フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 枝垂れ桃 幼木も将来 魅せるでしょう | トップページ | 満開に 近づいてます 源平枝垂れ »

2022年3月31日 (木)

春の日に 植え替え作業で 重労働

Img_3111 Img_0145_20220331032401
【画像を拡大すると植えた所がよく分かります。】 
 
 昨日の群馬県は春らしい温かな日になり、どうしたことか、私は急に真っ赤な鹿児島という品種の紅梅を植え替え始めました。しかし、高さが3mもある樹木の根を掘るのに苦労し、暫くぶりに汗びっしょりになりました。
 
 取り掛かった作業を途中でやめることもできず、どうにか掘り出しましたが、今度は遠くまで引きずって行きました。一方、新たな場所には石が多くてこれまた掘るのに時間がかかりました。それでもどうにか植え替えられ、昨日の午前中いっぱい作業がかかりました。今度は庭先のよい位置で来年の2月に咲くでしょう。
 
 この品種は花のない寒い期間に1ヶ月以上咲き続けるので貴重です。当面、これから毎日、朝晩の水遣りを怠らず、新たな葉が芽を吹くまで大切に育てます。
 
 この樹木から私は、私に欠けてる情熱さを学びます。
   
Dear my friends who have a passion for nature and music
 It was a warm spring day in Gumma prefecture yesterday. For some reason I suddenly started replanting the variety of red plum named Kagoshima. However, it was hard for me to dig the roots of the tree that is 3m high, and I was perspiring all over after a long interval.
 
 I couldn't stop the work on the way, so I continued to dig it out, then I dragged it far. On the other hand, there were many stones in the new place so that I took time to dig again. Still, I could replant it somehow and it needed a lot of work yesterday morning. It will bloom in next February in an ideal location.
 
This variety is valuable because it blooms for over a month during the cold season without flowers. For the time being, I will continue to water carefully every morning and evening until the leaves sprout.
  
 From this red plum tree I learn the passion which I lack.
  
 ※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

« 枝垂れ桃 幼木も将来 魅せるでしょう | トップページ | 満開に 近づいてます 源平枝垂れ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

 花を見て、心が和んだり、季節を感じて風流な気分になっているだけでなく、花を育て、花を愛で、命の尊さ、生き方を感じ取る喜びを味わっていますね。「花を見て、根っこを思う人はいない」。人知れず頑張っている姿、かげの努力に気付けることが大事だと私に教えてくれる今日のブログでした。

ノンキホーテさんへ・・・おはようございます。今日も早くからコメントを戴き、対応がなかなか間に合いません。
 いよいよ今日で今年度も終わり、現職中なら、明日の新聞が楽しみで、誰がどこへ行ったかなど興味ありました。
 ところで、仰せの通り、植物を育てたり観察することで、いろいろなことを感じます。あるいは対話してるとも言えます。
 一人暮らしゆえ、多種の植物が家族のようなものであり、そう考えると私ほど大家族の人はそうはいませんね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枝垂れ桃 幼木も将来 魅せるでしょう | トップページ | 満開に 近づいてます 源平枝垂れ »

カテゴリー