« 新学期 未来に輝く 子どもを応援 | トップページ | 眺めて飽きない サルスベリの 枝垂れ具合   »

2021年9月 2日 (木)

百日紅 これから先も 満開続く 

Img_2304
 
 枝ぶりが誠によくなった百日紅です。その名が示すように、これからまだ1ヶ月間咲き続けます。前の道を通る人が満開で枝垂れてる姿に思わず感銘されるようです。実は花が咲き出すと、その花の重さで枝が低くなる傾向で、現在は、私の庭のシンボルツリーのような風格があります。今年になって一段と巨樹となり、枝から枝まで7mほどで見応えがあります。
 
 このため、南側にある梅の木を低くして前の道から百日紅がより良く見えるようにします。今日、雨が降らなければ植木職人の作業を私がします。梅は上手く枝を這わせるようにして、こちらも前の道から3月の開花がよく見えるようにします。
 
 This is a crape myrtle, and the branches have become really good. As the name in Chinese characters imply, it will continue to bloom until next month. It seems that people who pass the front path are impressed by the full bloom and weeping. In fact, during flowers bloom, the weight of the flower tends to lower the branches, and now it looks dignified as a symbolic tree in my garden. This year, it has become a huge tree so that it is worth seeing from branch to branch in about 7m.
 
 For this reason, I will make the plum tree lower on the south side so that the crape myrtle can be seen better from the front path. Today, if it doesn't rain, I'll work as a planter. The plum tree crawls the branches well so that the flowering in March can be seen well from the front path.
 

|

« 新学期 未来に輝く 子どもを応援 | トップページ | 眺めて飽きない サルスベリの 枝垂れ具合   »

サルスベリの育て方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新学期 未来に輝く 子どもを応援 | トップページ | 眺めて飽きない サルスベリの 枝垂れ具合   »