« 色彩が 秋の深まりに 反比例 | トップページ | 今後の 経済安定 恒久平和 »

2021年10月30日 (土)

夜空見て 宇宙に漂う 実感持てる


Photo_20211030045601
【紫の線は地球から見て、夏に太陽が通る道です。】
 
 今の季節に夕方6時頃、西南に一際明るく輝く星は「金星」です。これからクリスマス頃まで約2ヶ月間「宵の明星」として見えますが、その後、金星は太陽に近づきます。このため、日中に出ているので太陽光に遮られて見えません。ですから、残念にも約1ヶ月間、見られません。
 
 しかし、待っていれば必ず出ます。それは2022年1月30日頃から今度は朝6時頃、東の空に「明けの明星」として出現します。
 
 ところで、今の季節では、深夜から明け方にかけて、日本列島を覆うかのごとく写真が示す巨大な「冬のダイヤモンド」が見えてます。有名なオリオン座もこの一部として含まれてます。ぜひ、ご自身の目で巨大な六角形を捉え、宇宙の神秘を感じてください。
 
 なお、ここ数日間は、日の出直前に東の空に水星が輝いてます。水星が見えるチャンスは誠に少ないです。 

 

Dear my weblog friends overseas
 The star that shines brightly in the southwest around 6 pm this season is "Venus". From now on, until Christmas evening, it will appear as the "Evening Star" for about two months, then Venus approaches the Sun. For this reason, it appears in the daytime so that we cannot be seen because it is blocked by sunlight. So, unfortunately, we haven't seen it for about a month.
 
 However, if you wait, it will definitely come out again. It will appear as the "Dawn Star" in the eastern sky from around January 30, 2022.
 
 By the way, in this season, from midnight to dawn, you can see the huge "Winter Diamond" shown in the photograph as if it covers the Japanese archipelago. The famous Orion is also included as part of this. Please catch the huge hexagon with your own eyes and feel the mystery of the universe.
 
 Currently, Mercury is shining in the eastern sky just before sunrise. There are really few chances for earthlings to see Mercury.

  

|

« 色彩が 秋の深まりに 反比例 | トップページ | 今後の 経済安定 恒久平和 »

天体」カテゴリの記事

コメント

  見上げれば夜空の中より星の声

投稿: 星座早見 | 2021年10月30日 (土) 07時57分

星座早見さんへ・・・おはようございます。人生を考える上において、宇宙を見ることで真実が捉えられます。私たちの命は無限の広がりを持つ宇宙空間に浮遊しているだけです。一方、無限の時間に漂ってます。ですから、生きてることは、両者のほんの一部に短い期間いるだけなのです。日々を有意義に自分らしく生きたいものです。今朝、水星を見て良いことがあるのではないかと感じました。人類で生きてる間に水星を見る人は少ないと考えます。

投稿: カッキー | 2021年10月30日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色彩が 秋の深まりに 反比例 | トップページ | 今後の 経済安定 恒久平和 »