« 月一度 愛車にシャンプー 自ら実践 | トップページ | 風習は 民族独自で 個性的 »

2022年1月30日 (日)

一週間 すべて寄添う 旧正月・・・今年のみ

272850439_4657438091045887_1316833117045
 
 今年の2月1日は旧暦の1月1日です。国立天文台によると、この日は誠に珍しく、宇宙では惑星たちと月と太陽が集合しています。つまり、一週間の名前の元となってる天体たち「日月火水木金土」がすべて寄り添ってます。今年は何か、よいことが起こる前兆でしょうか。
 
 しかし、実際は、これらの天体は人類には想像がつかないほど互いに離れてます。事実としては、私たちの地球を含め、これらの天体は宇宙空間において、ほぼ一線上に並んでいることになります。本当に珍しいです。
 
 もちろん、この現象は太陽が出てるので日中であり、目で確認はできません。しかし、夜明け直前や、日没直後であれば、その一部が見えます。
 
 こんな時、星のきれいなネパールや内モンゴルの大平原、広大な砂漠地帯でこの現象を見たいものです。やはり旧暦を採用する国々にはそれなりの理由があるのでしょう。
 
Dear my friends abroad
 February 1st of this year is January 1st of the lunar calendar. According to the National Astronomical Observatory of Japan, this day is truly unusual, with planets, the moon, and the sun gathering in space. In other words, all the celestial bodies such as "Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, and Saturday" that are the origin of the name of the week in Japan, are snuggling up. Is this an auspicious sign that something good will happen in this year?
 
 However, in reality, these celestial bodies are so far apart that humankind cannot imagine. As a matter of fact, it is almost in line in outer space, including our earth. It's really rare.
 
 Of course, this phenomenon occurs in the daytime while the sun is shining, so that we cannot confirm visually. However, if it is just before dawn or just after sunset, we can see a part of this celestial phenomenon.
  
 At such times, we would like to see this phenomenon in the beautiful stars of Nepal, or the Great Plains of Inner Mongolia, or the spacious desert areas. After all, there may be some reason for the countries that adopt the lunisolar calendar.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

|

« 月一度 愛車にシャンプー 自ら実践 | トップページ | 風習は 民族独自で 個性的 »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月一度 愛車にシャンプー 自ら実践 | トップページ | 風習は 民族独自で 個性的 »