« 対岸の 火事でないです 現代は  | トップページ | 格調ある スピーチ今なお 記憶に »

2022年2月16日 (水)

どこ行った 雷(らい)と空風 義理人情

P1020405_20220216163801
 
 以前に、私は新町の銭湯に度々行きましたが、閉店して不便になりました。その後、ドライブしながら榛東温泉に行ってました。
 
 ところが、コロナ以降「榛東村の村民以外は入浴できません」との張り紙がしてあります。同じ群馬県民でありながら何と冷酷な、差別的な対応するのでしょう。
 
 このため、今日は写真の絵の高崎市吉井町「牛伏ドリームセンター」へ愛車を走らせ、温まってきました。ここは、もちろん榛東村民をも受け入れてます。
 
 たとえ世知辛い世の中にあっても、私たちは広い心の持ち主でありたいものです。群馬と言えば、雷と空風、義理人情です。
 
Dear my friends in Shintoh Village, Gumma Prefecture
 I used to go to the public bath in Shinmachi often, but it became inconvenient because it closed. After that, I went to Shintoh Spa by my own car.
 
 However, after Covid19, there is a poster saying "Only the villagers of Shinto Village can take a bath." What a ruthless and discriminatory response to the same Gumma citizens!
 
 For this reason, today I drove my car to "Ushibushe Dream Center" in Yoshii-town, Takasaki City, and I warmed up. Of course, this center accepts Shinto villagers as well.
 
 Even if we are living in hard times and a tough world, it is indispensable for us to have a broad mind, isn't it? Speaking of Gumma, it is "Thunder, Dry wind, Obligation, and Humanity".
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 対岸の 火事でないです 現代は  | トップページ | 格調ある スピーチ今なお 記憶に »

群馬のいい所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対岸の 火事でないです 現代は  | トップページ | 格調ある スピーチ今なお 記憶に »