« ランデヴー 明日の立春 祝ってる | トップページ | 「たわいない記憶違い」・・上毛新聞「ひろば」より »

2022年2月 4日 (金)

寒明けて 夢も膨らむ 春到来

Img_0098_20220204071201
 
 今日は二十四節気の一つ「立春」です。地球の公転位置の変化により太陽角度は37°(群馬県の正午)になります。因みに冬至では30°でした。
  
 日の出は6時43分、日の入りは17時13分で、昼の長さは10時間30分です。因みに、冬至では9時間41分でした。
   
 この日照時間の増加に伴って、自然界では植物に変化が顕著です。中でも、庭の花梅はご覧の通り、蕾がはち切れんばかりに膨らんでおり、年齢を重ねても「希望や夢を持つことの大切さ」を私たち人間に教えているようです。
  
 写真は紅梅の蕾です。実は、鹿児島という品種はすでに咲いてます。
 
 ところで、立春の今日、私たちを載せ公転軌道上を秒速29Kmで進んでる地球は一体、宇宙空間のどこを進んでいるでしょうか。と言えば、それは太陽と「かに座」を線で結んだ位置に差し掛かっています。地球は今後、次第に有名な「しし座」の方向に進んで行きます。このことは午前0時に真南を見れば分かります。
  
Dear my friend as earthling
 Today is the beginning day of spring named "Rissyun" in our tongue. Due to the change in the orbital position of our earth, the sun angle became 37 ° (at noon in Gumma prefecture, Japan), though it was 30 ° at the winter solstice.
   
 The sunrise is 6:43, the sunset is 17:13, so the length of the day became 10 hours and 30 minutes. By the way, it was 9 hours and 41 minutes at the winter solstice.
  
 With the increase of daylight hours, changes of plants are remarkable in the natural world. Above all, as you can see, the buds of plums in the garden are bursting with swelling. Even as we get older, it seems that they are teaching us the importance of having hopes and dreams.
  
 In the photo, the buds of red plum are displayed. In fact, the Kagoshima variety has already bloomed.
    
 By the way, where is the earth which carries us at a speed of 29 km / s proceeding in outer space now? Speaking about this, our earth is approaching the position where the sun and "Cancer" are connected by a line. From now on, the earth will gradually proceed in the direction of the famous "Leo". You can recognize this fact by looking at the due south at midnight, in case of the northern hemisphere.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« ランデヴー 明日の立春 祝ってる | トップページ | 「たわいない記憶違い」・・上毛新聞「ひろば」より »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

 ははそはの 夢ばかり見て 寒明けぬ  
 今日2月4日は、大正7年生まれの亡き母の誕生日です。母は、寒中に生まれ、そのおかげもあって、達者だったことを自慢していました。誕生日については、決まって、節分の翌日といっていました。
 寒明けと立春とはどう違うのでしょうか。「寒明け」とは、寒が明けて立春になることとある。暦の上では、2月4日頃とあった。
 これからは、母の誕生日は、ひとり、「寒明け」と呼ぶことにしょう。
 立春は春の到来の喜びよりも、長く厳しい寒い季節にひとまず区切りをつけたといった気分が強い。これからが、寒さの本番。
 

投稿: 寒太郎 | 2022年2月 4日 (金) 09時01分

寒太郎さんへ・・・おはようございます!
 暫く貴殿のコメントが投稿されなかったので、寒さゆえ、あるいは「バク」の休業中ゆえ、心身ともに右下がりに変化があったのかと危惧し、電話を差し上げようと思ってました。
 コメントを賜り、お元気そうで安心しました。私の知人女性には節分に生まれたので、節美さんという方が倉賀野にいます。
 貴殿の母上様の誕生日は2月4日とのことですが、小生の母はその10日後の2月14日で、今ならバレンタインですが、チョコではなく、命を私に贈ってくれました。もう、33回忌です。明治34年生まれで、内村鑑三の娘が小学校の時の担任でした。
 

投稿: カッキー | 2022年2月 4日 (金) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランデヴー 明日の立春 祝ってる | トップページ | 「たわいない記憶違い」・・上毛新聞「ひろば」より »