« 電話での 巧妙な罠に 気をつけよう  | トップページ | 荒海を 進むか如く 荒船山 »

2021年9月25日 (土)

倉賀野の 古墳群には 目を見張る

Img_2372_20210925041001
Img_2371-2Img_2386-2
 
 我が故郷・倉賀野町の南西部には大鶴巻古墳(上)と小鶴巻古墳(左下)が右下の図のように近くに並んであります。いずれも前方後円墳で、作られたのはいわゆる古墳時代で5~6世紀と推測されます。
 
 特に大鶴巻古墳の全長は123mという巨大なもので、ご覧の通り、平坦地に土を二段にして盛り上げられています。高さは10mほどです。頂上には現在アカシアの木が植えられ、そばで見るといずれも巨木化しています。
 
 この古墳群の北西の直線距離300mほどの所に、もう一基かなり巨大な浅間山(せんげんやま)古墳があります。こちらはあまり整備されてませんが、中仙道沿いにあり、私は近いうちに登って探検するつもりです。
 
Dear my overseas friends
The Ohzurumaki burial mound (top in Photo) and the Kozurumaki burial mound (lower left) are lined up nearby in the southwestern part of my hometown, Kuragano-town, in Gumma prefecture, Japan, as shown in the lower right figure. Both are an ancient burial mound that is square in the front and round in the back, and it is estimated that they were made so-called in the Kofun period in the 5th to 6th centuries.
 
 In particular, the total length of the Ohzurumaki burial mound is a huge 123m, and as you can see, the soil is piled up in two steps on a flat land. The height is about 10m. Currently, acacia trees are planted on the summit, and when I look at them at the summit, they are all huge trees.
 
 There is another fairly huge Sengenyama tumulus at a straight line distance of about 300m northwest of this tumulus group. This is not well maintained, but situated near Nakasendo that means ancient national road between Kyoto and Edo. I will soon climb to the top to explore.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
  

|

« 電話での 巧妙な罠に 気をつけよう  | トップページ | 荒海を 進むか如く 荒船山 »

倉賀野のよい所」カテゴリの記事

コメント

古墳をうっかり古噴と書いてしまう時があります。実際は封土でしょうが、土が噴出したように盛り上がっています。墓地、墓に比べるとスケールが違います。古墳は支配地を見渡せる場所に造営されたか。城の天守閣と似ている。

投稿: 坊主山 | 2021年9月25日 (土) 06時47分

坊主山さんへ・・・おはようございます。今年も残り、今日を入れてあと98日になりました。この9ヶ月間いったどれほど自己改革できたか、疑わしいところです。
 過去には戻れないことから、今日一日を無駄に生活せず、脳によい刺激を与え、今まで体験しなかったこと、今まで興味を持たなかった分野に、今まで話したことのない人とも会話をしたいものです。
「自分の世界と違うところで生きてきた人との会話に脳は目覚めます。」
・・・実は、これはロケット博士・糸川英夫のことばです。

投稿: カッキー | 2021年9月25日 (土) 07時14分

最近の時事用語で「QUAD(クアッド)」をよく耳にします。インド太平洋地域で存在感を高める中国の行動を抑えたいねらいがある日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国でつくる連携や協力の枠組みです。
 ラテン語で、数字の4を意味する「quattuor(クワトロ)」に由来する英語で、四人、四角、など、数字の4に関連する語句になるとの事。
 また一つ知識が増えました。知識が増えると視野が広くなり、人生、社会、自然への関心も深まります。日々勉強ですね。新しいことを学び脳に新鮮な刺激を与え、アンチ・エイジングを目指したい。
 カッキーさんの愛車も「quattro」。

投稿: 坊主山 | 2021年9月25日 (土) 09時02分

坊主山さんへ・・・今日はこれから時計屋の前を通過し、バイパスのアウディー会社に行ってきます。もちろん乗用車にしては珍しい常時四輪駆動(クワトロ)で行ってきます。
 目的は電気自動車が飾ってあるとのことだからです。買う余裕はありません。

投稿: カッキー | 2021年9月25日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電話での 巧妙な罠に 気をつけよう  | トップページ | 荒海を 進むか如く 荒船山 »