« 何事も 失敗しても 諦めない | トップページ | 紅葉間近 群馬の自然 満喫したい  »

2021年10月 9日 (土)

夢を持ち 諦めないで 継続する

【倉賀野駅構内に倉賀野中・美術部の作品が飾ってある。】
 
 二日続けて同じようなタイトルになりましたが、「夢を持ち、諦めないで、継続する。」を日々のモットーとしたい。このことは運動でも、芸術でも、語学でも何の分野でも、年齢に関係なく人生途上では大切なことではないでしょうか。
 
 数回の失敗は付きもの。物事がなかなか旨く行かないときも精神は挫折せず、大切な夢に向かって挑戦するのが生きることと思います。
 
 私は糖尿を避けるため、有酸素運動を目指し、最近は30分程度のウォーキングを増やしてます。距離にして2キロです。これなら辛くなく、継続しやすいです。その途中には、前に書きました通り、倉賀野駅北口の長い階段を含めてます。皆さん、さあ、秋の陽射しを浴びに、家から飛び出しましょう。
 
Dear my friends abroad
 I'd like to have a motto as a daily life, it became a similar title for two days in a row, "Have a dream, don't give up, and continue." Isn't this indispensable in the middle of life, regardless of age, such as exercise body, art, language, or any other fields?
 
 A few mistakes are common, and though when things don't go well, our spirit should not frustrate, and I think it's best to challenge our precious dreams.
 
 I am aiming for aerobic exercise to avoid diabetes, and recently I have been increasing walking for about 30 minutes. The distance is 2 km. This is not painful in mind and easy to continue. Along the way, as I wrote before, the very long stairs at the north exit of Kuragano Station of Japan Railway are included. Everyone, let's jump out of our house in the autumnal sun in Northern Hemisphere.
 
 

|

« 何事も 失敗しても 諦めない | トップページ | 紅葉間近 群馬の自然 満喫したい  »

健康管理」カテゴリの記事

コメント

昨晩はお世話になりました。 
 
庭の片隅に一本の青桐がある。
枯れて乾いた団扇のように大きい一枚の桐の葉が梢を離れ地に落ちた。バサリ、ガサッという音がした。葉の落ちた音に草陰の虫も驚いたことだろう。後に続く葉はなかった。人間の感じるのは秋の深まりか、人生の秋半ばの諦念か。
  桐一葉 枯れて乾いて 落ちにけり

 「桐一葉 日当たりながら 落ちにけり」、高浜虚子がこの句をものにした時は34歳。俳人として夢のほてりの中に身を置いていた時であろう。

 同じものを嘱目しても、年齢によって随分思うところが変わってくる様な気がする。

投稿: 片桐且元 | 2021年10月 9日 (土) 15時57分

片桐且元さんへ・・・およそ3ヶ月振りの某所では終始楽しく意義深いものでした。
 若き日には「夢や希望は若者の特権」と思ってました。ですから、高齢者には関係ないもののように考えてましたが、人生の後半戦から、第四コーナーに差し掛かっても、夢や希望はますます明確になるものです。
 それは若き日にはあまり意識しなかった「健康」という生活の基盤です。しかし、それのみでなく、今までの人生で「成し得なかったこと」を目指すことも高齢になっての目標であり、この認識こそが認知症対策になっていると私は考えてます。

投稿: カッキー | 2021年10月 9日 (土) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何事も 失敗しても 諦めない | トップページ | 紅葉間近 群馬の自然 満喫したい  »