フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 飲み物は 何と言っても 抗酸化 | トップページ | 芽を出して 地上の様子を 見る水仙  »

2022年1月22日 (土)

屋根オブジェ 時が経過し 平和へと

Img_2462_20220122044501
 
 現在では瓦屋根の家が珍しくなりました。ご覧の通り、私の家の屋根には「一番の鳩」が向かい合ってます。しかし、今ではこれを製作する職人がいなくなりつつあるかもしれません。もちろん、これは瓦で出来てるいわば芸術品で、今では、私の心の平安と世界平和を期しています。
 
 しかし、実は、それ以外にも、もう一つの大きな目的がありました。さて、何でしょう。
 
 私が飼育してたレース鳩は数百K~千Kも離れた遠方から、例えば、稚内から群馬の故郷の家を目指して帰るのは誠に不思議な帰巣能力に因ります。
 
 しかし、そうなる前には人間の手によって、生後25日ほど経過した雛のうちに、展望台の中で一週間ほど周囲の景色を覚えさせます。その後、1~2週間すると近くを飛び始めます。
 
 このとき、もしどこか遠くへ飛んでしまうと帰れなくことがあります。これを防ぐため、自分の家が分かるようにした目印です。
 
Dear my friends abroad
  Human's house with a traditional tiled roof is rare now in Japan. As you can see, "A couple of pigeon" is on the top roof of my house. Of course, this is a so-called art made of roof tiles, but now there may not be a craftsman to make it. Now I hope peace of my mind and world peace against, for instance, Ukraine issue.
  
 However, in fact, there was another big purpose besides that. Well, what was it?
  
 It is by means of mysterious homing ability that the racing pigeon returns from Wakkanai where is the most northernmost place in Japan to the hometown in Gumma prefecture. The city of Wakkanai in Hokkaido is very distant place of more than1,000 Km.
  
 However, humans will let the chicks memorize the surrounding scenery for about a week in the observatory, after the birth about 25 days old. After that, she will start flying nearby in a week or two.
  
 At this time, if she flies somewhere far away, she can't return. Before that happens, to prevent this incident, it is a mark that makes it possible to identify her own home.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

« 飲み物は 何と言っても 抗酸化 | トップページ | 芽を出して 地上の様子を 見る水仙  »

レース鳩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飲み物は 何と言っても 抗酸化 | トップページ | 芽を出して 地上の様子を 見る水仙  »

カテゴリー