フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 買い物に 毎日出掛ける Persimmon Marsh | トップページ | 初日の出 直前に見えるか 細い月 »

2021年12月30日 (木)

シリウスが いよいよ近づく 真南に 

Img_2713
 
 たくさんの緑に囲まれ、森の中に佇んで外部から見えなかった我が家も、今の季節は荒涼とした中にあり、無味乾燥な私の現況に似ています。しかし、樹木に近づいてみると、色彩の異なる5本の花梅や5本の花桃の蕾はすでに大きく膨らんでます。
 
 誠に If Winter comes, can Spring be far behind? です。作者はイギリスの詩人シェリー(Percy Bysshe Shelley)で、冬来たりなば春遠からじ。これは「辛い時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来る」という喩えであり、季節についてのみでなく「人生についても諦めないで、日々努力することの大切さ」を諭しています。
 
 今日から元日まで娘たち家族6人と秋田犬2頭が2泊3日でここに集い、久々にカッキー家は昔のにぎやかさに戻ります。
 
Dear my friends overseas and in Japan
 My house was surrounded by a lot of greenery, and you couldn't see from the outside because in the thick woods. So now is in a desolate environmental season which is similar to my severe dry heart. However, when approaching the trees such as five flower plums and five flower peach with different colors, their buds have already swelled greatly.
 
 If Winter comes, can Spring be far behind? The author is the English poet Percy Bysshe Shelley. This is a metaphor that "if we endure a difficult time, a happy time will surely come", and it reminds us not only about the cold season but also "the importance of not giving up on life and working hard every day aiming our own purposes."
 
 From today to New Year's Day, two daughters' families totally 6 members and two Akita dogs will gather here for two nights and three days. Therefore Kaki family will return to the liveliness like past, the same as Spence family's staying here after a long interval.
 
※For Japanese
If you listen to the above English by native pronunciation, please drag and copy the English sentences, and then paste it into next address. Please be sure to set the upper right language to US English.
 

« 買い物に 毎日出掛ける Persimmon Marsh | トップページ | 初日の出 直前に見えるか 細い月 »

人間の喜びとは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い物に 毎日出掛ける Persimmon Marsh | トップページ | 初日の出 直前に見えるか 細い月 »

カテゴリー