フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« スプレー式 ワックスで磨き バイパス走る | トップページ | 花持って 彼岸の中日 墓参り »

2022年3月21日 (月)

地球の今日を 天文的に 考える

 
 春分の日の今日、私たちを乗せた地球は公転軌道上のどの位置に差し掛かっているでしょう。と言っても宇宙空間なので目安になるものは特になく、私たち地球人は、太陽系の周囲の遥か遠方にある黄道十二星座の位置によって、地球の位置を判断します。
 
 太陽の周囲をおよそ1億5千万㎞の距離を保ちつつ、やや楕円形で反時計回りに公転してる地球の遠い右側には「乙女座」(写真右)があり、逆に、太陽の遠い背景には「魚座」(写真左)がある日が春分の日です。
 
 今日は世界中で、太陽が真東から上り、真西に沈みます。また、世界中では緯度により太陽高度は異なっても昼の長さと夜の長さがほぼ同じです。
 
 南極点では太陽は地平線から半分顔を出したまま、東~北~西~南の方向に向かって移動します。今後、半年間は夜が続きます。
 
 北極点では太陽が水平線から半分顔を出したまま東~南~西~北に移動し、今後半年間は昼が続きます。今日の太陽はすべての天体の位置を示す基準点の「赤経0h、赤緯0°」にあります。
 
Dear my earthlings
  Where is our earth on the orbit today of the vernal equinox ? However, since it is in outer space, there is no particular landmark, and we Earthlings must judge the position of the earth by the position of the Zodiac constellations which are far away from the solar system.
 
 The "Virgo" (on the right in the photo) is on the far right side of our earth which revolves counterclockwise in a slightly elliptical shape, and the earth is keeping a distance of about 150 million km around the sun. On the other hand, the background of the sun there is "Pisces" (on the left in the photo) in the distant on vernal equinox.
 
 Today, the sun rises from due east and sets to due west all over the world. Also, in the world, the length of day and night are almost the same, even if the solar altitude varies depending on its latitude.
 
 At the South Pole, the sun moves in the direction of east-north-west-south, with half of its face exposed from the horizon. The night will continue for the next six months.
 
 At the North Pole, the sun moves in the order of east-south-west-north with half its face out of the horizon, and daytime will continue for the next six months. Today's sun is at "Right ascension 0h, declination 0 °" which indicates the position of all celestial bodies.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

« スプレー式 ワックスで磨き バイパス走る | トップページ | 花持って 彼岸の中日 墓参り »

地球」カテゴリの記事

コメント

 春分の日は彼岸の中日、昼夜の長さが同じ日だけでは片づけられませんね。地球と太陽の運行の妙の春分と春分の日は混同されている。勉強になりました。

primaveraさんへ・・・おはようございます。
 「暑い寒いも彼岸まで」で、今日は比較的寒いですね。
 私は近年、自分自身は宇宙空間に浮いてる事実をすごく意識しています。
 これが基本となると、今日は一体、宇宙のどこにいるのだろうと結びつきます。二十四節季では本文の通り、対となる二つの星座に挟まれてることが分かります。公転してる進行方向に対して右側、つまり、深夜0時に真南にある黄道十二星座が、太陽から見て地球のある方向です。
 宇宙に浮いてることを実感し過ぎると恐怖に陥ることがあります。人類の宿命か。こんな時は「バク」で恐ろしさを一時的に忘れたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スプレー式 ワックスで磨き バイパス走る | トップページ | 花持って 彼岸の中日 墓参り »

カテゴリー