« 大鶴巻 頂上広く 高天原 | トップページ | 今チャンス エアコン止めて 換気して »

2021年9月17日 (金)

植物も 人間もある 狂い咲き

Img_2363-3
 
 シャクナゲの1本が季節でもないのに狂い咲きしています。花の形も何となく不自然です。これは西洋シャクナゲです。何が原因なのでしょう。元々、蕾の数が少ないので、今咲いてしまうと春の花がそれだけ少なくなります。原因はもしかして、8月中旬の長雨や、9月になっても連日うっとうしい天気なので、何かが狂って蕾が成長する前に咲いてしまったのでしょうか。
 
 他のシャクナゲは狂い咲きせず、順調に成長しています。人間の私も不自然な一人暮らしゆえ、時には変になりそうなこともありますが、狂い咲きだけは避けたいです。
 
Dear my overseas friends
 One of the rhododendrons in my garden is in unseasonable flowering even though it is not in spring. The shape of the flower is also unnatural. This is a Western rhododendron. What is the cause? Originally, the number of buds is scarce, so if it blooms now, the number of spring flowers will decrease accordingly. Perhaps the cause was the long rains in mid-August and the annoying weather every day even in September, so maybe something went wrong and the buds bloomed before they grew.
 
 The other rhododendrons do not bloom crazily and are growing normally. As a human being, I also live alone, so sometimes it seems strange and crazy, but I try to avoid crazy blooms.
 

|

« 大鶴巻 頂上広く 高天原 | トップページ | 今チャンス エアコン止めて 換気して »

西洋シャクナゲ大輪」カテゴリの記事

コメント

 花にも奇妙な咲き方があるもんだ。「狂い咲き」「二度咲き」「返り咲き」。冬の季語にもなっていることを考慮すると、冬場の小春日和に咲く場合に言うようだ。花を愛し、いとおっしむ気持ちから、さらに、「帰り花」「忘れ花」と言う言い方もある。秋の日に、春の花を思うて咲く「夢咲き」もいいもんだ。
 もうけた気分になるとはいえ、地球温暖化による異常気象が浮かんできて、不安な気持ちにもなる。

投稿: 杞憂 | 2021年9月17日 (金) 08時24分

杞憂さんへ・・・おはようございます。もう、暫くお会いしてませんね。あと2週間後には、果たして乾杯できるでしょうか。
 たくさん植物を育ててると、本来の季節以外の時季に咲くことはよく起こります。
 雪柳は4~5月に咲きますが、真冬にちらほら咲きます。おそらく、養分が豊富で育ちがよいとき、それを自然発散するために咲いてしまうとも考えられます。
「返り咲き」は人間社会で選挙に再当選したときよく使われる言葉ですね。「夢咲き」なら毎日してもいいです。

投稿: カッキー | 2021年9月17日 (金) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大鶴巻 頂上広く 高天原 | トップページ | 今チャンス エアコン止めて 換気して »