« 午前中 秋の陽射しを浴びて 10Kウォーキング | トップページ | 中山道の読みについて・・・上毛新聞「ひろば」より »

2021年9月28日 (火)

今もなお 風格漂う 古民家あり

Img_2388
 
 倉賀野町の旧中山道沿いに、推定築100年ほどの芸術的な一軒の古民家が今なお揺るぎない風格で佇んでます。私が子供のころは米屋であったと記憶してますが、現在、もしかして空き家かもしれません。というのはいつもカーテンが締まり、人が出入りする姿を見ることがないからです。
 
 それにしても、本格的な瓦屋根がずいぶん広く、二階も部屋数が多いと想像できます。これだけ保存状態がよいのは、きっと管理してる人がいるのでしょう。亡き母の話では、この家の人は戦前に甲子園に出場したと聞きました。
 
Dear my overseas friends
 Along the old Japan National Route 17 in my Kuragano-Town, an artistic old folk house which is estimated to be about 100 years old, still stands in an unshaken style. I remember being a rice shop when I was a child, but now it may be a vacant house. Because the curtains are always closed and I have never seen people coming and going.
 
 Even so, I can imagine that the roof is quite wide and the second floor is also large. I'm sure there are people who manage this good preservation. According to my late mother, I heard that the person in this family had participated in Koshien stadium as a baseball player of Takasaki High School of commerce before the World War Ⅱ.
 

|

« 午前中 秋の陽射しを浴びて 10Kウォーキング | トップページ | 中山道の読みについて・・・上毛新聞「ひろば」より »

倉賀野のすばらしさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午前中 秋の陽射しを浴びて 10Kウォーキング | トップページ | 中山道の読みについて・・・上毛新聞「ひろば」より »