« 早朝に 輝く金星 見えてます | トップページ | 最近は 大豆の製品に 凝っている »

2022年1月28日 (金)

正月を 楽しみに待った 子供時代

Img_2799
  
 今日(1月28日)の早朝、南東の空に出ていた下弦の月を撮りました。日本では明治6年(1873)から太陽暦が採用されましたが、それ以前は太陰太陽暦(旧暦)でした。現代と異なり、カレンダーがなかった昔はこのような形の月が東の空に出ると「楽しいお正月まで、あと幾日」と日数を数えたのでしょう。
  
 私の祖父母は4人とも江戸時代の幕末に生まれたので私は会ったことがありません。父母はその影響を受けたのでしょう。私が子供の頃、両親は「今日は旧正月だよ。」という言葉をよく使って、確か餅を搗きました。
  
 現在も残ってる旧暦の言葉には朔日「読み方・ついたち」があり、月の初めを意味します。また、三日月や十五夜は普通に使われてます。しかし、この言葉は旧暦の名残です。
  
 今年は偶然にも、現行歴(太陽暦)の二月一日が旧暦の一月一日です。現在、太陰太陽暦(旧暦)を正式に用いている国はないといわれますが、中国をはじめアジア全域では太陰太陽暦に基づく新年(春節)を祝います。それはあと4日後です。
 
   
Dear my friends overseas
 Early in the morning of today (January 28), I took a picture of the waning moon in the southeastern sky. In Japan, the solar calendar was adopted since 1873, but before that it was the lunisolar calendar (old calendar). In the old days during there was no calendar, when this shaped moon appeared in the eastern sky, people would have counted the number of days "Until a happy New Year, how many more days".
 
 All four of my grandparents were born at the end of the Edo period, so fatally I have never met them. My parents may have been influenced by them. When I was a kid, my parents often used the phrase, "Today is Old New Year."
 
 The lunar calendar words that still remain are "Tsuitachi" which means the beginning of the month, and the crescent moon in the western sky and the 15th night are commonly used. But these words are remnants of the old lunisolar calendar.
 
 By chance, February 1st of the current solar calendar is January 1st of the lunisolar calendar this year. Currently, it is said that no country officially uses the lunisolar calendar, but all over Asia, including China, celebrates the New Year which is pronounced "Chunchie" based on the lunisolar calendar. It's four days from now.
   
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 早朝に 輝く金星 見えてます | トップページ | 最近は 大豆の製品に 凝っている »

子供の頃の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝に 輝く金星 見えてます | トップページ | 最近は 大豆の製品に 凝っている »