done about 50 times, and I think that the blood circulation in the lower body flows smoothly.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年9月 7日 (火)

白露では 太陽の位置 未だ南半球

Leo_constellation_mapsvg
 
 今日は二十四節気の一つ「白露」です。秒速約29㎞の速度で、反時計回りに公転してる私たちの地球から見ると、太陽の位置は「しし座」の東にあります。このため、日の出直前に高山など星の良く見える位置で東の空を見ると「しし座」の頭から胸の一等星「レグラス」が見えるでしょう。
 
 「レグラス」は21個ある一等星の中で唯一黄道上にあります。今日の太陽黄径は春分点から計って165°です。赤経では11hの位置にあります。赤緯では僅かに南半球にあります。
 
 Today is one of the 24 solar calendars, "hakuro". The position of the sun is east of "Leo" when we view from our earth, which revolves counterclockwise at a speed of about 29 km / s. For this reason, if you look at the eastern sky in a position where you can see the stars well, such as high mountains, just before sunrise, you will see the first-class star "Regulus" in the chest and the head of "Leo".
 
 "Regulus" is the only one on the ecliptic among the 21 first-class stars. Today's sun ecliptic is 165 ° measured from the vernal equinox point. It is located at 11h in Right ascension. Declination is slightly in the Southern Hemisphere.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

18才と 81才の 違い・・もしかして大喜利から 

 私の庭の前は倉賀野町上四地区の集会所「ふるさと」です。ここの掲示板に次のことが掲載されてたので、ご紹介します。
 
Img_2347
 
 In front of my garden is the meeting place named "Furusato" that means homeland of Kami-four district in Kuragano-town. The following was posted on the bulletin board here.
 
 One who drowns in love is 18 years old, and one who drowns in the bathtub is 81 years old.
One who is roaring the road is 18 years old, and one who is driving backwards on the road is 81 years old.
The fragile heart is 18 years old, and the fragile bone is 81 years old.
One who doesn't stop pounding in love is 18 years old, and one who doesn't stop palpitations is 81 years old.
One who is stuffed with love is 18 years old, and one who is stuffed with sticky rice cakes is 81 years old.
One who is worrying about deviation value is 18 years old, one is worrying about blood pressure and diabetes value is 81 years old.
One who doesn't know anything yet is 18 years old, and one who doesn't remember anything anymore is 81 years old.
One who is looking for future himself is 18 years old, and everyone is looking for me due to wondering by dementia is 81 years old.
 

| | コメント (2)

2021年9月 6日 (月)

夏過ぎて タイヤ点検 必要です 

Img_1510 
 愛車Audi TT Quattroのタイヤサイズは245(幅)-35(扁平率)-19(直径)です。扁平率が35%とはタイヤ幅245mmに対しての35%なので、実際は8.5㎝ですが、ご覧の通り、一見、タイヤの厚みが少なく見え、空気圧が正しいかどうかは見た目だけでは分かりません。

 この車は、通常、タイヤ空気圧は前輪が2.4kg、後輪は2.1kgに設定してあります。しかし、空気とは気温と密接に関係し、特に暑い夏、寒い冬には影響受け、現在9月になり、連日の雨で気温が夏より下がっています。この車では、もし、空気圧に異常があると運転席のディスプレイにその旨が表示されるようになってます。

 今回、運転席に表示されるほどではありませんでしたが、昨日、アウディー高前に行って念のため空気圧を計ってもらったら、後輪の空気圧が多少、低くなってるとのことで調整し、同時に、その旨をタイヤ空気圧保存にセットしてもらいました。この空気圧保存にセットが必要なため、ガソリンスタンドで空気を入れることができません。必ずディーラーのサービスで空気を入れることになります。

 ディーラーからの帰路に高前バイパスを走ったら、適正空気圧になったためでしょうか。動きが躍動的に感じました。空気圧が正常であれば乗り心地のみならず、ハンドリングも楽で、ブレーキの効き目もよいことに通じます。

 厳密には、高速道路と一般道では、空気圧を変える必要がありますが、そのようなことは現実にはできないので、上記の前輪の空気圧2.4kg、後輪2.1kgはどちらにも対応できる空気圧になってます。

 次に、一般的な安全運転法で最近感じてることです。横断歩道の前で歩行者が横断しようとしてるとき車は必ず停止しなくてはなりません。横断歩道がある場合、その前方に「菱型のマーク」が路面に書かれてます。ですから、このマークを見たら前方に横断歩道あることを示しています。

 特に信号機がない所に、突然、横断歩道がある場合、運転手は見落としがちでなので注意が必要です。路面に菱型のマークがあったら減速です。一方、物理的に危険な所は、車は真っすぐに走ろうとする「慣性の法則」が働くので、カーブではハンドルをしっかり握って減速です。そして、いかなるときも前方から目を離してはなりません。

 平素運転して、最も大切と考えるのは「車間距離をしっかり取ること」です。これにより前方の視界が抜群によくなり、心に余裕が生じます。

 

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

伐採した 幹の重さが 予想を超え  

Img_2345
 
 今日の群馬県は日中、雨が上がり、予定通り、樹齢推定30年の白モクレンを普通の鋸で切りました。木は意外と柔らかく、それほど苦労をしないで切れましたが、切った幹と枝の重さは予想を超え、推定100kg位あり、倒れるとき「ドスン」と音がし、私が下敷きになって怪我しないように注意しました。
 
 残った幹には葉がついてるので、次第に枝が出るでしょう。今度はこじんまりと育てます。作業後、私は汗をびっしょり掻き、愛車で吉井ドリームセンターの露呈風呂に入ってきて、さっぱりしました。
 
Dear my overseas friends
 In Gumma prefecture, Japan today, it stopped raining during the day time, so that as planned, I cut white magnolia which is estimated to be 30 years old, with a normal saw. The tree was surprisingly soft to cut without much effort, but the weight of the cut trunk and branches were exceeded expectations, and they were estimated to be totally about 100kg. I was careful not to be crushed under them.
 
 The remaining trunk has leaves, so branches will gradually come out in the near future. This time I will raise it small. After the work, I sweated so much that I drove my car and took into the open-air bath at the Yoshii Dream Center, and I was refreshed.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

庭仕事 プロに頼らず 自ら取り組む

Img_2341Img_2343
 
 高崎の方はご存じでしょうが、高崎公園には高さ10mほどの巨大なハクモクレンがあります。写真のハクモクレンは私の庭の植木ですが、年数が経てば思いのほか巨樹になる可能性があるので、今のうちに写真右の小さな芽を残して伐採します。近くには枝垂れ桃や花梅があるので密集を避ける目的もあります。しかし、今日も雨模様で、もし、一時的にでも雨がやんだら作業の開始です。
 
 このように最近は樵をしたり、ピアノを弾いたり、料理を作ったり、何でも英語での表現に挑戦したりで多面的な生活を一人で送っています。何でも自らやると、いろいろ勉強になり、豊かな生活になります。あるいは、高齢化社会ではこれが健康につながったり、認知症予防にとっての基盤かもしれないと思います。
 
 As you may know if you live in Takasaki-city, there is a huge white magnolia about 10m high in Takasaki Park. The magnolia in the photo is a plant in my garden, but it may become a giant tree over the years in the future, so I will cut it down leaving the small buds on the right of the photo. There are weeping peaches and flower plums nearby, so there is also a purpose to avoid crowding. However, it seems to be raining today, if it stops raining even temporarily, my work will start.
 
 In this way, recently I have been living a multifaceted life by myself, such as playing the lumberjack, playing the piano, cooking and expressing everything in English. If we do anything ourselves, we will learn a lot and have a rich life. Or, in the aging society, I think this way of living may be the basis for health and senile dementia prevention.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

9月4日は クラシックの日 遺作を聴く


Photo_2_20210904065901
 
 今日、9月4日はごろ合わせでクラシックの日です。毎日雨ばかり降って、その上、世界的な感染症のため室内で過ごすことが多い日々が続いています。
 
 せめて、癒しのクラシックを聴いて、荒んだ私の心に栄養を与えたいです。私はどうしたことか、ショパンの「遺作ハ短調」によって、寂しい心は満ち足ります。
 

Dear my overseas friends
 Today, September 4th is a "Classical Music Day" by punning in Japan. It rains every day, and moreover, we have to spend most of our time indoors due to global infectious disease. At the very least, I'd like to listen to healing classical music and nourish my rough heart. For some reason, Chopin's "Posthumous" in C minor" by piano is enough to satisfy my lonely heart.
 
 

| | コメント (2)

2021年9月 3日 (金)

稲葉の露の「猿子」に感動・上毛新聞「ひろば」より

Img_2340

 このブログのコメンテーター「時計屋の隣」さんの投稿文が群馬県の地方紙・上毛新聞「ひろぱ」に掲載されました。誠におめでとうございます。ぜひ、群馬県以外の方々にもお読み頂きたいと思います。以下はその文章です。

 早朝5時に散歩に出ました。田んぼは稲穂が出そろって、稲の葉のあちこちに、しっとりした露が宿っていました。「稲葉の露」と呼ばれます。中でも、まっすぐに伸びた葉のてっぺんに結んだ完璧なまでの丸い白露は、一国一城の女王のようです。緑の大気を呼吸しながら、葉の中できらめき合う露の競演に魅了され、見つめました。目を空に向けると、白い下弦の月がぽっかり浮かんでいました。

 露は、月のしずくでしょうか。いいえ、そうではありません。稲の根から吸った水分が、葉の小さな穴からにじみ出たもののようです。露が、葉先に上がっているのを不思議に思っていました。重力に反して水滴が上がる「猿子」という現象だそうです。昔の人は、稲の葉を登っていく露を猿の子に見立てて「稲葉の猿子」と呼んだのでしょう。けなげでほほえましい感じがします。

 宝石のように光る一つ一つの稲葉の露は、みずみずしい稲の穂「瑞穂」の妖精のようです。この時季、散歩のナイススポットが増えました。明日も会いにゆきます。稲葉猿子さんに。

| | コメント (2)

来年は より良い庭に 変貌か

Img_2338Img_2335_20210903092101
 
 昨日は庭の梅の木を切り、樵のようなことで奮闘しました。子供の頃なりたかった職業は大工でした。このため、レース鳩を飼っていたことから6回ほど自ら鳩舎を作ったり、その中に巣箱や止まり木を作り、大工仕事は結構上手くできるようになりました。最高傑作は二階建鳩舎を自ら作りました。
 
 今回、やはり、昔取った杵柄はいつになってもコツは覚えており、太い樹木でしたが、意外と簡単に目的を達成し、来春からは垣根のそばでピンクの梅が咲き、大きなサルスベリは一段と観賞に値する光景になると予想します。来年は見にいらしてください。
 
Dear my overseas friends
 
 Yesterday I cut a plum tree in the garden, so I struggled like a lumberjack. The profession I wanted to be when I was a kid was a carpenter. For this reason, since I had kept racing pigeons, I made lofts by myself about 6 times, and made perches and nests in it, and I became able to do carpentry quite well. One of my masterpieces was a two-story loft.
  
 This time, after all, I remembered that I haven't lost my touch. This time it was a thick tree, but it was surprisingly easy for me to reach the purpose, and from next spring, pink plums will bloom near the fence, and the big crape myrtle will be even bigger. I expect it to be an admirable sight. Please come visit me next year.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

眺めて飽きない サルスベリの 枝垂れ具合  

Img_2337

【拡大してご覧下さい。】

 我が国の総人口(2020年9月15日現在)は1億2580万9千人で、前年に比べ29万人減少している一方、65才以上の高齢者人口は3617万人と、前年(3587万人)に比べ30 万人増加し、過去最多となりました。【総務省】

 このように日本の人口の3割近くを高齢者が占める時代になりました。

 さて、このような人口構成の時代を生きる上で大切なことは、病気でない場合、可能な限り、自分のことは自分ですべて(食事の用意、風呂や洗濯、買い出し、掃除など)できるようにしておかなくてはなりません。「人に頼る気持ちを持たない」ことです。人に頼るとそれが次第に当たり前になり、自らできることまで実践しなくなり、必然的に筋肉量が低下し、ついには身体が動かし難くなると考えられます。

 今後の世の中は核家族が増え、日中、若い人は学校や会社に行ってることから、どこを見ても高齢者ばかりであり、人を助けてくれる人は年と共に少なくなり、老々介護は長くは続かないでしょう。この厳しい情勢は現実に近づいており、すでに私の地区でも空家の数が目立っています。この多くは介護施設に入所していたり、実際、誰もいないでそのままになって荒れ放題の家があちこちに見受けらます。

 こんなことから、私は地区のラジオ体操会やウォーキングなど適度な運動と、栄養を吟味した食事を作ってます。また、糖尿病を避けるため食べ過ぎないよう三度三度の食事量に注意してます。

 ところで、今日の群馬県高崎市は午前中、雨天でしたが、午後から止んだので、予てから予定してた「大きなサルスベリの全体像がよく見えるように、前にある花梅の木を途中で切る剪定作業を行いました。この梅の木は薄いピンクの花が咲くので、これからは横に這わせるようにしたいと思います。今日は枝を紐でよい形になるように縛りました。

 この梅の木の幹は直径12㎝ほどあり、一人で鋸で切りました。梅は剪定した方がよく咲くとの先人の教えもあり、来春が楽しみになりました。

 私の趣味の一つは、このように庭木を育てることで、今までもすべて私自身で植え換えたり、剪定したり、挿し木をしたり、毎日の水遣りは欠かしません。植物は人間の子供が育つのと似ていて、次第に良くなっていくことに大きな喜びを感じます。徐々に成長し、年々きれいな花を咲かせるので、楽しみは尽きません。

 この他、力を入れてる植物は8本の石楠花、4本の花桃、4本の牡丹、藤、ツツジ、ねむの木、枇杷、金柑などです。

 概して、多くの樹木が咲くのは2月の梅に始まり、5月の藤までですが、例外的に、南国が原産地のサルスベリは7月中旬から10月中旬まで開花が続き、誠に長く楽しめます。今度は今まで以上に前の道から眺めやすくなり、道を通る人に鑑賞してもらい、それが元で見知らぬ人との会話も弾むことを願ってます。楽しい庭づくりは、私の生甲斐の一つとして毎日しっかり世話します。 

 

| | コメント (2)

百日紅 これから先も 満開続く 

Img_2304
 
 枝ぶりが誠によくなった百日紅です。その名が示すように、これからまだ1ヶ月間咲き続けます。前の道を通る人が満開で枝垂れてる姿に思わず感銘されるようです。実は花が咲き出すと、その花の重さで枝が低くなる傾向で、現在は、私の庭のシンボルツリーのような風格があります。今年になって一段と巨樹となり、枝から枝まで7mほどで見応えがあります。
 
 このため、南側にある梅の木を低くして前の道から百日紅がより良く見えるようにします。今日、雨が降らなければ植木職人の作業を私がします。梅は上手く枝を這わせるようにして、こちらも前の道から3月の開花がよく見えるようにします。
 
 This is a crape myrtle, and the branches have become really good. As the name in Chinese characters imply, it will continue to bloom until next month. It seems that people who pass the front path are impressed by the full bloom and weeping. In fact, during flowers bloom, the weight of the flower tends to lower the branches, and now it looks dignified as a symbolic tree in my garden. This year, it has become a huge tree so that it is worth seeing from branch to branch in about 7m.
 
 For this reason, I will make the plum tree lower on the south side so that the crape myrtle can be seen better from the front path. Today, if it doesn't rain, I'll work as a planter. The plum tree crawls the branches well so that the flowering in March can be seen well from the front path.
 

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

新学期 未来に輝く 子どもを応援

14233149_991466380976428_394556922695277
 
 「天災は忘れた頃にやってくる」今日・9月1日は防災の日です。
 
 一方、今日より二学期が始まるので地元・倉賀野小学校の通学路のパトロールを行ないます。期間は一週間で毎朝7時20分~8時20分まで数人ずつの班に分かれて巡回します。このパトロールは年間三回あり、新学期が始まった朝のみです。ですから、暑いか寒いかのどちらかです。
 
 子供たちが安全に登校でき、挨拶など声掛け運動もして、明るい学校生活に入れるように頑張ります。私は帰宅してから朝食を作ります。ただ、毎朝NHKのBSで7時15分から放送されてる朝ドラの再放送「あぐり」が見られないのが残念です。この番組は本当に楽しいです。
 
Dear my overseas friends
 
"Natural disasters tend to happen just when we least expect them. September 1st is Disaster Prevention Day in Japan, because the Great Kanto Earthquake including Tokyo occurred on September 1, 1923.
    
 Since September 1, the second semester starts today in our nation, we will patrol the school route of the local Kuragano elementary school. The period is one week, every morning from 7:20 to 8:20. We are divided into groups of several people and patrol on foot. This patrol is held three times a year, only in the morning when the new semester begins. So it's either hot or cold in climate.
 
 We will do our best so that children can safely go to school and enter into a bright school life by doing greetings and other safe activities. I will cook breakfast after I get home. However, "What a disappointment!" because I cannot watch the rebroadcast "Agri" of morning TV drama that is broadcast from 7:15 on NHK BS every morning. This program is really pleasant for me.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、右上の「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。
 

| | コメント (0)

ウォーキング その目的は 健康と郷土の歴史

Img_2326
 
 先日、群馬県の赤城山・大沼一周ウォーキングをしていたとき、湖畔に佇む高さ3mほどの大きな記念碑がありました。これは昭和天皇が赤城山を訪れたとき随行した鈴木貫太郎氏が書いた碑です。彼は終戦当時の内閣総理大臣(第42代)に就任した人物で、前橋桃井小学校から前橋中学(現・群馬県立前橋高等学校)へ進みました。
 
 私は前高に勤務してるときこれを知り驚きました。これからもあちこちウォーキングを通して、郷土・群馬の歴史を見て回ります。湖畔巡りは景色はもちろん、樹木や鳥類など自然との触れ合いが楽しいので、今後は野反湖畔、田代湖畔、バラキ湖畔などウォーキングで周遊できる湖を巡る予定です。
 
Dear my oversea's friends
 
 The other day, when I was walking around the Lake Onuma at Mt. Akagi in Gumma prefecture, there was a large monument with a height of about 3m standing on the shore of the lake. This is a monument written by Famous Mr. Kantaro Suzuki, who accompanied Emperor of Showa era when he visited Mt. Akagi. He was the prime minister (42nd generation) of Japan at the end of World War Ⅱ. By the way, he graduated Maebashi Momonoi Elementary School, then he went to Maebashi Junior High School (currently Gumma Prefectural Maebashi High School).
 
 I was surprised to find this fact when I was working at Maetaka. I will continue to explore the history of Gumma where is my home ground through walking here and there. As I can enjoy not only the scenery but also the nature such as trees and birds, from now on, I plan to visit the lakes such as Nozori Lake, Tashiro Lake, and Baraki Lake where I can walk around.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »