« 早春よ いかにせよとの この頃か  | トップページ | 知られてない 巨大な古墳 大鶴巻 »

2022年2月 7日 (月)

生涯に 出会う人たち ごく僅か

Photo_20220207093301 
 年齢を重ね、しかも17年間の一人で暮らしは早朝に目覚めます。睡眠に関しては、昼間の行動が充実していれば夜よく眠れる相関関係にあります。
 
 今朝、窓を開けると一際明るく輝く「明けの明星」と共に、南東の空を見て驚きました。それはくねった巨大な姿の「さそり座」が輝き、恰も、ウクライナで戦いを続ける地上の人類を叱り、睨んでいるかの如くです。一等星アンタレスを中心に誠に威厳ある姿です。
 
 20代前半にベンガル湾でこの星座を見た印象は今でも脳裏に焼き付いてます。その同じ星座を現在、日本で見られ不思議に感じます。
 
 人間も星も無数にあっても、この世で出会う人は本当に少なく、高崎、前橋を歩いていても99.9%の人は初めて見る顔で、話したことのない人ばかりです。
  
 生きてる間、私たちは誠に僅かに出会った人のみと、共通の話題で意思疎通を図ろうとしてます。でも、ブログはその限界を超える画期的な(カッキー的な)世界です。有効利用しましょう。
 
Dear my friends living in the same planet
 
 As I grow older, I wake up early in the morning particularly due to living alone for 17 years. As for the hight-quality of sleeping, there is a correlation between good behavior during the daytime and sleeping well at night.
  
 When I opened the window this morning, I was surprised to see the southeastern sky with the brightly shining "Lucifer" that means Venus. At the same time, it is a huge winding "Scorpio", as if scolding and glaring at the humans on earth who continue to fight in Ukraine with the explosive situation. "Scorpio" is a truly dignified figure centered on the first-class star Antares.
  
 The first impression of seeing this constellation in the Bay of Bengal in my early twenties is still imprinted on my mind. It's strange for me to see that same constellation in Japan now.
  
 Even if there are countless humans and stars, there are really few people we meet in this world, and even if I walk in Takasaki-city or Maebashi-city, 99.9% of the people are the first to see and I have never talked to them.
  
 During our lifetime, we try to communicate on a common topic with only a few people we meet by chance. But weblog is a groundbreaking (Kacky) world that is beyond its limit. Let's use it effectively.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

|

« 早春よ いかにせよとの この頃か  | トップページ | 知られてない 巨大な古墳 大鶴巻 »

人との出会い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春よ いかにせよとの この頃か  | トップページ | 知られてない 巨大な古墳 大鶴巻 »